彼氏が自宅に来る時に準備しておくべきこと

最終更新日:2016年11月16日

彼氏が自分の家に来てくれるとなると、テンションも高くなり、その日が待ち遠しく感じてしまうもの。

しかし、今のそのままの状態の部屋に彼氏がきても、全く問題ないと言えますか?彼氏が家に来る時に、準備しておくと良いことをご紹介します。


1.部屋の片づけや掃除

家で毎日当たり前のように生活をしていると、ちょっとした汚れやごみ、収納されていない服やアクセサリーなどがあっても、気にならなくなってしまうでしょう。

しかし、彼氏はその家で当たり前のようには生活しておらず、言ってしまえばお客さんとしてやってくるわけです。

そんな彼氏は、家に入るなり、部屋の様子や家具の配置など、意外と細かく見てしまうもので、普段当たり前だと思っているものでも、彼氏にとっては「え?」と思うこともあります。

まずは部屋の片づけをして整理整頓し、部屋全体を掃除することが必要です。

女性であることをより認識してもらう為にも、部屋はキレイな状態で招くようにすると良いでしょう。


2.元彼との思い出を隠す

今の彼氏と付き合い始めて間もないという状態であれば、もしかしたら元彼との思い出の品が家にある可能性があります。

元彼からもらった自分では買わないだろう物や、元彼と一緒に写った写真、元彼の服など、もし家にあるようであれば、処分するかもしくは隠すことが必要です。

せっかく彼女の家に来たのに、元彼の物を目にして、嫌な気持ちになりたくないもの。

そして仮に元彼の物を目にしてしまったら「彼氏がくるって分かっておいてわざとやってる?」という不信感を生むかもしれません。

変な誤解を与えたり、ギクシャクしてしまわないように、元彼との思い出の物はすべて見えない所に隠すようにしておきましょう。


3.トイレやお風呂の水回りの掃除

彼氏の滞在時間によっては、トイレやお風呂場も使用することが考えられますよね。

急に「ちょっとシャワー浴びたいんだけど」と言われた時に、焦ってしまわないように、事前に掃除をしておきましょう。

また、トイレの注意点は、特に便座の裏。

女性はトイレの際に便座はそのまま使用しますが、男性の場合は便座をあげて使用する為、そこの掃除がいき届いていないと「げ…」と思わせてしまいます。

お風呂場も同様で、鏡が薄汚れていたり、天井にカビが発生していたら、男性をがっかりさせてしまうポイントに。

部屋の片づけで終わらせるのではなく、トイレやお風呂場の使用も考えられるため、しっかりと掃除をしておきましょう。


4.部屋に良い香りを

家のニオイは、案外住んでいる人にとっては無臭に感じるものですが、他人が家に入った時にはその家の独特のニオイを感じるもの。

生活のニオイが混じっていることで、人によっては不快に感じることもあります。

自分では気づきにくい家のニオイは、例えばニオイを吸い取る商品を用いたり、お香をたいて新たなニオイを放ったりと、様々な方法で変えることが出来ます。

彼氏の家に行ったことがある人ならば、彼氏の家のニオイがどんなものだったか思い出して、似たような香りにしておくと、彼氏もリラックスできるはず。

あまりにきついニオイはかえって逆効果になることもある為「なんか良い香りがする」「雰囲気がある」くらいの香りに留めておくと良いかもしれませんね。


5.実家暮らしであれば両親に伝えておく

1人暮らしの家に招くだけであれば、他の人の目を気にする必要はないでしょう。

ただ、もし自分が実家暮らしで、その実家に呼ぶとなったら、彼氏もそれなりに緊張していることでしょう。

その場に親がいるとなった場合、急に彼氏から「お邪魔します」と言われるより、娘から「○○日、彼氏来るから」と言われていた方が、様々な準備が出来るもの。

心の準備もそうですが、例えば「夕飯一緒にどう?」と接点を持ったり「また家に来てね」と会話出来たりと、彼氏にとってもプラスになります。

急に来ても歓迎する家もあれば「なんで事前に言わないの」「急に来られても困る」と困惑する親もいます。

実家に来るのであれば、事前に親に娘から報告しておいた方が良いでしょう。


6.ルームウェアは大丈夫?

家でリラックスしている時、学生の頃のジャージを着ているとか、ボロボロになったパジャマをいつまでも使っているということはないですか?もし夜遅くまで一緒にいることになったり、お泊りになる場合には、ルームウェアを見せる瞬間があります。

そんな時、女子力が低い女性だと思われたり、実はずぼらだったんだとマイナスイメージを持たれないようにするためにも、ルームウェアの確認と必要であれば購入をしておきましょう。

彼氏が家へ来る時の準備をしておこう

彼氏が家に来ることになったら、女性として彼女としての振る舞いが大切です。

家に来てから彼氏が冷たくなったり、気持ちが冷めてしまっては、元も子もないのです。

彼女である前に「女」であることをより意識して、掃除や片付け、香りといった点も事前に確認しておきましょう。

くれぐれも元彼の写真を見える所に飾ったりして、しょっぱなから嫌な思いをさせないように気を付けたいものです。