結婚詐欺を疑うべき男性の特徴。ダマされないように注意しよう

最終更新日:2016年2月21日

一生に一度の結婚、女性にとっては憧れも強い方もいるでしょう。

女性の気持ちを弄ぶ結婚詐欺にあわないように、結婚詐欺を疑った方が良い男性の特徴をご紹介します。

これから付き合う男性の注意点とするのもありですし、今現在付き合っている恋人がいるあなたは当てはまる特徴が無いかチェックしてみてください。

1.共通の友人がいない

婚活パーティーやお見合い、ネットでの出会いなど、共通の友人等がいない出会い方をしている場合は要注意。

いくら個人情報を登録しているサイトなどの出会いであっても、相手の本当の素性が何も分からない出会いほど怖いものはありません。

蓋を開けてみたら、年齢や職業、住所、本名でさえ何もかも偽っていたなんて事になりかねません。

また、付き合ってから相手の友人や両親に会った事のない場合はさらに疑ったほうがいいですね。

最近では単独の結婚詐欺だけではなく、友人役、両親役などを雇って集団での結婚詐欺等もあるので、出来るだけ多く相手の友人から話を聞き、男性の話を聞き出してみる事が大切です。

たとえ相手の友人や両親に会えたとしても、話に一貫性がない、聞き出してみても曖昧な態度等であれば、一度相手を疑った方が良いでしょう。


2.ずば抜けて容姿端麗ではないが誠実

これは性別問わずですが、相手の信頼を得やすい人の特徴として、ずば抜けて容姿端麗である人よりも、親しみのあるような容姿の方のほうが信頼を得やすいものです。

そのため、結婚詐欺師=容姿端麗というわけではない事が多いです。

「この人が結婚詐欺師なはずがない」と思わせる事が出来たら、相手の思うツボ。

まさか自分が騙されるはずはない、結婚詐欺だったらすぐに気付くはず、なんて思っている人程、一度信用した人に対して疑いの目を向けない方が多いのも事実です。

ましてや、現在進行形で付き合っている相手であれば尚更、恋は盲目とはよく言ったものですが、本当に相手が信用できるかどうかは分からない事を常に心の片隅に置いてください。

3.付き合ってから結婚の話が出るのが早い

結婚詐欺の場合、付き合って数ヶ月程度で結婚の話を持ち出す場合が多いです。

短期間にお金を騙し取りたいから、というのもありますが、結婚にあたって必要な費用、引っ越しや同棲資金として、あなたの職業や収入、貯金額、実家の資産等のお金の話をスムーズに聞けるからです。

それによって、どの程度の期間で最終的にいくら程度騙し取れるのか、等を考えているからです。

まだ付き合っても無い、結婚もしていない相手に素直にこちらの貯金額や収入を伝えるのは危険すぎます。

たとえ結婚詐欺ではなかったとしても、相手に借金がある可能性等もゼロではないです。

自分の身を守るためには、簡単に自分の情報を開示しないようにしましょう。


4.写真に写りたがらない

詐欺師だけでなく、なにかしら後ろめたい事をしている人は、できるだけ証拠となり得るものを残したくないものです。

ターゲットからお金をだまし取った後、警察に被害届けを出される等、自分の不利になりそうなものは徹底的に残さないようにするはずです。

単に写真が嫌いという方も居ますが、なるべく自分との思い出を残さないようにしていると感じる男性は要注意です。

自分だけで判断が難しいとのことであれば、友人に相談してみて第三者目線での意見を聞くのが得策です。

端から見ても「それはおかしい」といわれるようなものがあれば、自分が被害者になる前に、一度彼との関係を見直してみる事をオススメします。

5.会社経営者、大手企業役員等の高収入男性

普段からブランドものをさりげなく身に付けていたり、車や小物に至るまで見るからにセレブな男性や、女性に対しデートで高級ディナーや高価なプレゼント等を頻繁に渡してくる男性は要注意。

徐々に親密な関係になるにつれて「新しい事業立ち上げの資金がいる」「最近会社の経営がうまくいっていない」「海外出張中に鞄を盗まれてしまって日本に帰れない」など、一時的にある程度まとまったお金が必要であるという口実を作るのにもってこいの肩書きに見せる事が出来るからです。

また、男性側の収入が安定していると信じきっていれば「他人からお金を騙し取る必要がない人」だと思って信用してしまいますよね。

玉の輿を狙っている女性にとっては好条件な男性かも知れませんが、もし結婚詐欺師だったとしたら、泣きを見るのはあなたかもしれません。


6.会社の住所や連絡先を教えない

勤務先や自宅等の住所や、男性側の情報に明確なものがない場合は、たとえ結婚詐欺ではなかったとしても限りなく黒に近いです。

本当に実在する会社なのかも分からなければ、彼が本当に仕事をしているのかさえ怪しいものです。

ましてや、お付き合いしているのにも関わらず、自宅の住所も教えてくれないとなれば、もしかしたら既婚者である可能性もあり得ます。

相手の情報に少しでも疑問や違和感を感じたら、きちんと相手に聞くのが得策です。

気のせいだろうなんて流してしまうと、後々痛い目を見るかもしれません。

7.お金以外の弊害がない

何かしらの理由でお金を要求してきます。

また、要求の仕方も男性側から「お金を貸してほしい」等と持ちかけるのではなく、被害者である女性から「私がなんとかしようか?」と切り出させるように仕向けるのです。

付き合い始めは何もかも順調にいっていると思わせておいて、お金が必要な問題が出て来た頃から、仕事が忙しいといって会える機会が減ったり、連絡が取れない事が多くなったり、疲れていて気分じゃないと体の関係も少なくなったりと、女性側に「仕事がうまく行けば、お金があれば」と自ら思うようにマインドコントロールをします。

今現在付き合っている男性との関係で「お金以外の弊害がない」というのであれば、結婚詐欺を疑った方が良いかもしれません。

結婚詐欺師の特徴を知って対策しよう

今回は7つの結婚詐欺師の特徴をご紹介しました。

あなたの恋人に当てはまるものはありませんでしたか?これから結婚を意識したお付き合いを始めるというあなたは、結婚詐欺被害者とならないように気をつけてください。

もし、相手を少しでも怪しいと思ったら、すぐに自分の身近な人や家族、弁護士に相談しましょう。