消極的な彼氏を積極的にする方法。ポジティブでリードする男性に仕立てよう

最終更新日:2016年4月12日

消極的な彼といたら何もかも自分で色々と考えて行動しないとならないですよね。
ある意味で自分でしたいことができるので楽と言えば楽なのかもしれませんが、それだとお付き合いしている意味があるのか?と疑問に思ったことはないでしょうか。

そんな彼を積極的する方法をご紹介します。

1.「ありがとう」と彼氏に言う

消極的な人の多くは自分に自信がない人が多いので伝える勇気がありません。
彼の話を聞いていると結構ネガティブな話が多くないでしょうか?

今まで勇気をもらう環境にいなかったのです。
だから勇気がでないのです。

勇気を与えるには「ありがとう」いう素敵な言葉なのです。
実はありがとうって奥の深い暖かい言葉なんです。

英語では「サンキュー」ですが「ありがとう」の方が言葉は暖かいのです。

「ありがとう」は人に勇気とパワーを与えてくれます。
自分自身も人から「ありがとう」と言われたら嬉しい気持ちになりますよね。

どんな褒め言葉よりも「ありがとう」は最高の言葉です。
言われるだけで考え方がとても前向きになる魔法の言葉です。

ちょっとしたことでもいいのです。
普段言わないことでも「ありがとう」と伝えてあげてください。


2.マイナス思考からプラスに話を持っていく

消極的な人はマイナス思考が多いものです。
ある意味用心深いのです。

「石橋を叩いて渡る」ということわざがありますが、石橋を叩いて叩きすぎて自分で壊しちゃうような性格です。
これでは、前に進めません。

話している口調も聞いているとマイナスなことが多いので、余計に自信なんてなくなってしまいます。
ただ逆なことをしてあげたらいいのです。

マイナスからプラスに会話をしましょう。
会話をプラスにするだけで不思議と楽しくなるし会話がポンポン弾みます。

そうすると必然的に積極的な考えになり積極的な言葉にもなってくるのです。

言葉とは脳で考えて発します。
ですのでまず、気持ちが大切です。

3.彼氏に共感をする

積極的になるには背中を押したらいいのではないか?
もしかしたら、もっと説教したらおおのではないか?
もっとはっぱかけたらいいのではないかな?
などと色々考えがちです。

しかし全ては逆効果になります。
そこで二人の恋愛も終わってしまうかもしれません。

男性はとてもプライドが高いのです。
自分より高いと思っておいた法がいいでしょう。

ですから精神的に煽ってしまうような言葉は決して言ってはいけないのです。
「私はあなたの味方ですよ」という意味で共感しましょう。

また、相手を否定してもいけません。
消極的な性格が更に消極的な性格になり自分に殻をつくってしまいます。

ただ、あいづちをして「オウム返し」とするだけで自然と共感体制に入るのです。
共感してもらっているだけでなんだか強くなったような気がするのです。

勇気がついたような自分自身でもそういった経験はないですか?


4.決して焦らさない

「背中を押すたらいいのではないか?」と考えがちで
「もっと勇気をだしなよ!」という言葉はNGです。

勇気が簡単に出せれは消極的な性格には今なっていないからです。
自分が逆に言われたらどうでしょう。

「イラッ」っとしませんか?

もともと消極的な性格な人が言われたらもっと消極的になってしまします。

5.彼氏の服装を派手にする

消極的な性格の人は暗い人が多いのです。

逆によくしゃべる人の服装は派手は人多くないですか?
消極的な性格の人は目立ちたくありません。

ですので服装も地味な色になりがちです。
よくしゃべる人は目立ちたいので派手な服装になりがちです。

そういう深層心理が実は働いているのです。
人間は見たものを脳でインプットして性格が作られるのです。

わざとに派手な服装をコーディネートしてあげましょう。
明るい色が特におススメです。

普段地味な服装の方が急に派手な色は抵抗されるかもしれないです。
ですが「似合うと思うよ」「気分転換にどう?」と話してみましょう。

3日間までは違和感があるかもしれませんが、3日たつとなじんできます。