身長差があるカップルが上手にキスをする方法

キス 恋愛最終更新日:2015年3月11日

身長差カップルのキス。
彼女の背伸びや高いヒールは定番。
でもこれってなんか「女の子ばかりがおねだりしてるみたい」って思われない?

彼からのアプローチを誘う6つのポイントで、女の子が可愛く見えるキスの方法をご紹介します。

1.身長差の分、下がって目線を合わせる

背の高い彼とのキス。
お互いの気持ちが高ぶっていざ、といういつもならここから彼にしがみついて背伸び、、、でも、女の子にとっては毎回ではちょっと大変なだけ。

それにこれってどう見てもロマンティックじゃない。
無理なく「外から見てもスマートなキス」をするには彼との顔の高さ、目線の高さが合うのが理想。
そこで身長差をどう埋めたらいいでしょうか。

街を歩きながら、もしくは立ち話の途中で、ちょっと女の子から一歩、二歩下がって彼を覗き込んでみましょう。
階段の段差も効果的。

その時は一段上に。
お互いの顔の高さをほぼ合わせて、満面の笑顔が彼の目線に入ればそれがサイン。
これで彼は屈んでも彼女とキスしたくなるはずです。

2.狭いスペース、彼の肩に手を

混んだバーなどの狭いスペースでほぼ密着してる状況のキスは?やっぱり女の子が背伸びするの ?いえいえ、ちゃんと方法があります。
いつも彼の腰に回している手を、肩や二の腕に掛けてみましょう。

そこでちょっと引っ張っていたずらっぽく彼に合図。
そのまま彼にゆっくり膝を曲げてもらえば、そこから彼の首の後ろや耳に軽く触れて顔を寄せることが出来ます。

すでに密着している状態のところで、さりげなくかつ大胆な彼女の動作で彼もついキスモードに。
彼も彼女を抱きかかえることもなく、無理なく自然にキスが楽しめます。

3.座っている時がチャンス!気持ちが赴くままに

いくら身長差が大きいカップルでも、座位になれば大差は生じません。
ここでは問題なし。
この時が絶好のキスのチャンス。

特に、ベンチやドライブの車中、カフェのラウンジなど、公共の場でも人に見られにくい場所は大体座っていることが多いものです。
のんびりムードでのまったりキスもリラックス効果抜群。

でも、彼から彼女の肩に手を回したりなんてもう古い!話の隙間でなんとなく彼の頬にタッチ。
さりげなく彼女からナイショ話をするような感覚で顔を寄せて。

鼻で彼の頬をくすぐったり、彼の肩にもたれ掛かったり、軽いスキンシップがナチュラルなキスのアプローチに。
不思議とこれを嫌がる男子はいません。

4.お互いのモードが肝心。周りを気にせずに手つなぎやハグから

まだまだデート中のキスは場所や時間帯を気にするもの。
夜になって、お酒のほろ酔いに任せてのキスもいいけれど、それだけじゃやはりつまらない。

でも、キスってカップル歴長くても日常的にするにはハードルが高いのも確かです。
特に身長差カップルだと、それだけでも外では目立つ存在。

いきなり街頭でキスは恥ずかしいですよね。

まずは手つなぎやハグでお互いの距離感や身長差を感じましょう。
軽いスキンシップの延長から、頬やおでこのキスを始めれば、恥ずかしさも軽くなります。

露骨なフレンチキスなどはここでは想像せずに、軽いキスをたくさんしましょう。

5.場所も肝心!お互いにリラックスできるキスの場所探し

しゃかりきになってでも敢えて「どこでキスするか」という場所を探すわけではありません。
しかし、やはり人目が気になってしまうキスは場所も大切。

身長差なんか気にならない、お互いがリラックスできる空間。
例えば、お気に入りのカフェやバー、お散歩に行く公園、ビルやデパートの屋上で街並みを鑑賞しながらなど、2人でのんびり会話を楽しんで、笑顔たっぷりのデートキスは日頃忙しく、ストレス満載の2人のとっておきのご褒美になるはず。
そして、誰にも邪魔されない場所と心のゆとりからのキスは、女性をもっともっと魅力的にするアイテムのひとつでもあるのです。

彼にたくさんキスしてもらいましょう。

6.そもそもキスって大事なの?お互いの心を開くカギ

欧米では当たり前のキス。
でも、そもそも私たちに必要なもの?実はキスを始め、スキンシップは大切な役割を持っています。

日々、言葉で「愛してる」を連呼することもなかなか勇気が必要なこと。
さらに「どれだけ相手を思っているか」を言葉にすると、口幅ったくなったり、押し付けやクドくなることもあります。

でも、「チュッ」と軽い頬のキスだけでも、「あなたが大好き!」という意味になります。
背の高い彼を見上げる毎日、「私の言葉、届いてるかしら」。

言葉だけではお互いにとって遠い表現に感じられるかもしれません。
日々身長差で色々工夫が必要な2人。

大切な心の距離感はいつも近くでいたいものです。
そんな時、彼を引き寄せて無言の「愛してる」を演出できるのがキスです。

身長差があるからといって遠慮は無用

カップルのハグやキスは2人にとって大切なコミュニケーションツール。
他人からはどう見られてる?と気にしたり、恥ずかしい、と思ったらもったいない。
目立つ身長差カップルだからといって遠慮は無用です。
さりげなく、周りに気付かれないぐらい自然なスマートキスで、背の高い彼と暖かい愛を育んでください。

 

    「身長差があるカップルが上手にキスをする方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。