彼氏の機嫌をとる方法。ご機嫌ななめな彼を元気にさせよう

最終更新日:2016年4月12日

いつもはニコニコしている彼が最近なんだかご機嫌ななめで険悪な雰囲気になってしまっている。そんなことがありませんか?

ずっと仲良しでいるためには、彼のご機嫌をとる方法を知っておくということも大切な秘訣になります。

彼にとって一番いい方法を考え、機嫌をなおしてもらいましょう。

1.自分に原因がある場合は素直に謝る

もしも、彼の不機嫌の原因が二人の喧嘩によるものであれば、素直にこちらから謝ることで機嫌がなおるかもしれません。
実際には自分は悪くなくてもそこはぐっとこらえて大人になり「あの時はごめんね」とはっきり伝えれば彼の怒りも収まるでしょう。

ただその「ごめん」の一言が欲しかっただけの男性もいるでしょう。
でも、その時にふてぶてしい態度をとってしまうことは絶対NGです。

男性はプライドの高い生き物です。
自分は怒らせるようなことを言った覚えがなくても感情がヒートアップした喧嘩の最中に放った一言が彼にとっては強烈に嫌な言葉だったのかもしれません。
好き同士とは言えど、元は他人の二人が一緒にいるということは違った価値観のぶつかりあいでもあります。

そしてこれからもちょっとしたことで喧嘩になったりします。
そういう時に彼の価値観に向き合おうとする姿勢を忘れたくないものです。


2.彼の好きな料理やお菓子を作ってあげる

女性でも嫌なことがあった時、美味しい食事やデザートで気持ちが癒されることありますよね。

気持ちがナーバスになっている彼の大好物をふるまってあげることで、彼の元気を取り戻せるかもしれません。
彼女に手料理を作ってもらって嬉しくない男性はいませんし、彼女からの優しい心遣いを感じられるでしょう。

彼が食事をとっている時などは、彼の話の聞き役になり辛かったことを聞いてあげてください。
普段は一生懸命頑張っている彼も、その時ばかりは彼女に甘えたくなるでしょう。

お互い実家暮らしなどで、手料理を振舞える機会があまりないカップルは女性のほうから彼を誘って好きな食事をごちそうしてあげるのも、彼にとってはいい気分転換にもなるでしょう。

3.彼のことを褒めまくる

女性だって、お世辞とわかっていても「綺麗だね」「可愛いね」と褒めてもらえたら嬉しいですよね。

男性にも単純な部分があり、嫌なことがあっても女性から褒められるとぱっと機嫌がなおってしまうこともあります。

彼が仕事で嫌なことがあった時は彼の自尊心がかなり傷ついている場合があります。
一緒に過ごしている中で「こんなことできるのすごいね」「さすがだね」と褒めたり、「いつも頑張ってるよね」と彼の頑張りを認めてあげることで、自分の頑張りを見ていてくれる人の存在に気づけ、また普段の彼に戻る元気がでてくるでしょう。

ただし、「そのくらいなんてことない」などと上から目線で意見してしまうと更に嫌な思いをさせてしまうので言葉には気を付けたほうがいいです。


4.一日彼の好きなことにとことん付き合う

彼の不機嫌の原因は、忙しい日々の中で少しづつたまったストレスなのかもしれません。
そんな時は、一日つきっきりで彼の好きなことに付き合ってあげるのはいかがでしょうか。
ストレスの発散の仕方は人それぞれですが、カラオケで気持ちよく歌ったりスポーツなどで身体を動かし汗をかくことなどが発散になるなら女性も一緒に楽しめますよね。

身体を動かし、美味しい食事をいただくことで自然と元気になってきます。
彼がもし、休日は家にふさぎ込みがちになっているのなら、気分転換に誘い出してあげてください。

彼がインドア派で外に出る気分でなければ、自宅で映画を見たり音楽を聴いたりするだけでもリラックスはできます。
彼から話そうとしてこない限り、職場で何があったかなど原因を探ったり深入りする必要はありません。

楽しいと思える時間を一緒に過ごして共感することで、彼女自身が癒しにもなるでしょう。

5.あえて彼に甘えてみる

いつもはあまり彼に甘えないという人は、あえて甘えてみるのもいいでしょう。

実は最近彼女からの愛情を感じられなくてすねているのかもしれません。
子供っぽいなと思うかもしれませんが、言わなきゃ分からない男性も世の中には多いのです。
でもこの場合の彼のご機嫌を取り戻すのは簡単です。

「固いキャップをあけてほしい」「重たい荷物を持ってほしい」「あれについて教えてほしい」など、ちょっとしたことを頼るだけでも、彼は彼女に頼りにされているとわかって男としての自信を取り戻せます。

彼が大げさな愛情表現を求めているようでしたら、「好きだよ」とはっきり言葉に表したり、ハグなどで気持ちを表してください。
ちょっと勇気もいりますが、彼の機嫌は確実によくなります。

彼の機嫌をとって仲良しカップルを続けていこう

できれば彼にはいつも穏やかな気持ちでいてほしいと思いますよね。
でも彼だって感情があります。

どうすれば彼の機嫌を直せるのかを探り、その感情をうまくコントロールしながらずっと仲良しカップルを目指しましょう。