色白女性に似合うメイクのポイントまとめ。上品で自然な清楚を目指そう

最終更新日:2016年2月23日

すべての女子が一度は憧れる「色白肌」。

色白は七難かくすとも言われるほど、色白というだけで美に関するアドバンテージが高いのです。

せっかくの神様からのギフトである色白肌を、より美しく見せるためにどういったメイクをすればいいのでしょうか。

今日は色白女性に似合うメイクのポイントをご紹介します。

1.上品な淡色メイク

色が白いということは、その上に乗せるメイクアイテムの色がよく映えてしまうということです。

まぶたのうえにブルーやパープルを乗せると、その色がそのまま発色してしまいますし、赤いリップをつけたらひときわ目立ってしまい、ともするとケバケバしい印象にもなってしまう可能性があります。

そこで色白な女性にオススメしたいのが、色白な女性ならではの魅力を生かした上品メイクです。

濃い色のメイクアイテムを使用しなくても、淡色でも色白な女性の肌の上ではキレイに発色してくれますから、チークもリップもアイメイクも、淡色でふわっと入れるだけで、とても上品で、かわいらしいメイクが完成します。


2.眉毛ははっきり描きすぎない

色白女性は、色素が薄いので、眉毛だけをはっきり描いてしまうと、なんだかとても不自然な表情のメイクになってしまいます。

リキッドアイブロウや、ウォータープルーフのペンシルアイブロウだと、色白肌から浮いてしまう可能性も。

色白女性の場合、眉毛を描くときは、パウダータイプのアイブロウを使ってふんわりとナチュラルに描くことをオススメします。

パウダーの自然さを生かして、ふんわりとした眉毛をつくっていくことによって、色白な女性特有の柔らかい女性らしさを際立たせることができます。


3.アイライナーやアイブロウ、マスカラに漆黒を使わない

色白な女性がアイライナーやアイブロウやマスカラなどに、漆黒の色を使用すると、肌とメイクアイテムの色のコントラストが強すぎて、その部分だけが変に目立ってしまい、なんだかバランスの悪い顔の印象になってしまいます。

また、ただ漆黒を使っているだけなのに、どても厚化粧をしているような印象も持たれてしまうのです。

こういうことを避けるために、色白肌の方はアイライナーやアイブロウ、マスカラなど、顔の印象を引き締めるためのメイクアイテムには漆黒ではなくて、ダークブラウンや、ネイビーを使ってみてください。

ほんの少し色味に軽さが出るだけで、顔が優しい印象になり、色白肌を生かすことができます。


4.自然な血色メイク

お風呂に入ったあと、血行が良くなって、頬や耳のあたりがぽおっと赤く染まっているご自分の顔を鏡でみたことはありますか?とても自然な頬の赤みで、いつもよりもとても美しくみえるはずです。

色白な女性は、肌に透明感があって明るいので、チークに濃い色を選ぶよりも、このお風呂あがりの自然な血色の良さを表すような肌馴染みの良い、薄いコーラルや、ピンクベージュ、オレンジベージュなどのナチュラルで肌馴染みの良い色のチークを選んでつけてみましょう。

より自然な雰囲気にするために、パウダーではなく、ジェルタイプやリキッドタイプのチークを選んで、指先でトントンと軽く頬に乗せ、よくなじませてあげましょう。

色白な女性なら、軽く眉を整え、リップクリームで艶をだし、血色のようなチークをつけるだけで、十分美人さんになれるでしょう。


5.濃い色を使いたいならどこかワンポイントだけ

季節に合わせて、新しいカラーがどんどん出てくるコスメ業界。

流行りのカラーを使いたくなってしまいますよね。

色白な女性は、たくさんカラーをつかってしまうと、ケバケバしい印象になってしまいますので、はっきりとした濃い色を使いたくなった場合は、アイメイクかリップ、どちらかにしましょう。

どこかワンポイントだけにすることで上品さをキープできます。

そして例えば、同じ赤い口紅でもマットでべったりと発色するようなものは避けて、透明感やシアー感があるグロスなどを使ってみましょう。

色白な女性には透明感や、ツヤ感のほうが似合うことが多いのです。

アイシャドウも、各シーズンで何色かを組み合わせたようなパレッドが発売され、ついつい買いたくなりますが、色白な女性の場合はなるべく肌とのコントラストが強くない色味やトーンのものを選んでメイクするようにしましょう。


6.ピンクベージュや、薄いコーラルなど肌馴染みの良いカラーをメインに

色白な女性にしかつけこなせない色が、ピンクベージュや薄いコーラルです。

これらはナチュラルでとても可愛いカラーですが、色白な女性のような白く、明るい肌のキャンパスの上ですと、その魅力を一層増してくれるカラーです。

しっかりと明るい色味は発色しますが、肌から浮かないので、上品でナチュラルな雰囲気をかもしだせます。

ちょっと冒険したいというときも、ボルドーや真紅の口紅は色白な女性がつけてしまうとちょっと怖い印象にもなりかねませんので、オレンジがかったピンクのリップをつけてみてはいかがでしょうか。

いつものナチュラルさに、ちょっと元気さがくわわってイメージチェンジできるかもしれませんよ。

色白肌に最適なメイクをしよう

色白というだけで、そうでない人からみたら羨ましいものですが、メイクの仕方次第では、もっともっと可愛くなれるなんてなんだかジェラシー。

いよいよ11月に入り、各コスメブランドからクリスマスコフレが発売されるシーズンです。

クリスマスコフレの見た目やお得感に惑わされず、自分の肌の色にあった、肌の色を生かせるメイクアイテムを探してみてくださいね。