片付けられない女性の特徴。部屋が汚くなる理由を探ろう

最終更新日:2016年2月23日

「片づけたい」という気持ちはあるのに片づけられない、そんな方に多い特徴をご紹介します。
当てはまる項目はありませんか?それがあなたの片づけ下手の原因かもしれませんよ。

1.物を捨てられない

「使うかどうかわからないけど、もったいなくて捨てられない」と色々な物をため込んでしまっていませんか?

もったいない気持ちはわかりますが、無駄な物を増やせばその分スペースを占領されてしまいます。

物をため込んで収拾がつかなくなってしまわないように、特に理由もなく保管している物を振り返って整理しましょう。

使い道が思いつかない、使う予定が全く無いものは思い切って捨ててしまいましょう。
最初は抵抗があるかもしれませんが、一度スイッチが入ってしまうと物が減って部屋が広くなるのが楽しくなりますよ。

不要なものが減れば必要なものを収納するスペースが増えるのです。
出来るだけ不要なものを溜め込まないように、「なんとなく、とりあえず、もったいないから」という理由で物を保管するのは止めましょう。


2.飽きっぽい

「やる気を出して掃除していたのに気が付いたら雑誌を読み始めていた」「物の置き場所を決めたのに、そこに仕舞わずに適当に置いてしまう」
そんな経験はありませんか?

掃除や整理整頓、最初はやる気があるのにすぐサボってしまって元の状態に逆戻り・・・
そんな飽きやすい方はいきなり最初から100%を目指さずに「これなら流石に私でも出来る」というところから始めてみませんか?

例えば、「家に帰ってきたら持ち物と上着は必ず元の場所に戻す」
これだけをまず守って生活をしてみて、それが身に付いたら別の目標を決めてチャレンジする、といったように何か1つ約束事を決めてそれだけを継続してみましょう。

せっかくきれいに片づけても維持できなければまたスタート地点に戻ってしまいます。
出来る範囲から着実にステップアップしていきましょう。


3.服飾品が多い

女性の持ち物で多くなりがちなのが洋服やアクセサリーといったファッション関連のアイテムです。
破れたりしない限りなかなか捨てることがない上に、毎シーズン新たな流行がやってきて欲しいものが無限に生まれてしまいます。

クローゼットに収まりきらず、追加で購入した衣装ケース等にも収まりきらない・・・そんな状態では持っていることを忘れたものはタンスの肥やしになるだけです。

「派手すぎる」「丈が短すぎる」「今の好みと違う」「何を合わせればいいのか分からない」等の理由で1年以上使っていないものは本当に必要なものなのかジャッジする必要があります。

不要なものはネットオークションやフリマサイトに出品する、古着のネット査定に出すなどして現金化すれば部屋は片付く上にお金にもなって一石二鳥です。

それが無理なら衣料回収に出してクーポン等に交換したり、寄付に回すことも検討しましょう。
古着のネット査定は金額が付けられないものを処分してくれるところもあるので捨てるのが面倒な方も安心ですよ。


4.完璧を目指そうとする

一見良いことのように感じますが、みんながみんな完璧な状態を維持できるわけではありません。
完璧に整理整頓された美しいお部屋は憧れてしまいますが、なかなか簡単にたどり着けるものではないのです。

あらゆる持ち物の置き場所をきっちり決めるのはそれだけでも大変な作業ですが、きっちり決めたとおりに出来なければ結局散らかってしまうため、片づけ下手の自覚がある方には危険な行為です。

一度着た服を置いておく場所、どこに仕舞えばいいか分からないものを置いておく場所など、片づけるのが苦手なものは一時保管場所を設けて逃げ道を作ってあげることも大切です。


5.急に「片づけたい熱」がやってくる

なんだか急にやる気が出てきて「今ならできる気がする!」といきなり掃除や整理整頓を始めた結果、中途半端なところで終了。
そんな経験ありませんか?

情熱に身を任せて作業するだけではなく、しっかり順番やスケジュールを考えて取り掛かりましょう。

まず場所や物をカテゴリーに分けてみる。
1つのカテゴリーで不要なものを処分する。
不要なものを処分出来たら残ったものの配置を決定する。
決めた配置にするために必要なものを購入する。
決めた配置に移動させる。
といった具合にスタートからゴールまでの作業を分割していつどこまでやるのかを考えた上で行動しないといつまでたっても中途半端な状態から抜け出せません。


6.全部1人でやろうとする

優柔不断な性格で、物は捨てられないし置き場所も決められないのに1人でやろうとしている。
どう考えても1人で片づけられる量ではないのに1人でやろうとしている。

そんな方は他の人に手伝ってもらうという選択肢を検討しましょう。

家族や友人を呼ぶことが出来ない方はプロに頼ってしまいましょう。
いっそお金を払ってプロを呼んでしまえばあとはプロに身を任せて作業すれば良いのです。
お金を払っている分お部屋の維持にも本気で取り組めるでしょう。

整理整頓する習慣を身につけて片付けられる女性になろう

物が散らかっているとそれだけでストレスを感じてしまうものです。

部屋がきちんと片付いていると気分も明るくなりますし、整理整頓する習慣が身につけば自然と不要なものを買わないように気を付けるようになります。
気持ちの良い空間を目指して一歩踏み出してみましょう。