彼氏と長続きするためのコツやポイント7選

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2016年4月12日

女性なら誰でも、彼とのいつまでも続く関係を願うもの。

それでも、付き合い始めたときには想像もしなかったようないろいろなことが、それを難しくしてしまいます。

上手に対処するのに役立つ幾つかのコツをご紹介します。

1.いつでも敬意の気持ちを失わないで

残念ながら、彼氏の弱点が気になることもあり、そんなときは相手を敬う気持ちなど持てなくなりそうですが、ここはとても重要なポイント。

たとえ冗談のつもりだったとしても、彼の弱点を人前で話したり、癖をくどくど述べたりすると、それは敬意を持っていないことになってしまい、それは彼の信頼を失う大きなきっかけになってしまうでしょう。

彼を大切に思う気持ち、「敬意」をどんなときにも失わないようにしましょう。

2.すぐ腹をたてない

付き合いの間には、彼があなた自身の言動を正すという場面も出てくるかもしれません。

あなたはすぐカッとしてしまうほうですか?
自分の言動について指摘された場合には、彼の言うことや考え方を否定したり、「自分は悪くない」と自己弁護したりするクセをやめましょう。

あなた自身が人として成長するきっかけになるような大切なことに気づかせてくれているのかもしれません。

彼の話に耳を傾けて、彼の気持ちを知るようにしましょう。

ケンカに勝つよりももっと大切なことがあることを忘れないでください。
彼の「心」を勝ち得ることが、何よりも大切なのです。

3.感謝を表わすクセを身につける

長く続く絆で結ばれる恋愛の特徴は、感謝されていると相手が感じられるようにしていることです。

ところが関係が続いてゆく間に、ここががおろそかになってしまうことがあるかもしれません。

もしもあなたが、「彼を大切に想っていることは通じているはず」と思い込んでしまっているのなら、すぐに取り組んでみてください。

その気さえあれば、すぐに実行できる大切なポイントです。

4.相手を許す心を持つ

許すことなくして相手との良い関係をキープすることは不可能です。

彼にも、あなたにも弱点があるということを忘れないようにしましょう。

許すことができないと、怒りの気持ちや、不信感が募るばかりで、二人の関係はどんどん破壊されていきます。

でも、同じ状況の下でも、もし許すことができるなら、それは彼との絆を強くできるチャンスです。

もしもあなたが、彼の感情を傷つけてしまった場合はどうでしょう?

すぐに立ち直ってくれるだろうと思わずに、仲直りするための一歩を踏んでください。
自分が悪かったと認めることです。

「ごめんね、わたしが悪かったと思う・・・」という一言がなかなかいいにくいものですが、
この言葉がいえるなら、彼の信頼と、仲直りしたときに味わう、あのほっとした気持ちを味わえるでしょう。

5.彼のクセが気になるとき

付き合いだして間もない頃は、彼のいいところばかりが目に入ってくるもの。
欠点やクセにはほとんど気づかなかったかもしれません。

今になって気になってきたその彼のそのクセは、本当に、致命的なものなのでしょうか?

もちろん、本当に改善しないといけないものの場合には、彼にそれを伝えることが親切なことで、彼のためにもなるでしょう。

でも、もしそこまでのものでないとしたら、最初の頃のことを思い出してみるのもひとつです。

彼のどんなよいところが好きで、付き合い始めたか、思い出してみてください。

例えば、あなたは今、彼がわりと、どたんばで何でもすることにいらいらしているとします。

昔は彼のそういう、枠にはまらないのびのびとしたところが好きだった・・・なんていうことはありませんか?
彼のクセがもしも小さいものならば、それを見過ごせる様になると良いでしょう。

クセや弱点にいったん注意を集中してしまうと、それは恐ろしいほどにどんどん大きく見えてくるものです。

彼を好きになるきっかけになったたくさんのステキな特質に注目するようにしてみてください。

6.彼の言動の裏を読もうとしない

彼があなたに、何か良い事をしてくれたとき、何か裏があるのでは?と思ったり、何かをごまかそうとしているのではないかと怪しんでしまいたくなるでしょうか。

彼が今まであなたにしてくれたよいことと、彼をそうするように促したはずの動機は何だっただろうと思い返してみるとよいかもしれません。

これはあなたが、だまされやすい人でなければならないということではありません。

彼を心から信頼する姿勢があって疑い深くないということです。

相手の行動を善意に解釈できるあなたは人として本当にステキな魅力を備えた人として彼の目にも映ることでしょう。

7.もしも言い争いになってしまったら

激しい言い争いになってしまったらもうこの関係は無理・・と思ってしまいそうですが、あきらめないでください。

ただ、このことだけは忘れないでください。

言い争いになってしまったこの場面で、あなたが目標とするべきなのは、自分の言いたいことを全部、ひとつ残らず言い放つことではありません。

彼に勝つことではなく二人で一緒に、問題を解決しようとすることを目指してください。

怒りの矛先を彼に向けるより、問題に矛先を向けるべきことを覚えておくなら、
事態をきちんとおさめ、ベストな仲直りができるばかりか、ここでもまた絆を強めることができるでしょう。

 

    「彼氏と長続きするためのコツやポイント7選」への感想コメント一覧

  1. 1. ぷりん2018/05/04(金) 17:12

    おつきあいを長続きするには、ある程度、強い度胸を備えておくと良いと思います。6)の”彼の行動の裏を読もうとしないこと”は有効な手段に感じます。互いに気分の良い距離感を作ることがポイントに感じます。

  2. 2. さわ2018/05/25(金) 10:31

    付き合う時間が長くなると、どうしても「自我」が出てしまいます。最初のころは相手を優先していたのに、だんだんと自分を優先するように。。。
    相手に対する敬意の気持ち、これは恋愛以外にも当てはまりますが、人間関係の全てのベースになりますね。

この記事への感想を書く