彼氏が出張中で寂しい時に寂しさを解消する方法

最終更新日:2016年6月13日

社会人の彼氏と付き合うと学生の時とは違い、毎日会えるわけではありません。

また連絡も頻繁にとりあえずとも限りません。

さらに彼氏が出張で不在になってしまうと、とても寂しい気持ちになる女性はたくさんいるでしょう。

そんな時に、寂しさをどのように解消するべきかご紹介します。

1.友人との時間を楽しむ

寂しさの最大の解消方法は、彼氏がいない時、自分の時間を楽むことです。

彼氏がそばにいると、普段なかなかできないようなことをやり、楽しみながら気を紛らわせてみましょう。

例えば、普段はついつい彼氏の予定に合わせてしまいがちな人も、彼氏が出張中で不在ならば、友人と食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

案外、友人との時間も充実して楽しい時を過ごせるのではないでしょうか。

そして、そのように楽しい時間を過ごすことで、いい意味で彼氏のことを考えず、その時を楽しむことができます。

また女同士で会って食事でもしていると、話が盛り上がるでしょうから、あっという間に時間が過ぎていきます。

そして寂しさを忘れさせてくれるはずです。

なので、寂しい気持ちが高まった時は、友人に連絡を取り、食事などをしながら会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。


2.趣味の時間を作る

人それぞれ、さまざまな趣味があるでしょう。

普段仕事をしていたり、彼氏と一緒に時間を過ごしていると、なかなか自分の趣味に費やす時間が持てない人が多いのではないでしょうか。

彼氏が不在の時、こんな時こそ自分の趣味に没頭してみてはいかがでしょうか。

また、自分には趣味がない、という人がいます。

そのような人は、友人と話しているうちに、興味が湧いてくる話題に出会うことができたり、また友人から誘われて何かを始めることもあります。

したがって、趣味がないという人も諦めず、自分の周りに、何かいいきっかけが転がっているかもしれませんので、身近で趣味を見つける努力をしましょう。


3.普段やらないことに挑戦してみる

彼氏がいない時は、時間が十分にあるわけですから、普段なかなかできないことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

家の掃除や料理などでもよいでしょう。

または、何かリフレッシュをしたいと言う人は、旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

国内、海外旅行問わず、最近は女性の1人旅プランもたくさん出ていますので、日頃たまったストレスを解消したり、リフレッシュできる時間を過ごすと言うのも有意義な時間の使い方になるでしょう。

また、友人との都合が合うようであれば、友人と旅行を楽しむのもとても楽しく、彼氏がいない寂しさを忘れさせてくれるはずです。

普段なかなか旅行にいく機会がないと言う人ほど、これをオススメします。

きっといい時間を過ごし、さらに充実感を得られることでしょう。


4.自分磨きをする

特に社会人になると、女性も仕事が忙しく、なかなか自分のために時間を使える機会は少ないでしょう。

しかし、彼氏が出張で不在、こんな時こそ自分のために時間を使い、さらに美しさに磨きをかけましょう。

スポーツジムに行ってみる、ヨガの体験レッスンに行ってみる、エステに行ってみる、どのような自分みがきでも構いません。

自分のために時間やお金、そして労力を使い、キレイになる努力をすることに意味があります。

そして彼氏が出張から帰ってきた後に、少しでもキレイになったあなたを見て、さらに惚れ直してくれるような努力をしていましょう。

自分もリフレッシュができ、さらに彼氏からも惚れ直してもらえれば、一石二鳥でしょう。

普段、仕事の忙しさを理由に、自分磨きを後回しにしたりはしていませんか。

男性はわがままな生き物ですから、キレイな人やかわいい人、若い人に魅力を感じます。

他の女性に目を向けさせないためにも、あなたなりの努力をして、キレイさを維持することが大切でしょう。

このように、彼氏がいないとき、あなたが一人の時間を楽しめるということは、彼にとっても心配事が減り、仕事に専念できます。

社会人の男性は恋愛ばかりに気を取られているわけにはいきません。

全力で仕事をしなければならないわけです。

そんなとき、彼女の存在が重たく感じるようでは、その付き合い自体がストレスになります。

したがって、自分の時間を楽しんでるような女性に魅力を感じます。

自分の時間を楽しめる、そして彼氏に依存しない女性になるために、まずは上で述べてきたことを挑戦してみてください。

彼氏が出張に行って寂しい時に行動しよう

彼氏が出張に行っていることを寂しがるのは、大好きな証拠です。

しかしそれが、彼氏の重荷にならないよう、気を配ることも大切です。

彼氏が出張先で、頑張って仕事をしているのだから、私はわたしで自分のことに専念しよう。

そして出張から帰ってきたら、さみしかった分、たくさん甘えたり、デートすることを楽しみに、生活をしてみてはいかがでしょうか。