可愛くなりたい女性。可愛さを求める女性がすべきこと

最終更新日:2015年7月19日

女性は誰でも「可愛くなりたい」と思った事があるはずです。

可愛い友人を見たり、モテたいと思ったり、意中の男性から気にしてほしかったりなど色々なきっかけがあると思います。

ここでは、可愛くなりたい女性へエールを込めて、可愛くなる為にすべき事をまとめました。

1.言葉づかいを見直しましょう

あなたの普段の言葉づかいは、大人の言葉づかいでしょうか。

社会人として、大人の女性として正しい言葉づかいで会話をすると、女子力もあがりますし周りの人達が持つ印象もワンランク上になります。

もし、「○○じゃねーし」、「○○だろ?」など、このような言葉を遣って会話をしているとしたら、今すぐに直していきましょう。

男ことばという事もありますが、大人の女性が使ってしまうと幼く見えてしまいますし、何より品がない女性という印象を与えてしまいます。

そして、あなたの普段から使っている敬語は正しいでしょうか。

職場や仕事上敬語を使っているけれどもそれが正しい言葉でなければ意味がありません。

知識があまりない女性という印象を与えてしまうかもしれません。

今一度言葉遣いの見直しをして、きちんとした言葉で会話ができる女子を目指しましょう。

周りの男性も素敵な女性という印象を持ってくれるはずです。


2.悪口を言わない

女子は人のうわさが好きですが、噂話は楽しい愉快なエピソードだけを話して、愚痴や悪口を言わないように心がけましょう。

女性同士であっても、人の悪口を話している女性に可愛い女性という印象を持たないはずです。

悪口を言われてしまう方に非があったとしても人前でぺらぺらと悪口を言ってしまうと自分の印象も悪くなりそれだけで損をしてしまいます。

そして、悪口は自分に帰ってくるとも言われています。

自分が言ってしまったことと同じ事を将来的に誰かに言われてしまうそうですので、言われて否やことは不満があっても公に離さないよう心がけましょう。

そして何より、悪口を言っている女性の顔は自分が思っているよりもずっと悪意に満ちており可愛い顔ではありません。

可愛い女性になりたければ他人の悪口を言う機会を減らしていきましょう。


3.素直になりましょう

可愛いと言われる女性は「素直」な人が多くいらっしゃいます。

他人に褒められたら「ありがとう」とお礼を言い、楽しい時は大いに笑ったり、失敗してもつんつんせずに恥ずかしがるなど、感情表現も豊かです。

仕事の上でも上司や同僚の注意や指摘は真摯に受け止めたりする姿勢などが可愛がられる要素の一つでしょう。

ということは、自分の心に素直になることも可愛い女性になるには大切なことということです。

感情表現豊かにするのには、急にできる訳ではなく普段からの心のトレーニングも必要になります。

普段の生活から小さな事にも感動したり、嬉しがったりなど小さいラッキーを見つけ心を柔らかくしてみましょう。

それに慣れてくると、他人から褒められると嬉しいという気持ちを素直に表現できるようになります。

褒めた側も嬉しがってくれると悪い気分にはならないはずです。

嬉しい事は嬉しいと言葉にして伝えても良いですし、大きな笑顔で表現しても良いです。

心や感情を素直に表現する事で周りの雰囲気も変わりますし一緒にいて楽しくて可愛い女性だと思ってもらえるはずです。


4.女性らしい外見を

スリムなモデルさんに憧れて過度なダイエットはしていませんか。

確かに、モデルや女優さん達はスリムで美しいのですが、過度なダイエットをして必要以上に痩せてしまうと女性としても可愛さも減ってしまいます。

女性からみた可愛い見た目と男性から見た可愛い見た目には相違がある事を知りましょう。

女性らしい柔らかそうな見た目をしていると、男性は健康的、女性らしいという印象を持ってくれます。

女性らしいという自分にはない外見だからこそ可愛いと思うのであって、痩せすぎてしまうとその可愛らしいという印象も無くなってしまいます。

太りすぎも健康的に良くありませんが、痩せすぎの女性も将来の健康を脅かすことにもなりかねませんので将来の自分の為と、女性らしい可愛い外見の為にも痩せすぎてしまうのは注意しましょう。


5.露出を減らしましょう

お肌の露出を減らすと、ぐっと女子力が上がり上品なイメージになります。

夏の時期は、汗もかきますし露出があって当然かもしれませんが過度にお肌が出ているトップスや短すぎるハーフパンツ、ミニスカートも女子力を逆に落としてしまうので注意してコーディネートしましょう。

そして、春や夏のコーデで十分気をつけてほしい事は、ハーフパンツです。

ミニスカートはスカートという形状もあって、履いている女性は「ちら見え」などに気を使っているのですが、ハーフパンツを履いた途端無防備になってしまいます。

ズボンということで、下着が見える心配がないと思っていますが、実はミニスカートより下着が見えてしまう場合があります。

ミニスカートより短くロールアップされたハーフパンツはお尻がしたから見える場合もありますし、ちょっとかがむと生地がずれ下着が見える場合もあります。

下着やお尻が見えても平気な女性と思われ可愛い女性とは程遠い印象を周りに与えてしまいます。

トップスもそうですが全身コーデでもお肌が見えすぎてしまうコーデは避けた方がよいでしょう。

可愛くなるために努力を続けよう

ここでまとめた「可愛くなりたい女性がすべきこと」は、将来的に長く続けていける事、そして続ける事で自分の女性としての品格も備わることがポイントです。

可愛い女性はいくつになっても可愛い女性のままでいる為に、今からでも行動されることをオススメします。