犬に襲われる夢の意味とは【夢占い】深層心理を探る

最終更新日:2016年9月18日

夢の内容を覚えていたり思い出せなかったりその時により異なりますが、何でこんな夢見るの?どういう意味なの?といった疑問に思う夢を時々見る事でしょう。

今回は「犬に襲われる夢」について掘り下げて行きたいと思います。

1.夢でみる犬は対人関係を示す

犬というと従順・忠実・人間の相棒というようなプラスのイメージが大きいかと思います。

しかし実は夢の中での犬の存在はペットやかわいい動物の意味合いではなく、対人関係やその人が置かれている状況を示します。

どちらかというと「犬の夢」はあまりよくない夢という事が多いようです。


2.犬に襲われる夢は人間関係の不安を暗示

犬に襲われる怖い夢。

この夢の真相は知らない人、または友人や周りの親しい人からの裏切りや反逆、傷つけられたりと人間関係の何らかの不安を示しています。

日頃身近にいて仲良くしている人に対しても注意を払い、トラブルが起きてしまわない様に自身の言動に気を付けましょう。

また、このようなことはどんなに仲が良くても口に出さない方が良いのかも知れません。

「犬に襲われる夢を見たから、今は人を信用できない」なんて言ってしまった日にはそれが原因となって相手に不快感を与えかねません。

このようなことは静かに自問自答すれば良いのです。

「身近な人から裏切りを受けるかもしれない暗示」と言われると人に対して不審な気持ちを持ってしまうのは当然かも知れませんがどの様に”裏切り者”を見分けたら良いのでしょうか。

こちらは難しい様で意外にシンプルです。

相手を何故信用しているのか、相手からどのように見られているか、それをどの様に感じるかを素直に考えて行けば良いでしょう。

そこに利害はあるのか、敬意が感じられるか、人としての愛があるのか。

大人になってから全くの利害関係のない間柄を築くのはとても難しいですが、その関係を見抜く事こそ「犬に襲われる夢」を受け入れて生かす方法になると思います。

いつもとは違った視点で冷静に人間関係を見つめる良い機会になるでしょう。

また、あなた自身に何か原因を作ってしまって相手をそんな気持ちにさせてしまっていないか、一度振り返ってみましょう。

またバロメーターが下がっている時は怪我や交通事故などにも注意しましょう。


3.友人・知人が犬に襲われる夢は相手に憎しみを持っている暗示

友人・知人が夢に出て来て犬に襲われている。

この夢はあなたが犬に襲われる事の逆のパターンです。

この夢の意味は、知人を襲っている犬があなたを意味しています。

つまり、相手に対して憎しみがあると言うことです。

何か心当たりはありませんか?

友人や親しい人に対し、裏切りの気持ちがある時はあなた自身が犬となって夢に登場します。

もしこのような夢を見てしまった時、理由が必ずあるはずですから思い当たる事について考え直さなくてはなりません。

また、人を裏切ってしまうかも知れない状況と言うのは、心に余裕が無い証拠です。

人を裏切る事は自分を裏切る事にもなります。

もし、夢の暗示の通り行動に移してしまったとしたら「裏切ってしまった申し訳ない気持ち」がたまに脳裏をよぎるでしょう。

当時の事を思い出しながら生きて行くのはつらいものです。

感情的にならないで少し楽に気持ちを構えて、自分を大切にしてあげることができたら、周りの人にも寛容になり裏切ってしまいそうな気持ちから解放されるでしょう。

人にししまったひどいことは必ず自分に返ってきます。

その事を肝に据えて出会った人との繋がりを大切にして行きましょう。


4.その他、犬の夢が指す暗示

・吠えかかる犬…進展や進出を阻む人がいる、非難や攻撃される事の暗示。

・犬の遠吠えを聞く…あなたの周りにトラブルが起きかけていますよという警告・暗示。
・犬が人の言葉を話す…誰かに騙されたり、誰かと争って喧嘩になる事の暗示。
・犬に追いかけられる…好きでない異性から付きまとわれる暗示。

犬の夢が指す意味を参考にしていこう

夢と言う現象は不思議な現象です。

個人差があり、状況も様々ですがもし「犬に襲われる夢」を見てしまった時は念には念入れて用心するのがよさそうです。

ちなみに犬の夢では「白い犬」の夢は良い夢で、「悩みや苦しみからの解き放たれる・好転する」等を意味してとても良い夢になります。

新しい恋の予感などという意味合いもあるそうですよ。

眠っている時に見る夢…どうせなら良い夢をみてぐっすり眠りたい。

それならば謙虚な気持ちを忘れないで日々の生活を楽しくハッピーに過ごしていく必要がありそうです。