告白のために相手を呼び出す方法4選

いざ気になる異性に告白するとなると、どうやって呼び出せば良いか悩む人も多いと思います。

色んなシチュエーションを想像しては、「いや、それはマズいか」と考え直したり、結局ズルズルと行動に移せないまま、時既に遅しとならない為に、考えられる方法をご紹介します。

1.直接面と向かって誘い出す

メールで呼び出す方法もありますが、一番想いが伝わり易いのは、やはり直接面と向かって誘う方法です。

「今度、またゆっくり話せる時間を作って貰えない?」と勇気を出して言う事で、相手に自分の想いの本気度を知って貰い、同時に誠実さも伝える事が出来る方法です。

もし相手が元々友達や知り合いだったら、一緒にいる時にさりげなく告白するよりも、デート感覚で一緒にいる日を作って貰い、その中で告白した方がムードも出て成功しやすいと想います。

この時は会ってすぐに告白するのではなく、解散する少し目の時間に言うと良いと思います。

朝から夕方まで会う時は昼過ぎに、夜まで居る場合は夕飯を食べた後などに告白するとスムーズなのではないでしょうか。

メールが普及する少し前の時代は、誘う時や告白する時は大体直接面と向かって言うのが普通でした。

メールで気軽にそれが出来てしまう今の時代だからこそ、直接面と向かって言う方法は堅実な印象を持って貰える可能性が高いと思います。

2.面と向かって呼び出せない人は携帯メールで誘う

面と向かってはどうしても誘えないという人は、携帯メールで誘う方法もあります。

携帯メールは口頭で言うのと違って、文面としていつまでも記録として残ってしまうので、もし深刻そうに改まった感じで誘ってしまうと、「なんかあるのかな?」「どうしよう、普段の様子と違うな。
もしかして告白してくるのかな?」等、受け取った相手をモヤモヤとさせてしまう可能性があります。

メールでの連絡は互いに誤解をさせてしまう事があるのが難点ですが、それでもどうしても勇気が出せず直接面と向かって誘えない人は「この日、ちょっと話せない?」等、深刻そうではなく軽めの文面で誘うと受け取った相手は変に考えたり警戒せずに、誘いに乗り易いと思います。

相手が既に友達だったり知り合いだったら比較的誘いやすいかもしれませんが、1度も2人きりで会った事のない相手だったら、いきなり告白モードになるのではなく数回友達として軽くご飯を食べる程度から始めて、時間をかける必要があるかもしれません。

相手の脈あり、脈なしの加減が分かっていれば送る文面の口調を多少変化させるのも良いでしょう。

3.学校や仕事終わりの時間帯に電話をする

直接面と向かって呼び出す事は出来ないけれど、電話でなら出来る人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、電話をする時の時間帯に気をつけて下さい。

相手が学生であれば学校終わりの時間帯に、社会人であれば仕事終わりの時間帯に、所謂少し1日の中でゆったり出来る時間帯に電話をするのです。

朝から夕方にかけては大抵の人が忙しくしていて、それどころではない場合が多いからです。

ゆったり出来る時間帯だからといって、夜遅くや寝る前の時間帯に電話をするのも控えた方がいいでしょう。

人によっては「この人、こんな時間帯に非常識だな」「この人は性格的に難ありかもしれない」「配慮のない人なのかな?」と思われる可能性があるからです。

一番人にとって無難な時間帯に電話をすれば、嫌な印象を持たれるリスクも低くなります。

電話で呼び出す際には「あのー、えーっと」等とダラダラ言うのではなく、なるべく用件を簡潔に伝える様にしましょう。

「○月○日って空いてる?少し話せるかな?」等と言って相手の予定を確認した上で誘い出すと良いと思います。

直接面と向かって言うのと同様、相手に録音されていない限り会話が記録に残る事もないので安心です。

4.普段から自分の好意を伝えた上で誘い出す

告白するにしても普段から相手に好意を感じさせない態度や話し方をしてて、突然告白してしまうと相手はビックリしてしまうかもしれません。

「まさかあの人が自分を好きだったなんて思いもしなかった」「友達としか思ってなかったのに」等と思われてしまっては損ですし、フラれてしまう可能性が高くなってしまいます。

もしあなたが普段から相手に好意があるというアピールを態度や話し方でしていて、それでも相手が会ってくれているなら、好意があるのに逃げないで居てくれるという事は脈ありの可能性があるわけです。

もしアピールをして相手から距離を取られてしまったら、残念ながら相手にとっては恋人とは思えない友達関係と言える可能性があります。

いずれにしろ、普段から好意をアピールしていれば、直接面と向かって誘っても、メールや電話で誘っても相手はある程度覚悟の上だと思うので、告白しやすくはなると思います。

いきなりでビックリされるよりも相手の想定内で告白した方が告白が成就する可能性が少しでも高くなるのではないでしょうか。

誰でも告白をする時は緊張する

このように、告白のために相手を呼び出す方法はいくつもあります。

そしてそれはいずれも自分で自発的に動かなくては待っていても始まらないのです。

誰でも告白するというのは緊張しますし、勇気も覚悟もいりますが、結果がどうあれ自分で自発的に行動したという事に大きな意味と達成感があると思います。

誘い出す方法については自分の気持ち、そして相手のタイプを知った上で誘う方が良いと思います。

 

    「告白のために相手を呼び出す方法4選」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く