彼氏に飽きられない方法。ずっと好きでいてもらう様になろう

最終更新日:2016年4月12日

彼氏はできるのに長続きしない、すぐに飽きられてしまう、他に好きな子ができたと振られることが多い…など、心当たりがある人は多いのではないでしょうか。

それは、あなたか魅力的なことには変わりないのですが、常に刺激を求める彼にとっては、少し物足りなくなってしまっているのです。

そこで、彼氏に飽きられない彼女になる方法をあげていきます。

1.サプライズをする

彼氏にサプライズを求めるのに、自分は全くサプライズをしないという女の人は意外と多いのです。

お姫様のようにずっと動かずに求めてばかりでは、最初は尽くすことに喜びを感じていた彼も、あなたに尽くすことに飽きてしまうでしょう。

そうなることを防ぐために、時々あなたも恩返しするのです。

毎回あなたからサプライズをしていては、彼氏が王子様になってしまい、動かなくなってしまいますので、3回か、5回に一度返すのが理想です。

ギブアンドテイクの関係がちゃんとしていることで、あなたへの気持ちが冷めることなく、彼もあなたを喜ばせたいと思う気持ちが長続きします。

付き合いを対等にできることが、長続きするコツです。


2.違ったファッションをしてみる

いつも買う雑誌を買い続けていては、マンネリしてしまいます。

あなたは目指している、憧れのモデルさんがいたり、あなたに合う服がわかっていて、雑誌を決めているかもしれませんが、思い切って違うジャンルの雑誌を買って見ましょう。

そして、これなら似合うかな、と思ったものがあれば、その服にチャレンジしてみましょうね。

今は服のレンタルも携帯一つで簡単にできる時代です。

レンタルであれば、失敗したなと後悔することなく、気軽にチャレンジできますよね。
是非、気分転換に変えてみてください。

食べ物に例えた時、毎日パスタを食べていては、人間誰でも飽きてしまいますよね。
たまにハンバーグを食べれば、またパスタも美味しく感じます。

中身を好きになってくれたんだから大丈夫!ではなく、この先長く付き合っていきたいのであれば、時には彼を違った感じで楽しませてあげてください。


3.彼氏に尽くしてみる

いつも送り迎えや、車を出すのは彼。
ご飯を食べに行ったら、いつも彼に払ってもらう。

そんな人はいませんか。

彼が尽くしたい人で私に出させてくれないという人もいるかもしれませんが、誰でもやってもらって嬉しくないはずがありません。
ただ彼はあなたにかっこよく見られたくて頑張っているのかもしれませんよ。

どうしても俺が!と言われてしまうのであれば、急にお迎えに行ってもいいでしょうし、お金を一切払わせてくれないのであれば、あなたがレストランを予約し、コースを決め、先払いでお願いしておいたり、トイレに行くフリをしてこっそり払っておくこともできますよね。

男がするのが当たり前!と思っている彼でも、突然されるとあなたの気持ちの大きさに喜ぶはずです。

いつもありがとう、とっても嬉しいんだよ、だから今日は私にさせてね。

そんな一言を付け加えられたら、さらにいいですね。


4.たまには彼と離れてみる

大好きな彼です、一分一秒でも長く一緒にいたい!そう思っている人はいませんか。

休みの日は必ず彼と一緒にいるというあなた、少し離れて見る時間も作りましょう。

彼もあなたのことが大好きなので会いたいとは思いますが、ずっと一緒にいると人間というのは慣れてきてしまいがちです。

たまには、用事があると誘いを断ってみたり、友達と旅行に行ったりするのもいいでしょう。

飽きさせないためには、適度な冷たさと、不安にさせることも必要なのです。

いつも一緒にいたら、不安になることもなく、あなたの存在が空気のようになってしまい、新しい刺激を見つけたら、それが魅力的に感じてしまうのも当然ですよね。

他に男がいるのではないか、もっといい男にならなければ離れていってしまうのではないか、そんな風に彼が思ってくれたら素晴らしいですね。

彼があなたを追っているうちは、飽きられることはありません。


5.彼と同棲をしない

いくらたくさんの時間を一緒にいたいからといって、同棲をしたり、彼の家に頻繁にお泊まりをすることは、あまりお勧め出来ません。

なぜなら、彼と一緒に住むと、あなたは彼に素敵な女の人だと思って欲しいため、家事を率先してやりますよね。

最初は嬉しいな、かわいいな、と思っていた彼も、だんだんと当たり前になってしまい、ありがたいと感じなくなるばかりか、やれなかった時、イライラするようになってしまいます。

ごくたまに泊まりに行くくらいにとどめておきましょう。

慣れて有り難みや刺激が足りなくなるばかりではなく、あなたが家政婦のような存在になってしまいかねません。

結婚のタイミングも逃すと言いますので、気をつけましょう。

彼に飽きられないために少しずつ取り入れていこう

簡単に取り入れられるものもありますので、彼に絶対に飽きられたくない!というあなたは、少しずつ取り入れてみてください。

せっかく両思いになれた相手です。
いつまでもお互いがお互いを一番必要としている関係でいたいですね。