彼氏が束縛しなくなる方法。度の過ぎた束縛から解放されよう

最終更新日:2016年4月12日

束縛してくる男、自分のことを愛してくれていると感じますがその独占欲が度を過ぎると女性のストレスになったり男性を愛する気持ちがなくなってしまうこともありますよね。

度を過ぎる束縛は時として愛を邪魔してしまうのです。

大好きな彼だからこそ、過度な束縛はやめてほしいですよね。

そこで今回は彼氏が束縛しなくなるための方法をご紹介します。

1.同じことをさせてみる

束縛する彼氏の多くの場合、「俺はよくてもお前はダメ」「お前は男と話すな、俺は仕方ない」など女性だけを束縛して、自分は棚に上げているようです。

こういう場合は自分が束縛されたことがなく、束縛が相手にとって不快なことだということがわかっていない可能性があります。

また、束縛している多くの理由が「好きで他の男に取られたくないから」などです。

そういう場合は彼にも同じ思いをさせてあげればいいのです。

そうすれば「彼女がこんな不快な思いになっていたのか」と気づいてくれる可能性があるでよしょう。

「他の女と目を合わせたらイヤ」「私がいないときはすごくダサくしなくちゃいや」「女性のアドレスはぜんぶ消してSNSもやめてくれなきゃいや」などなど、自分が彼にされている束縛、それ以上のことを彼に言ってみます。

理由は「好きだから取られたくない」です。

そういう風に言われると彼氏も自分がいかに彼女を信用しておらず、バカなことを言っていたか気づいてくれるかもしれません。

ただし、彼がモラルハラスメントのような一面があったり、彼と自分の間に上下関係のようなものがあると家庭内暴力や彼が束縛を受け入れて束縛の加速なども考えられるため注意して行う必要がありそうです。


2.彼の不安に思っていることをやめる

彼が束縛したくなってしまうのは、あなたが常に男性が途切れないタイプだったり、男友達が多かったり、彼と出会ったのがナンパや合コンなどで自ら男性を求めるような出会いかたの場合のように「他の男に移ってしまうかも」と不安に感じてしまうのです。

なぜなら、自分との付き合うまでの恋愛のノリが軽かったから、すぐに好きな人ができるかもしれないと思ってしまいますよね。

弱の立場になって考えてみましょう、もし彼が常に女子に囲まれていて、彼女が絶えなくて、合コンに行きまくりだったら…束縛したくなりますよね。

それはお互い様です。

彼が不安に感じてしまう要素を少しずつ取り除いてあげましょう。

例えば「あなたと付き合うようになって本当に変わった」と愛を示すようにしたり、合コンや飲み会への参加を少しずつ減らして女性やオネエの方と多く遊ぶようにしたり…。

そのようにして彼の心の不安の要素を取り除いてあげることで彼はあなたを束縛しなくても自分を好きでいてくれるとわかれば束縛をすることをやめてくれるかもしれません。


3.自信を持って貰う

彼が自分の容姿や生い立ち、学歴などに自信がないと彼女を束縛してしまうことがあります。

なぜなら、自分にコンプレックスが強いと「自分なんかより他の男のほうがはるかに条件がよくて、そういう男たちが彼女に目をつけたら彼女が落ちてしまうのではないか」と感じてしまうからです。

それは彼のコンプレックスが強い場合もですが、あなたが彼にとってレベルの高い女性の場合も同じです。

彼が「自分にはもったいない女」とあなたのことを思っているほどとられたくなくて束縛してしまいます。

そんなときの対処法は彼に自信を持って貰うことです。

彼がコンプレックスに感じている部分もあなたが好きなことを彼に伝え、他の男になんて興味ないと伝えましょう。

また、彼から告白してきて「自分とは見合わない」と彼が感じている場合も彼のことを同じくらい自分も好きだと伝えることで彼に自信を取り戻させてあげましょう。

そうすることで、束縛していなくても、あなたが彼以外を好きにならないとわかってくれるでしょう。


4.正直に話す

もしも、大好きな彼の欠点があったら自分が我慢すればいいと思うのは間違いです。

結婚を考えるような彼であればあるほど欠点は指摘して話し合い二人で妥協することが大事です。

一方が我慢していればいつか限界が訪れます。

それは恋愛の破たんを意味し、場合によってはトラブルが起きてしまうかもしれません。

彼が束縛を始めて嫌悪感を感じたらすぐに「そういうの私嫌なの。

話し合いたい」と正直に束縛されるのが嫌だと意思表示をして彼と話し合いましょう。

どうして彼が束縛したいのか、なぜ自分が束縛されたくないのか。

彼が束縛するのには理由があるはず。

もしも、理由をしっかりとあなたに話すことができず、不機嫌になったり威圧するような男性は女性を自分の所有物にしたいだけのモラハラ男に変身するかもしれないので注意しましょう。

度の過ぎる束縛に対処しよう

以上、4つをご紹介しました。

度の過ぎる束縛はモラルハラスメントの始まりかもしれません。

いくら相手を好きでも、相手の嫌がることをするような恋愛はしたくはないものです。

付き合う前に「束縛が苦手」という話をしておくのが一番の予防策かもしれません。