女性限定マンションに彼氏は呼べるのか。契約内容を確認しよう

最終更新日:2017年5月30日

女性限定マンションは、なんといってもセキュリティ面で安心ですよね。

安全なマンションの一室で、自分好みのお部屋を作る。

しかしこのお部屋に彼氏を呼ぼうとなった場合、ひとつの問題が浮かびます。

「女性限定マンションに彼氏は呼べるのか」という問題です。

男性は足を一歩も踏み入れることはできないのでしょうか。

1.基本的に女性限定マンション内は一切立ち入り禁止

物件にもよりますが、入り口から一歩たりとも立ち入り禁止のマンションもあります。

宅配業者さんであっても、一番外のオートロックの入り口までしか荷物を運び入れることが出来ないなんてこともあります。

こっそり入れば大丈夫かといえばそうではなく、入り口付近に管理人室があったり、監視カメラが設置されており、すぐにばれてしまうこともあります。

最悪の場合、契約違反として違約金の発生や、即退去命令などを出されてしまうこともあります。

契約内容を十分に確認し、契約違反を犯さないように注意するべきです。

2.面会者用スペースや談話室が設けられているマンション

こちらも物件にもよりますが、マンションの1階などに談話コーナーがあり、そこなら男性が立ち寄ってもよいという場合もあります。

この場合も大体監視カメラなどがあり、それ以上の進入を禁止している場合があるので要注意です。

さすがに会話の内容までは監視されることはないでしょうが、あまり不穏な空気はかもし出さないほうが件名でしょう。

すぐに目をつけられてしまい、普段の生活でも何かにつけて監視されてしまうかもしれません。

3.男性も立ち入り可能な女性限定マンションもある

こちらは「入居者は女性限定」という物件です。

つまり、文字通り入居者は女性のみということです。

「契約者は女性だが、同居者が男性」というのは認められません。

この場合は、男性を泊めることが可能な場合がほとんどです。

ただ、一時的に泊めるのは可能ということに注意してください。

例えば、長期にわたり毎日のように泊めるとなれば、それはもう入居しているのとほぼ同じことになってしまいます。

年下の彼氏の大学受験のために数日泊めたり、社会人の彼氏の出張に合わせて2日ほど泊めるたりと、事情に合わせて彼氏を泊めることができるのかどうか、契約内容を確認したり大家さんなどに相談してみる必要があるでしょう。

4.女性限定マンションの入居者のことを考える必要がある

女性限定マンションに入居するは、一体どのような女性なのか、一度考えてみましょう。

進学を機に親元を離れ、一人暮らしをする女性。

親は、少しでも娘が安全に一人暮らしを楽しむことができるように、女性限定マンションを選ぶかもしれません。

男性が苦手な女性。

理由や程度は様々でしょうが、あえて女性限定マンションを選んで入居したのに、男性と出くわす頻度が高ければ、安心するはずの自宅に帰るのも苦痛に感じてしまうかも知れません。

また、男性が苦手ではないにしろ「女性限定マンション」に男性を連れ込む女性を快く思わない女性も少なくありません。

マンションは共同生活の空間でもありますから、入居者同士がお互いに気遣いあいたいところです。

5.どうしても彼氏を泊めたい時は契約内容を確認

どんな契約やどんな事情の入居者がいたとしても、どうしても大好きな彼氏を自宅に泊めたいという場合、どうすればよいのでしょう。

まず、マンションの契約内容を確認してみましょう。

男性の立ち入りは可能か、宿泊は可能かどうか、一切の立ち入りが禁止なのか。

中には事前の申請があれば外泊可能という場合もありますので、そのあたりはしっかりと契約内容を確認してみてください。

女性限定マンションに彼氏を泊めることは基本的にできない

彼氏を泊めることがどうかは、契約内容によります。

しかし、そもそもなぜ「女性限定マンション」となっているのか「女性限定マンション」にはどのような女性が入居しているのかなどを考え、常識のある行動をとるべきです。

大好きな彼氏とのお泊りって、とても素敵なことですよね。

気兼ねなく素敵な時間をすごしたいのなら、女性限定ではないのマンションへの引っ越しも視野に入れる必要があります。