性格が悪い男性の特徴。批判的でプライドが高い

最終更新日:2016年2月21日

異性を好きになるきっかけはいくつもありますが、まず目が行くのは容姿でしょう。

しかし容姿で人を好きになり、のちに相手の性格を知って幻滅してしまうこともあります。

ここではそんな性格が悪い男性の特徴についてご紹介します。

1.批判的な男性

まずは批判的な男性です。

男性はプライドが高いと一般的に言われます。

それはもともと女性が受動的であるのに比べて、男性は本能的に能動的であることが理由として挙げられるでしょう。

今でこそ男女平等と言われていますが、少し前まで男女の間で男性が上、女性はそのサポートという関係が当たり前の様に出来上がっていました。

その為男性には自分が正しいという考えが植えつけられている為、プライドが高いと考えられています。

例えば職場で同僚が褒められているとします。

そんな時に周囲も「~さん、すごいね」という声に対して、「でもあいつって~だから」とわざわざ全然関係のない話を持ち出して、周囲の評価を下げようとするような男性はまさにこの特徴に当てはまると言えるでしょう。

又は女性と話している時に「女性ってすぐ~するよね」という様な批判的な言い方や、何かしてる人を見て「~する人って嫌い」という風に本人の目の前で口に出してしまう人もこのタイプであると言えます。

意見が食い違うことは誰にでも起こることです。

しかしそれをわざと相手に聞こえる様に言ったり、意見が違うことを受け入れられなかったりという人は、周囲に嫌な思いをさせていることに気づいていない可能性もあります。

口癖が「でも~」という人や、素直に人を褒めないタイプの人はこのタイプの人が多いので注意が必要です。


2.人によって態度を変える男性

次は人によって態度を変える人です。

このタイプの人は自分よりも弱い立場の人には強くいうのに、上司等目上の人には人一倍こびへつらうという傾向があります。

例えば、飲み会が行われた居酒屋さんで、店員さんのオーダーミスがあったとします。

間違いは誰にでも起こることですので、本来ならそれほど深く考えないことも、まるで鬼の首を取ったかの様に店員さんを責めたてる様な人はこのタイプの人です。

しかし上司にはグラスが空いていないか常に気を配ったり、好きな女性には料理を取り分ける等の人は要注意です。

好きな人を落とすまでは必死に自分を良く見せようと頑張る傾向にありますが、店員に対する態度が結果として、付き合って好きな人が自分のものになった時のあなたへの態度を表していると言えます。

又は、会社でも仲良くして利益になる人を見極めている様な人も注意が必要です。

普段は全然電話を取ったり、進んで会議の準備をしない男性が急に電話を取ったり、会議の準備を手伝いだしたら、その目的に注意してみましょう。

上司にとって重要なお客様の電話番号を覚えていて、取り次いだり世間話をするために他の電話は出ないのに特定の電話だけに出る人、自分の出世のカギを握っている上司が参加する会議だけ準備に参加して評価をあげようとする等、人によってだけでなく目的によっても態度を大きく変える人は性格が悪い男性の特徴であると言えるでしょう。


3.言い訳が多い男性

次に言えることは、言い訳が多い男性です。

仕事上や人間関係において、失敗やミスは誰にでも起こります。

そんな時に言い訳が多い男性にも注意が必要です。

なぜなら言い訳=本当のことを言っている場合もありますが、その場しのぎの嘘の場合もあるからです。

良く少し何か注意されただけなのに、ものすごく攻撃的になる人がいますが、実はそういう人こそ攻撃に弱い人であるとは良く言われます。

本来であれば聞き流すか素直に謝る、もし相手が間違っていれば聞き流すか冷静に「それは違う」ということを伝えればいいだけです。

しかし注意されたことで動揺し、焦ることで攻撃的になってしまうのです。

これは言い訳にも言えることです。

本当に間違っていることを言われているのであれば、冷静に間違いを指摘すべきですが、急に上司に叱られて動揺し「でも~だったんです」等と言い訳をしたり、「今やろうと思っていました」等という人は性格が良い男性とは言えません。

恋愛や人間関係においても、誕生日をすっかり忘れていても「覚えてたけど、忙しくてプレゼントを買う時間がなかった」等自分を守る言い訳をする可能性があるからです。

間違いは素直に認めることが大切ですし、誠実な態度です。

それを言い訳が多い男性は、自分を守るためなら嘘を平気でつく男性である可能性があり、性格が悪い男性の特徴であると言えるでしょう。

性格が悪い男性を見抜こう

性格が悪い男性の特徴をご紹介しました。

容姿は完璧でとても自分の好みである男性でも、彼の言動を良く観察してみましょう。

もし上記の特徴に当てはまる男性なら注意が必要です。