結婚式に呼ぶ友達がいない時の対処法

最終更新日:2016年2月21日

海外に引っ越してしまった・地方の友達が多く呼べない・いじめなどの被害にあっていて友達ができなかったなど様々な理由で結婚式に呼べる友達がいないという方も多いのではないでしょうか。

結婚式のイメージと言えば新郎新婦の友達が大きな会場に集まってわいわいするイメージなのでどうしたらいいか悩んでしまうでしょう。

そこで今回は結婚式に呼ぶ友達がいない場合の対処法をご紹介します。

1.家族挙式にする

姑などの彼の親類に「お嫁さんはお友達が少ないのね」と思われたら、その後の自分の人間性を疑われて嫁いびりの原因になってしまうのが一番怖いかも知れません。

そんな時に友達を呼ばずに済む結婚式は少人数で行う家族挙式です。

家族挙式では少人数で行うので両家の家族と近親者で行うことになります。

そうなると新郎新婦の友達を呼ぶ必要はない…むしろ呼べないので相手方の家族から友達が少ないと文句を言われる必要がありません。

また、人数が多いので華やかさには欠けますが、大人数の出欠席や料理、ホテル代などの負担が軽減されるので場所のグレードアップを出来たり家族でグレードアップした美味しい料理などに設定ることができるくらいの余裕ができるかもしれません。

最近では家族だけで行う結婚式もスタンダードなものになりつつありますし、結婚する相手と話し合った上で家族だけで行うことになれば友達がいなくても支障なく進むでしょう。


2.二人だけで挙式する

ハワイやグアムなどにハネムーンと挙式を一気に行ってしまうという方法もあります。

というのもこの海外挙式は会社が大きかったり友達が多い人も挙式の費用が掛かりすぎてしまって結婚式を開きたくないのでみんなが参加しにくい海外で…というパターンもあるように、海外で挙式をすると友達も長く休みは取れないので参加できなくなります。

友達が参加できないというのは友達がいない人にとっては好都合でしょう。

それに、ハネムーンも挙式も二人っきりで気を遣わずに行えるので親類の目が気になる人にはもってこいの方法かもしれません。

ただ、挙式に参加できないとなると両家の親類から文句がでることもあるのでそういった場合は両家のあいさつを含めて会食の席を家族で儲ければOKだそうです。

家族挙式に比べると少し経費がかかるかもしれませんが、ハネムーンも同時に行くことができる点を考えたら人生に一度の出費なので出してもいいかもしれません。

ただし、妊娠している場合や乳児がいる場合は赤ちゃんや小さい子供にとって海外渡航は負担になりますし、いくらハワイなどの日本人が多い土地とは言え治安や衛生的な不安も抱えるため控えたほうがいいかもしれません。


3.座席表に友人枠を作らない

新郎新婦が呼んでいるのが友人かどうか親類が見極めるのは座席表でしょう。

座席表に「新婦友人」などという風に書いてあれば「新婦さんの友人が少ないのね」と思われてしまうかもしれません。

そのため、その座席表の名称を工夫するという方法もあるそうです。

「新婦側来賓」などと言う風に会社関係なのかわからなくしてしまうという方法で、座席表には名前が書いてあるので混乱することはありません。

プランナーさんなどに相談してみると友達が少ないのが分かりにくいように一緒に工夫して考えてくれるので相談をしてみましょう。

無理に友人として知り合いを呼んでしまうと、欠席者が相次いだりしてさらに「友人が少ない」ことが分かってしまうので無理に呼ぶことだけは避けた方がいいかもしれません。


4.代行を頼む

呼べる友達が少ないことを旦那さんにも言えない・友人を呼んだ盛大な結婚式を新婦側の両親が強く望んでいるなどの場合は、代行サービスなどを利用するという方法があります。

便利屋さんや代行などでは新婦の友人の役をこなしてくれる場合があります。

新婦側がこっそりと頼めば旦那さんに内緒で行ってくれることも…。

代行などのギャラは2万円~で一人雇うことができます。

というのも、人数合わせなどであまり親しくない友達を呼んだり、会社の人を招待したりするとトラブルが起こることがあるからです。

結婚式では平均3万円ほどのご祝儀が必要になり、さらにドレスや美容院など招待される側にも出費がかさんでしまいます。

親しくない人や嫌いな人などの結婚式に数合わせで呼ばれるとよくない噂をながされたり、結婚式の場などでお酒を飲んで騒いでしまったりと心からお祝いしてくれない人がいると厄介ですよね。

そのため、そういった人を呼ぶよりもお金を払って代行や便利屋にお願いをしたほうがいいでしょう。

結婚式に呼ぶ友達がいなくても大丈夫

結婚式で友達が少なくても工夫すれば友達が少ないことを親類にばれずに行うことができるでしょう。

引っ越しや帰国子女などの場合は正直に親類に話しても問題はないかと思いますので新郎と相談の上新郎の友人を多くしてにぎやかにしてもらうなどしてもらってもいいかもしれません。