好きな人とLINEを長続きさせる方法

最終更新日:2017年1月3日

好きな人とはより多く話したり、コミュニケーションをとっていたいものです。

現在ではLINEなどのコミュニケーションツールが普及したこともあり、昔よりもやりとりがしやすい環境になってきました。

しかし、顔が見えない状況での会話は難しく、文章の意味だけに頼った会話をしなければなりません。

そのため、自分の意図したものとは違う意味で捉えられたり、返事が返ってこなくなってしまったりと、LINEでの悩みは色々なものがあるのではないでしょうか。

今回は、そんなLINEで辛い思いをしないために好きな人とのLINEを長続きさせるポイントをご紹介します。

1.クエスチョンマークを使ってみる

好きな人とのLINEをながく続けたいのであれば、クエスチョンマーク、疑問形といった、相手に質問する文章を送ってみると良いでしょう。

人は質問を受けると答えなければならないという心理が働くので、より返事をしてもらいやすくなります。

また、相手に質問するということは、あなたに興味があります、あなたのことをもっと知りたいです、というサインになります。

自分の事を知りたいと思ってもらうことは嬉しいことであり、もっと自分のことを話したいと思わせることができます。

そのため、クエスチョンマークを使った会話をすることは、LINEを長続きさせることにつながります。

しかし、あまりにも質問攻めをしてしまうと、相手は返信することに疲れていしまいます。

そのため毎回毎回質問をするのではなく、相手が好きなこと、話したいことに対して質問ができるようになると、よりLINEでの会話がながく続くでしょう。

2.文章を長くしない

LINEは簡単に送ることができるのがメリットであり、すぐに文章を読むことができるのもメリットです。

しかし、そんなLINEで長文を送ることは非常に大変であり、読んでいる方も長文を読むのは非常に疲れます。

疲れるLINEをしていると相手は返信をしたくなくなるので、LINEは長続きしないでしょう。

読む方の事を考えて、LINEを送ることが大切です。

また、読むだけではなく、長文のLINEは返事を返すのも困ります。

どの部分に対して返信すればいいのか、全部に対して返事をしなければならないのか、などと考えていると、非常に面倒なことに思えるでしょう。

LINEは手軽にコミュニケーションが取れる部分がメリットなので、できるだけ簡単なメッセージを心がけると良いでしょう。

LINEで文章を使った会話も普段の会話と同じように、話しやすさ、返事のしやすさが大切です。

心地良いテンポで会話ができると、自然にLINEは長続きするでしょう。

3.短時間で返信しない

LINEが帰ってきてすぐに返信してしまうと、相手もすぐに返さなければならないと感じてしまいます。

素早いテンポでの会話は楽しいものですが、同時に疲れてしまう会話へと繋がってしまいます。

LINEを長続きさせたいのであれば、例え返信できる状況でも少し時間を開けて、ほどよい間隔で会話を続けるのが良いでしょう。

また、人によっては、LINEをあまり使わない、LINEでコミュニケーションを取るのが苦手な人もいます。

そのような人に対して、素早く返信するのはプレッシャーになるので、相手のテンポに合わせて返信することを心がけましょう。

自分の話しやすいテンポではなく、相手のテンポに合わせることが、LINEを長続きさせるためのポイントになります。

4.返事が来るのを焦らない

LINEは既読が付くので、既読がついたら返信が来ると思いがちです。

しかし、なかには既読だけつけて後から送る人や、文章入力が遅い人もいます。

そのような人もいるのに、既読がついたのに返信が来ない、返信が遅すぎるなどと考えてはいけません。

もっと悪いのは、既読ついたのに返信が来ていない、などのように、相手に返信を催促してしまうことです。

人にはそれぞれのペースがあるので、催促をされることは非常に嫌な気分になります。

催促されると更に送りたくなくなるので、LINEは長く続かないようになるといえるでしょう。

なかには返信が遅い人もいるかもしれませんが、返事が返ってくるのを焦ってはいけません。

返事がないと、嫌われたのかな、面倒なのかな、などと考えてしまいますが、そんなことはないのです。

人には様々なペースがあり、都合があります。

相手の都合を考えて、返事を焦らないようにしましょう。

好きな人とLINEを長続きさせてみよう

好きな人とのLINEを長続きさせたいのであれば、相手のことを考えた文章を送ることが第一です。

自分よがりの文章になってしまうと、相手は返信に困り、会話を続けたいとは思ってくれません。

文章だけの会話は、顔を合わせた会話とは違い、表情などが見えないので難しいものです。

そのため、普段以上に相手のことを考え、楽しい会話ができるように心がけましょう。