LINEで男性を飲みに誘う方法5つ

最終更新日:2015年9月6日

女性から男性を口で直接誘うのは、勇気がいりますよね。

LINEでの誘いは、少しの勇気と、きっかけさえ見つければ、気になる彼を誘いやすいです。

男性を飲みに誘うきっかけを探してみましょう。

1.男性が好きそうなお店を見つけた

周りの口コミでも、TV、雑誌の媒体でも構いません。

男性が好きそうで、雰囲気がよいお店を見つけたら、気になる彼を誘ってみましょう。

いきなりお誘いすると、男性もひいてしまうかもしれません。

最初は少し遠回しに「○○さんは、こんなお店は好きですか?このお店、雰囲気とか食事が美味しいみたいで、良かったら行きませんか?」と誘ってみるのはどうでしょうか。

もし、気になる彼が興味をひくようなお店ならば、OKが貰えるかもしれません。


2.友人たちと一緒に誘う

いきなり2人で誘うのは、あなたにとっても、気になる彼にとっても、緊張してうまくいかないかもしれません。

通常通りに誘っても「みんなで行こう」と返事をされる可能性があります。

それでもショックを受けずに、みんなで行きましょう。

そして、もしあなたの気持ちに余裕があるならば「時間があったら、早めに待ち合わせして、お茶しませんか?」と誘ってみてはどうでしょうか?

それでも、気になる彼からNGが出た場合は、友達と一緒にとにかく楽しく時間を過ごして、帰宅した後改めて「また、飲みに行きたいです」って誘ってみましょう。

彼が、あなたのことを見てくれるようになるかもしれません。


3.気になる彼の家の近場の店に誘う

あなたと、気になる彼の関係が、上司部下、先輩後輩だとして誘いにくい関係だとしたら、彼の住んでいる地域または徒歩圏内の場所でお店を探してみましょう。

そして「◯◯ってお店は、△△さんの家の近くですよね?行ってみたいんですが、良かったら、一緒に行きませんか?」と誘ってみてはどうでしょうか。

もしかしたら、◯◯のお店が彼の行ってみたかったお店かもしれないし、常連かもしれません。

この誘い方なら、ストーカーにも思われない距離感です。

1つのお店に限らず、そのエリアでいくつか行きたいお店を探して提案してみてもいいでしょう。


4.相談したいことがある

嘘でも本当でも良いです。

「相談したいことがあって、時間を作って貰えませんか?」と誘ってみましょう。

せっかくなので、「飲みながら、聞いて貰えませんか?」とメッセージを送ってみましょう。

自分に相談してくれて嬉しいと思ってくれる男性なら、OKを貰えるはずです。

男性は、女性に頼られるのが嫌ではありませんから。

あなたが悩みを打ち明ければ、男性も今後、気にしてくれることでしょう。

そしてその悩みの中間報告として、また誘えば良いのです。

そのうちに、彼の悩みや考えを、頷いて聞いていくうちに特別な関係が生まれるかもしれません。


5.突然のLINE電話をする

LINEと言えば、相手が読んだかわかる「既読」表示がありますよね。

そして、無料通話もできます。

気になる彼に「今、何してた?」と聞いてみて、すぐに既読になり「暇だ」とか「何もしてない」と返事があるようならば、その場で突然の無料電話をしてしまいましょう。

それまでメッセージ画面だったのに、突然着信画面に相手は驚くと同時に、しばらく電話での会話が続いて、飲みに行くお誘いが自然な流れでできるかもしれません。

もし、既読になったのに、着信に出て貰えなかったら、「ごめん、特に用事はないの」と正直にメッセージを送りましょう。

下手に心配させてもよくありません。

LINEを使って上手に飲みに誘おう

LINEでの会話はお互いの表情が見えませんが、スタンプや絵文字が豊富にあり、その人の個性がでます。

素直に慣れない人は、これは活用しましょう。

彼にとって、あなたのLINEのメッセージが心地良い存在になれば「今度、飲みに行きませんか?」と誘うことも容易なことになっていくでしょう。