色気のあるキスを仕方。普段とギャップがあるエロティックなキスを仕掛けよう

最終更新日:2015年5月8日

まず、色気というのはどういうことを言うのでしょうか?
色気とは少し性的でクラッとするような魅力を見せることです。

自分が性的対象として最低限受け入れられるような日頃からの美しさや可愛らしさがなければなりません。
普段とは違うギャップこそが色気です。

色気のあるキスをする為には自分主導権の世界に引き込む必要があります。

相手の男性に自分を女として意識させ、ドキドキと戸惑うようなそんな魅力を作り出します。

そんな風な色気のあるキスをする手順をご紹介します。

1.目を見て笑いかける

和やかないい雰囲気を作るためです。

目を見て笑いかける時は微笑むように。
優しさ、可愛らしさなど普段の自分の魅力を1.5倍増しにするような笑みをかけましょう。

男性がどうしたの?と戸惑ったり、笑いかけてくれたりなんらかの反応を示してくれたら肩に寄りかかったり、膝に手を乗せたりボディタッチをします。
するとキスをする時に自然な色気になります。

ここで不自然に一気に色気のある雰囲気を無理矢理作り出してしまうとただのエッチなお姉さんに成り下がってしまいます。

女としての魅力のある色気のあるキスならば初めに貴女自身の魅力をだすことが必要であり、重要なことなのです。

普段の自分の魅力とはどのような面なのかこの機会にしっかりと意識してみると意外なアピールポイントがみつかるかもしれません。


2.彼に体を寄せる

腕を組んだり軽く抱きついて上目使いで見つめてこちらの世界に引き込みます。

甘えてみたり、欲情させてみたり、自分のイメージに合うセクシーを意識したイメージで行います。

『ねぇ、こっちを見て。ほら、私だけを見ててね』という気持ちが伝わるような空気を作りましょう。

一気にここで色気のある空気を作ります。
普段とは違うちょっぴりセクシーな自分を存分に意識してしましょう。

ここで相手をドキドキと戸惑いを感じさせられるようにすればOKです。

相手は貴女の雰囲気にすっかり吸い込まれてしまえば
しっとりとしたムーディなムードができるはずです。

このムードが色気のあるキスだと相手に思ってもらう為に相手の脳を錯覚させる手段であり、そう相手に思わせる重要な要素です。


3.最後にじっとみつめてからキス

じっと見つめた後に見つめながら距離を詰めます。

相手の鎖骨から肩辺りに片手を置いて、下から覗き込むような体勢を意識してキスをします。

目をつぶるならば、直前です。
顔が近すぎるほどだと思える位置でします。

自分が先に顔の遠い位置の時に目を瞑ってしまえば、それは受け身のキスになってしまいます。

色気は自分で作り出すものなのに最後に受け身になってしまえばそれは相手側からすれば、『何故かエッチな雰囲気になってしまったのでキスをしたくなったのでキスをした』というイメージになってしまいます。

最後まで主導権を握って、せっかく作った自分の世界のムードを崩さないことでこそ貴女の色気を認識させることができるのです。


4.唇を離したら手を握る

唇を離す時に相手の肩に置いていた手をゆっくり相手の体をつたいながら降ろして手を握ります。
その時見つめながらにっこり照れ笑いのような笑みを浮かべます。

これは、ちょっぴりセクシーな自分主導の色気のある自分から、元通りのいつも相手に見せている自分の魅力へと徐々に戻る作業の一つです。

相手との距離はかなり近いはずなので出来るだけ相手の胸の辺りをつたって相手の手を探します。

そうしているうちに相手が手を握ってくる場合もあるかもしれませんがそれもOKです。

キスをし終わった後に急激にいつもの雰囲気に戻らず、ゆっくりといつもの雰囲気に戻るのが大切です。

ドラマなどの回想シーンのモヤから冷めていくようなイメージです。

夢の世界に連れて行くような色気のあるキスをしよう

こうして相手を夢心地から冷めるような世界に連れて行って帰って来させるようなまるで浦島太郎のような気分にさせられればそれはもう色気のあるキスをしたといえるでしょう。

色気を認識させて相手を翻弄させられるようにした後はそのまま主導権を握っておくのもありですし、こんな魅力的な色気のあるキスが出来るのにその後の流れは自分色に染められると相手に思わせるのもありです。

ただし、色気をギャップのテクニックとしてつかうのは十分に貴女をより魅力的に見せる為に十分に価値があることですが、結局のところ相手の男性は普段の貴女のことももちろん見ています。
普段の貴女のことを気に入ってもらえていないのならばただの誘っているあばずれ女だと認識されてしまいかねません。

普段の貴女らしい貴女とセクシーな面、どちらの自分も好きになってもらえることが貴女の魅力が相手に十分に伝わっているといえる一番の方法だということを忘れてはなりません。
女らしさを意識しながら生活することが内面から魅力的になるために大切なことだと言えるでしょう。