彼から「寂しかった?」と聞かれた時の返答方法

最終更新日:2017年5月10日

なかなか会えないでいた時、連絡がつかなかった時に、彼から「寂しかった?」と聞かれることがあるでしょう。

この時、どう返答することが良い方法なのでしょうか。

その返答次第で、彼にどう思われるかが変わってくるもの。

彼から「寂しかった?」と言われた時の上手な返答方法をご紹介します。

1.「寂しかった」と素直に伝える

素直に「寂しかった」と伝えれば、彼も寂しい思いをさせたことを反省し、何かしら対応してくれることでしょう。

実際に「寂しい」と思っていたのであれば、回りくどい言い方をせず、素直に伝えた方が彼にも伝わりやすく、自分の中にため込んでいた思いがなくなることから、恋愛に対してのストレスが解消されます。

寂しかった思いをそのまま胸に秘めてしまえば「分かってくれない」と不満を持つようになり、それがケンカや別れの原因になることもあります。

思ったまま、自分の素直な気持ちを「寂しかった」と言葉で伝えれば、彼にも上手に伝わることでしょう。

2.「あなたが寂しかったんでしょ?」と相手に振る

付き合いが長かったり、幼馴染の関係など、彼との距離が近く、照れくささが生じる関係のケースもありますよね。

寂しかったと素直に伝えることに抵抗があり、なかなか上手く返答ができない。

そんな場合は、一度相手に振ってみると良いかもしれません。

「そういうあなたが寂しかったんでしょ?」と、自分がされた質問をそのまま彼に返し、彼がどんな返答をするかで決めるのです。

例えば「そうだよ、寂しかったよ」と言われたら、素直に自分も「私も」と伝えれば良いですし、逆に「そんなことないよ」と言われたら「ひどいよ」とむすっとした表情を浮かべましょう。

相手に一度振ることによって、どういう返答が良いのかを知ることができ、仮に「寂しかったよ」と彼から言われたら、照れや恥じらいを捨てて伝えることができます。

自分の中で迷いがあったり、照れてなかなか言えないという場合は、一度彼の返答を確認してみても良いでしょう。

3.「今会えたから寂しくないよ」と今の気持ちを伝える

「寂しかった?」と聞かれる状況は、会えない日々が続いた時や、連絡がなかなか取れなかった時など、彼と多少距離を感じている状況の時ですよね。

ただ、もしその会えない状況、連絡取れない状況が、仕方のない理由があってのことだとしたら「寂しかった」とそのまま伝えると、彼に責任を感じさせてしまう、と考える女性もいるでしょう。

あまり重い女になりたくないという考えの女性、彼に責任を感じさせたくない女性であれば「今会えたからもう寂しくないよ」と、今の気持ちを伝えてみると良いでしょう。

実際には距離を感じていた時に「寂しい」と感じていたことを、今の気持ちを伝えることでやんわり伝えることもできていますよね。

「もう寂しくない」と言えば「会う前まではやっぱり寂しかったんだな」と彼も察することができます。

しかし、今は「嬉しい」「寂しくない」という気持ちが勝っていると知れば、彼も責任を感じることは少ないでしょう。

会えていない時の気持ち、距離が空いている時の気持ちを振り返って伝えることも良いですが「今」の気持ちを伝えるという方法も上手な返答方法です。

4.何も言わず彼に抱きつく

返答方法は、言葉だけではありませんよね。

思いが彼に伝われば、彼が察して解釈してくれます。

言葉で伝えることが難しい、恥ずかしい、思いつかないという場合は、抱きつくという方法で彼に伝えても良いでしょう。

「寂しかった?」と聞かれた時に、何も言わずに彼に抱きつけば「寂しかったんだな」「辛かったんだな」「会えてうれしいんだな」ということが一気に伝わります。

実際、寂しいという気持ちがとても大きくて、会えたことによって安心し嬉しい気持ちでいると、言葉にするのは難しいものですよね。

「寂しかった」と言えば「そうか」で終わってしまいそうな気もする「寂しくなかった」と強がれば「こいつは大丈夫なんだ」と安心されてしまいます。

抱きつくという行動での返答であれば、彼なりに解釈してくれるため、あえて言葉にしなくても思いはきちんと届くものです。

その時、嬉しい思いが溢れすぎて伝えられない、言葉にできないという時は、ただ「抱きつく」という方法で返答してみると良いでしょう。

かえって言葉で返答する以上に、彼に気持ちが伝わることも少なくないのです。

寂しかった?と言われた時に素敵な返答をしよう

長い関係、気の知れた関係になってくると、なかなか素直に「寂しかった」と伝えることができなくなってしまいますよね。

でも、寂しかった思いをちゃんと彼に伝えておかないと、自分の思いがなかったことにされてしまいます。

言葉にできない思いであれば、行動で返答するというのも一つの方法です。

素直に伝えられない時は、このような返答を用いて、彼に自分の思いを伝えてみると良いでしょう。