一人暮らしの家をキレイにする簡単収納術!狭い部屋を収納でスッキリに!

家事最終更新日:2016年2月23日
モノを収納する女性

一人暮らしの家をキレイにするにはちょっとした工夫が必要です。
マメに掃除をしたり物を増やさないといった事に気をつけるのが大切なのです。

そして何よりも荷物を簡単に収納できるという事が、
一人暮らしの家をキレイにしてそのキレイさを保つ事になります。

今回はそんな一人暮らしの家を簡単にキレイに見せる収納方法についてご紹介します。

1.モノの種類を大まかに分けて収納する

一人暮らしの家を簡単にキレイにする簡単収納方法として、
モノをグループに分けて、箱等に入れて収納するという方法があります。

荷物はあれこれありますが、それをすべて事細かく分類して整理整頓をしようと思ってもそれはなかなか大変です。

だからといって種類を分けないでいると、
どんどん中身が分からなくなってしまい、
そのうち何があるのか把握できなくなってしまうでしょう。

例えば文房具なら文房具でひとつの箱などに分けて、
棚に入れるようにします。

箱はできればフタ付きなど
外側から中身が分からないようなタイプのものが良いでしょう。

種類を大まかに分けてさえいれば、
箱の中の整理は大雑把でもそれほど困らないですし
フタ付きなら中が見えないので、見た目も整然となります。

持ち物の種類を大まかに分けて箱に入れるだけなので簡単ですし、
パッと見た感じはキレイに収納されているように見えるので、オススメの方法です。

2.出し入れしやすいように収納する

一人暮らしの家をキレイにする簡単な収納方法の2つめとして
物を出し入れしやすいように収納するという手段があります。

洋服やキッチングッズなども、棚の奥の方に収納しようとしたりすると
どうしても出し入れしにくく、入れっぱなしや出しっぱなしになってしまいます。

収納したい時にスッと収納できるような、出し入れしやすい収納の方法を意識するようにしましょう。

家をキレイに保つためには出し入れしやすい収納にして、
物をさっと収納できるようにする事が物を出しっぱなしという状態にならない方法です。

3.掃除道具はサッと出せるようにしておく

一人暮らしの家をキレイにするには、
自分でキレイに掃除するしかありません。

しかしその掃除道具の収納はどうなっているでしょうか。
掃除をしようと思っていても、その掃除道具が出しにくかったりすると
なかな掃除をしようという気にはなれません。

掃除道具を出しやすく収納する事で
こまめに掃除をするようになります。

一人暮らしの家をキレイにするためには、
掃除道具を簡単に出せるように収納する事が大切だったりします。

一人暮らしの家は狭いからこそ、収納次第でキレイに

一人暮らしの家は面積がそれほど大きくないので、
収納を少し変えてみるだけで家の中のキレイさを保つ事が出来ます。
収納の方法を変えてみてぜひ快適な生活をゲットしてしまいましょう。

 

    「一人暮らしの家をキレイにする簡単収納術!狭い部屋を収納でスッキリに!」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。