彼氏と会うたびにケンカしてしまう状況を改善する方法

最終更新日:2016年4月9日

彼氏が大好きなのに、最近はお互い意見が食い違ってしまって会う度にケンカをしてしまう。

でもやっぱり好きだから別れたくない、どうすればいいのか分からないという方のために、彼氏と会うたびにケンカしてしまう時の対処法についてご紹介します。

1.男女は違うものだと考える

基本的に男性と女性は考え方が違います。

例えば彼女が愚痴を言った時、ただ彼氏に優しく「うん、それは辛かったね」と慰めて欲しいだけなのに、彼氏は「それは君が悪い。こうしたらどう?」とアドバイスをしたりと自分がして欲しい事と彼氏がした事の違いでイライラしてしまう事がある程度時間がたったカップルにはありがちです。

彼氏と会う度にケンカをしてしまうという方は、男女はそもそも考え方が違うという事を受け入れましょう。

そうする事で自分が思っていた反応と違う反応が返ってきたとしても「男性は女友達と違ってそう反応するんだ」と思えるので腹が立たなくなります。

男女は考え方が違うものです。

さらに人間は人それぞれ考え方が違います。

同じ考え方の人間なんていません。

だからこそ面白いのです。

自分の考えている通りにしてくれないからと怒るのではなく、その考え方の違いを楽しむようにしましょう。

それに人間は言ってもらわないと分からない事があります。

わがままになりすぎない程度に「こういう時は優しく慰めて欲しい」「こういう時や優しくハグしてくれたら嬉しいな」と言う事で彼氏「そうだったのか」と思う事ができるので、ケンカをせずに仲のいいカップルでいる事ができます。


2.絶対に仲直りはする、と二人で決めておく

ケンカをしてケンカをしてしまったままではお互いに気持ちが冷めてしまい、最悪別れる事になってしまいます。

ですが、別れてしまうと「どうしてあの時素直に謝る事ができなかったんだろう、復縁したいけどあの別れ方では復縁しようなんてとても言えない」ととても後悔をする事になってしまいます。

ですので、ケンカをしていない時に「どんなにケンカをしても、私はあなたの事が好きだからケンカをするの。だから、最後には絶対に仲直りをしようね」と言っておきましょう。

二人で仲直りする事を決めておくことで、どんなケンカをしても時間がたつことでお互いに「どこかで仲直りをしなくちゃ」と思う事ができます。

それにより感情的になりすぎる事なくすぐに仲直りをする事ができます。


3.短気な事を自覚しているなら、直すようにする

自分が短気な事を自覚しているなら、少しでも直すように努力をしましょう。

特に彼氏が優しいのに自分が一方的に文句を言うタイプのケンカをしているカップルは、かなり彼氏に負担になっています。

負担を持ち続けた彼氏は、どこかで感情が爆発して「もう君とは付き合えない」と言い出す可能性が高いです。

そうなってしまう前に、まずは自分の短気な性格を直すようにしましょう。

短気は損気という言葉もある通り、短気で得する事などありません。

怒りそうになったら、まずは怒りを口にする前に深呼吸をするようにしましょう。

深呼吸には心を落ち着ける効果があります。

この深呼吸の間で怒りそうになる自分にブレーキをかける事ができるので、ケンカになる前に冷静に話合いをする事ができるようになります。

短気な性格を直す事で彼氏とずっとラブラブでいる事ができる上に周りの人からも「最近、彼女穏やかで人当たりが良くなったよね」と思ってもらえます。

これを機会に是非短気な性格を直してみましょう。


4.ケンカができるほど関係が進んだと思い、彼に感謝をする

ケンカは、心を許した相手としかできない行為です。

好きだからこそちょっと意見が食い違った時にお互い腹が立ち、ケンカになってしまいます。

まずは「私たちはケンカができるほど関係が進んだんだ」と彼氏との関係が進んだ事を喜ぶようにしましょう。

そして、そんな彼氏に感謝をするようにしましょう。

また、会う度にケンカをしてしまう時は彼氏と付き合いだした時の嬉しい気持ちを思い出す事も大事です。

今は彼氏がいて当たり前という気持ちがあるのでケンカをしてしまっていますが、愛し合う二人が出会う事は素敵な事で、奇跡的な事です。

そんな彼氏とケンカばかりしていてはもったいないです。

いつも自分と一緒にいてくれる彼氏に感謝の気持ちを持つ事で彼氏をもっと好きになる事ができるので、ケンカをせずにずっと仲良くなる事ができます。

大好きな彼氏を失わないために、ケンカの回数を減らして少しでも二人仲良く、ラブラブな時間を多く作るようにしましょう。

彼氏と会うたびにケンカする状態を改善しよう

彼氏と会うたびにケンカしてしまう時の対処法についてご紹介しました。

せっかく彼氏ができたのに、その彼氏と仲良く素敵な時間を過ごさずにケンカばかりしていては何もいい事はありません。

「会う度についケンカしてしまうけど、できればケンカはしたくない、ずっと仲良くいたい」という方は、まずは男女は考え方が違う、そもそも別の人間なんだから考え方が違って当然だと思い、好きだという気持ちや彼にして欲しい事は口で伝えるようにしましょう。

これだけで二人仲良く、ずっとケンカをせずにいる事ができます。