男性の独占欲を上手に満たす方法。

最終更新日:2016年1月11日

独占欲の強い男性と付き合ったことはありますか?女性を独占しておきたいと考えるのは本能的に仕方ないのかもしれません。

ですが、独占欲が強い男性というのはうまくコントロールしないと面倒くさいですし、DVなどの被害にあってしまうこともあります。

独占欲が強い男性の方が愛されている実感があって好きと言う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は男性の独占欲を満たす方法をご紹介します。

1.彼を優先していると常に伝える

独占欲の強い男性と言うのは彼女が自分を二の次にしていることに対して不満を覚えます。

例えば、彼氏の誘いを断って友達と遊びに行ったりするようなことは彼の独占欲を逆なでしてしまうのです。

ですが、女性としても彼氏以外の友達との付き合いもありますし、いつでも彼氏を優先することは不可能に近いですよね。

そのため「俺と友達どっちが大事なんだよ」なんて面倒なケンカに発展してしまうかもしれません。

そんな時は、彼との約束やデートを取り付けた際に「○○君を優先するね」「誘いがあったけど優先しちゃおうかな」など「優先」の一言で彼の独占欲を満たすことができます。

独占欲の強い人というのは彼女の中で自分が一番にでないと気が済まない性質があるそうで、自分以上に彼女が大切な人がいると嫉妬をしてしまうのだとか…。

実際に彼を一番にしなくても、彼の前では彼が一番優先であるようなセリフを言ってあげるだけで彼は安心してくれるので優しい嘘と言ってもいいのかもしれません。


2.男性と接触している話をしない

独占欲が強い男性は、彼女を自分だけのものにしておきたいという願望があり、他の男性と彼女が接触するのをかなり嫌がります。

確かに、逆を言えば彼氏が女性となれなれしく話したり食事に行ったりするのはあまり良く思わないですよね。

独占欲の強い彼のことを思うのであれば、自分が他の男性には全く興味がなく友達としてのお付き合いもあまりしていないと言うのが彼の理想です。

しかし仕事の関係上男性と話したりすることもあるでしょうし、中々周りをすべて女性だけにするのは難しいでしょう。

そういった場合には、彼の前で絶対に他の男性の話をしないことです。

職場の上司や同僚、友達の彼氏、さらには男性アイドルや男性芸能人などの話も避けたほうがいいでしょう。

独占欲の強い男性にとっては彼女があこがれている男性芸能人でさえも嫉妬の対象になりうるからです。

3.女性からデートに誘う

独占欲の強い男性でも、自分ばかりがデートに誘っていたり要求をしていると彼女に嫌われているのではないか…と不安になってしまうことがあります。

そのため、女性からの愛を確かめようといらぬ罠を仕掛けたり、試すようなことをしてトラブルに発展することも…。

少々男性がわがままですが、要求を聞いてくれるだけの女性でも不安になってしまいます。

独占欲が強いというのはそもそも彼女を自分だけのものにしておきたいということなので、彼女が男性のことを大好きであるというのが前提です。

そこで彼の独占欲を満たしてあげるためには彼女側から彼を愛していることを示してあげると良いでしょう。

彼女側から彼に会いたいと伝えたり、時間作れる?と頻繁にデートに誘ってあげることで彼は「俺のことを一番に思っていてくれている」と満足してくれます。


4.彼氏のワガママに答えてあげる

何でもかんでも彼の要求を聞いてしまうのは問題ですが、ある程度のわがままを聞いてあげると彼は満足してくれます。

独占欲の強い男性というのは、ある意味幼稚だと言われていて子供っぽい部分があります。

そういったところに魅力を感じている女性も多いようですが、女性側に余裕がないとイラッとしてしまうこともあります。

ですが、彼の独占欲を満たしてあげるためには彼のワガママや要求にある程度は答えてあげる必要があると言われています。

例えば「短いスカートは履かないでほしい」「男性のいる飲み会にはいかないでほしい」「髪型を彼好みにしてほしい」…など女性側が答えられる範囲で彼のワガママに答えてあげるとそれだけで彼は「自分の女」という確認ができ、ある程度満足してくれます。


5.連絡や報告をマメにしてあげる

独占欲が強い男性は心配性な面を兼ね備えています。

そのため、自分の彼女が何をしているのか心配をします。

そんな時に彼女と何日も連絡が取れないと彼のイライラはピークに…。

彼の独占欲を満たすためには女性が彼を安心させてあげる行動をとっていることを彼が把握していることが大事です。

飲み会の後でも「今日は女子会だったよ」「家族と食事だったよ」の一言があるだけでも彼は安心してくれるかもしれません。

男性の独占欲を上手に満たそう

男性の独占欲を満たすためには許す心と彼のための優しい嘘も必要です。

ただし注意してほしいのは彼の要求がエスカレートし「モラハラ」になってしまうことです。

嫌なことはしっかりと嫌と言えるような関係性は保っておくようにしましょう。