自分という人間が分からない時どうすれば良いか。自分とは何者かを知ろう

日々の生活最終更新日:2018年4月28日

人生はとても長いです。

その長い人生の中で自分の事が分からなくなってしまう事は実はよくある事です。

ここでは、自分という人間が分からない時の対処法についてご紹介します。

1.他人と自分を比較しないようにする

自分という人間が分からない時、それは自分と他人とを比較しすぎてしまう時が一番多いです。

自分と他人は違います。

それが分からなくなってしまいます。

立派な他人を見て「自分もああしなければならない」と思い込んでしまう等自分と他人とを同一視しすぎている可能性があります。

そして自分が分からなくなってしまいます。

自分は自分、他人は他人です。

それでいいのです。

立派な他人が近くにいるからと自分も立派にならなければならないと思い込みすぎてしまう必要はどこにもないのです。

ですので、自分が分からなくなった時は他人と自分を比較する事をまずはやめるようにしましょう。

そして「自分は自分」と思うようにしましょう。

こう思う事ができるようになる事で心がとても楽になります。

そして自分が何をしたいか、自分が本当はどういう人なのか分かるようになります。

この時、大切な事は自分で自分を認める事です。

認めたくない自分がいるという人は多いです。

ですが、良い所も悪い所も含めて全て自分です。

自分で自分の全てを認める事ができるのは、自分しかいません。

ですので、どんな自分も自分だと認めてあげましょう。

そうする事で心がとても軽くなります。

2.瞑想をする

自分が分からなくなった時にオススメしたい事の一つに瞑想があります。

瞑想とは、静かな場所で目をつぶり、リラックスをして自分の考えを数分から数十分程度完全に打ち消す事を言います。

何も考えずにただひたすら静かに時間をすごすのです。

瞑想をする事で多くのメリットがあります。

しかも一日数分程度しかかかりませんし、道具も特に必要ありません。

ですので、自分が分からなくなった時は瞑想をする事をオススメします。

瞑想をすると心が楽になります。

心を楽にさせる事は自分で自分を見つけるためにとても大切な事です。

何故なら、自分が分からないという人の多くが心が疲れ切っているからです。

心が疲弊してしまうと自分が分からなくなってしまうからです。

心がリラックスする事で自分がどういう人なのか、何をしたいのか等よく分かるようになります。

瞑想をする時のコツは、とにかく呼吸をする事に集中する事と、しっかりとタイマーをセットする事です。

そうする事で雑念にとらわれずにしっかりと瞑想をする事ができます。

3.難しく考えすぎない

自分で自分が分からない、こんな自分は嫌、こんな自分は嫌いと思っている人はとても多いです。

自分で自分がどうしたいか分からないという悩みを抱えている人は実はたくさんいるのです。

ですので、自分を責めすぎたり、難しく考えすぎたりするのはやめましょう。

難しく考えすぎてしまうと余計に自分が分からなくなります。

「分からなくてもいい。

だって自分は自分だから。

自分はここにいる自分しかいないから」と考え方をシンプルにするようにしましょう。

そして自分を見つける事を楽しみましょう。

自分が分からないという事は何もネガティブになる事ばかりではありません。

自分が分からないという事は、これから自分の知らない自分がどんどん見つかるという事です。

自分の知らない自分を探すのは大変ですが、とても楽しい事です。

自分が分からないという人にはこれから自分を探す楽しみが待っているのです。

迷っている自分を楽しむようにしましょう。

4.自分が空っぽだと思う人は、自分の中にどんどん新しい事を入れる

自分で自分の事が分からないという人の中に、自分が空っぽで何も無い。

自分には何も無いから、自分で自分の事を見つける事ができないと思っている人はとても多いです。

自分で自分の事を空っぽだと卑下する必要は全くありません。

自分で自分の事を空っぽだと思うなら、どんどん新しい事を取り入れればいいのからです。

空っぽの器にどんどん新しいものを入れるのはとても楽しい事です。

新しい知識、そして経験をどんどん自分の中に取り入れる事で自分が何が好きで何が嫌いなのか、何をしたいのかがハッキリと見えてきます。

新しくする事は何でも構いません。

テレビやインターネット、本を見て興味を持った事をしてみたり、周りの人にすすめられた事をしてみたりととにかく体当たりで色々な事にチャレンジしてみましょう。

自分という人間が分からなくても大丈夫

自分という人間が分からない時の対処法についてご紹介しました。

自分で自分が分からなくなる事は実は誰にでもよくある事です。

そして自分という人間を見つける方法は色々あります。

ですので、自分で自分が分からないからと落ち込みすぎる必要は全くありません。

むしろこれから自分でどんどん自分を見つけにいきましょう。

落ち込むのではなく、色々な方法で自分を探しにいきましょう。

そうする事できっと素敵な自分になる事ができますし、自分で自分の好きな部分をどんどん見つける事ができます。

 

    「自分という人間が分からない時どうすれば良いか。自分とは何者かを知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/06/06(水) 21:26

    確かに自分は自分です。そして、そういう風に思えるようになりたいです。そうすれば、どんなことがあってもめげずにいれます。

この記事への感想を書く