関西育ちの男性の特徴とは。おしゃべり好きでプライドが高い

最終更新日:2016年3月5日

同じ日本国内であっても育った地域が異なると、ことばが違ったり、風習が違ったりとカルチャーショックを受けることがあるでしょう。

関東と関西で、ことばのイントネーションが異なるのはもちろんのことながら、料理の味付けや流行まで異なってきます。

そして、ことばや風習の違いは、人の人格の形成にも少なからず影響を与えています。

今回は、関西人にスポットを当てて「関西育ちの男性の特徴」をご紹介します。

1.とにかくおしゃべり

関西育ちの男性に総じて言えることは、とにかくお話し好きでおしゃべりなことです。

外で会った見知らぬ人であっても話しかけて、気づけば仲良くなっているなんてよくあることで、初めて会った人に対しても警戒心や壁が低いのかもしれません。

旅行中にふらりと街を歩いているときやスポーツ観戦で席が近くになっただけ、そんなささいな時間でも、気さくに話しかけてくるのが関西人です。

たとえ彼女と一緒にいるときでも、他人に声をかけることもあるので、最初のうちは抵抗を感じずにはいられませんが、そのうち人柄の良さとして受け入れられるようになるでしょう。

見ず知らずの人にも軽く話しかけられるフレンドリーな人柄と話好きな一面が垣間見られます。

話の相手が関西人ならなおさらです。

お互いに話にキリがつかず、友達同士から何時間も話しているなんてこともあります。

話題のネタが豊富で、とにかく明るい話し上手と言えるでしょう。


2.話にオチがある

関西人は話のオチにうるさいと言いますが、その通りで男性も話すときにはオチがあり、きちんと着地点があるという印象があります。

どんな話をしても必ず最後に笑えるストーリー展開になっていることから、笑いのセンスの高さを感じさせます。

異性だったら、そこまで厳しくないかもしれませんが、同性同士や仲間内でオチのない話を聞くと「その話のオチ何なん?」とすかさず、つっこんでくるところに関西気質を感じさせられます。

先輩、後輩関係なく、オチがない話には厳しいです。

上下関係があってもフラットにつっこめるところに、人付き合いのうまさを感じさせます。

関西人と話をしていると気づくと思いますが、時々話をオーバーにしてしまう一面があります。

また、ひとりひとりがテッパンのすべらない話を持っており、何度の同じ話を聞かされることもあります。

しかし、何回も面白い話をしているだけあって、かなり面白いです。

それも含めて面白くて話し上手なのが関西人男性の特徴です。

3.イキってるに敏感

関西ではイキってるやつに対して、悪いイメージを持っています。

イキってるとは、標準語でいう「かっこつけてるやつ、粋がってるやつ」という意味合いを持っています。

他人からイキってると思われたくないので、あえてかっこつけずにはずしてくる一面があります。

例えば、英語の意味を知っているのにあえて「あれ、なんやったけ」ととぼけたり、ファッションでは流行と言われているものを取り入れずに、はずしてくるという一面です。

無理していきがってると思われたくない気持ちが大きいようです。

そのため、他人の言動や他人からの評判に敏感と言えます。

そのため、たまにオシャレなファッションアイテムを取り入れてみると、自分の身の丈にあっているか不安で「変じゃないか?」と他人からの助言を求めることもしばしばです。

他人からの助言も素直に受け入れられるのも、柔軟性があるという関西人の良い点です。


4.プライドが高い

関西エリアや自分の出身のエリアに対するプライドを関東の人より強く持っています。

「大阪は中心やで」「神戸は大阪と違う」「京都と奈良を一緒にしないで」など、県や地域への愛着と郷土愛が強いと言えます。

また、それぞれ自分の育った地域が一番だと思っているので、関西人同士が故郷自慢を始めると意見の対立が起こる場合もあります。

この特徴は特に男性に顕著に表れます。

自分の育った場所へのプライドが強く、そういった場面では他人の意見を受け入れたり、柔軟に対応できなくなることがあります。

自分の育った地域がテレビなどで紹介されると、特に誇らしげに自慢してくることもあります。

関西以外で育った人にとっては、関西とひとくくりに言ってしまいがちですが、関西出身の本人たちはかなりのプライドを持っているので、ひとくくりにせず、きちんと地域ごとに区切って表現した方が良いと言えます。

5.おかんが強い

関西の女性は気が強く、しっかりした気質の人が多いです。

関西育ちの男性のお母さんも多くが関西出身の女性なので、とにかく強く家の中の権力を掌握していることが多々あります。

そのため、関西出身の男性にとっては、おかんは最強の存在で、簡単に立ち向かえる相手ではありません。

そんな男性を見るとつい、頼りなく感じてしまい、文句を言いたくなってしまいますが、それが彼の育った環境であり、しきたりでもあるので、大目に見て受け入れた方が良いでしょう。

家族を大切にするという一面でもありますし、彼女との結婚後も彼女がおかんとなり、強い存在として扱ってくれます。

関西育ちの男性の特徴を知ろう

今回は関西育ちの男性の特徴を性格やしきたりから紹介しました。

自分が育った環境と異なると受け入れ難いこともあるかもしれませんが、否定することなくお互いに尊重していくことが、関西育ちの男性とうまくやっていくコツと言えるでしょう。