都会の人は冷たいと言われる理由とは

最終更新日:2017年7月18日

同じ日本人でも、都会で暮らす人と田舎で暮らす人では考え方や意識が異なるというのはよく言われる話です。

友人関係でもそうですが、恋愛となるとそのギャップはかなり大きいもので、人によってはそれが原因で別れるケースだってあります。

そこで今回は、どうして都会の人が冷たいと思うのかご紹介します。

1.人が多いから

シンプルですがかなり大きな理由です。

人間は人が多い環境にいるとそれだけで相手に気を使い、日々ストレスを感じます。

もちろん他人と関わるのが大好きという人もいるでしょうが、本来人間というのは他人と衝突しないように防衛本能が働く生き物です。

都会はみなさんご存知のように、全国からあらゆる人間が集まる場所です。

それぞれが違う環境で生まれ育ち、バックボーンが異なる人間同士が共同して生きているのでいわば競争の地ともいえます。

そんな高いストレスを感じやすい環境ですから、いちいち他人に興味を抱き、関わろうとする余裕がないのかもしれません。

相手が都会の人で「この人、冷たいなぁ」と感じた時は、彼らは自分の事で精一杯で生きていくだけでも日々大変なんだなと察してあげる思いやりがあれば、関係は壊れにくいかもしれません。

少し寂しい気もしますが、それが都会で生きる人の宿命なんだととらえましょう。

2.トラブルやリスクを避けたいから

このように、ストレス負荷の環境において、人というのはあふれる情報の中から自分に必要だけを取り入れて自分に要らないものは取り除こうとします。

対人関係でも、自分と関わりがない人とは必要最低限のコミュニケーションだけしか取らず、むしろ自分に不利益がありそうな人とは関わることすら避ける傾向があります。

余計なことが不要のトラブルを生む原因にもなるからです。

これは別に悪気があっての行動ではなく、自分にふりかかってくるものに対処する一番の方法が無関心という行動に表れただけなんです。

しかし、都会以外の人たちはそのような事情を理解していませんし、知る由もないので都会の人のそういった行動を冷たいと思い込んでしまいます。

都会の人は、都会以外の人が考えている以上にリスクというものをとても嫌います。

理想や願望といった概念よりも、いかに自分にとって不利益がないかが重要なんです。

そこには都会の人のある種の賢い生き方が表れています。

3.感情より論理性が上回るから

都会の人すべてにあてはまるわけではありませんが、あらゆる物や情報が集まる都会においては時に感情よりも相手の立場や肩書などを重視することがあります。

お金など物質的なものにしか憧れを抱かなかったり、何でも損得勘定でものを捉えることがそうです。

これは昔から厳しい競争の中で育ち、人から見られる、そして評価されるという都会の生活環境が影響しているかもしれません。

都会で生きていく為には、自分の感情だけで気ままに生きていけるほど優しい場所では残念ながら無いでしょう。

逆にそういった人の優しさに付け込んで悪いことを考える輩も多くいますから、自分が被害に合う前にこういう事態になったらこういう対処をしようと、理屈として考える術が都会の人には備わっています。

それが冷たいと捉える人もいると思いますが、都会で生きていく為の悲しい知恵であり、寂しいですが現実的な考えです。

4.「都会=冷たい」という思い込みがあるから

都会の人が冷たい理由として、実は都会以外の人が原因だったりします。

都会にもいい人はいますし、他人に対して心優しい人はいます。

逆に田舎だから性格が良い人、温かい人ばかりというわけでもありません。

そもそも都会そのものが田舎から出てきた人たちの集まりなわけですから、元から都会人という人はむしろ少ないです。

それなのに都会以外の人がなぜか都会の人=冷たい、と一方的に決めつけたり、思い込んだりするためにこのような議論が持ち上がるのです。

まずは、その人が都会出身か田舎出身かという思い込みはなくして、一人の人間として見てみてはどうでしょうか。

勝手な先入観は取っ払って、一度フラットに考えてみたら割と気が楽になりますよ。

都会の人も実は都会的価値観に疲れたり、嫌気をさしていることが多いのです。

そこを理解してあげれば、意外と心のドアを開いてくれるかもしれませんよ。

都会の人は心が冷たい訳ではない

確かに、都会と都会以外の人では必ずしも価値観が一致するとは限りません。

都会はそういう意味で人を冷たくさせてしまう環境であることには間違いありません。

しかし、人間はあくまで個々人の生まれ持った性格や考え方によるものが大きいので、すべてを環境のせいにしてしまうことは好ましくないし、悲しいことです。

大切なことは、相手の立場になり、相手を理解することが関係を保つカギとなることでしょう。

そこを踏まえて都会の人という相手と付き合っていきましょう。