結婚式二次会で盛り上がるゲーム4つ

最終更新日:2016年2月21日

二次会の幹事などを任されたときに二次会を盛り上げるイベントとして何か「ゲーム」を考えなければいけないでしょう。

結婚式の二次会の規模や会場にもよりますが盛り上がるゲームをやってあげることは新郎新婦にとっての一生の思い出になるので真剣に考えないいけませんね。

そこで今回は結婚式二次会に最適なゲームをご紹介します。

1.ビンゴ

大定番と言えはこの「ビンゴゲーム」でしょう。

量販店などでビンゴセットを買うだけで特別な機会は必要ありませんし、景品をかけて大いに盛り上がるゲームでしょう。

さらに、ビンゴでは恥ずかしくて参加できない人はビンゴしてないふりをすることができるので恥ずかしがり屋の方やゲームなどのノリが苦手な方は傍観できるというやさしさもあります。

ビンゴゲームでは幹事が数字を読み上げて参加者がビンゴするかどうか楽しむだけですし、新郎新婦も参加して楽しむこともできます。

景品は一等、二等と分けて高価なものを用意しても良いですし、ビンゴの順番に好きな景品をもらっていく形や、景品の中身が見えないようにラッピングして選ぶという景品の渡し方でもギャンブル感があって盛り上がること間違いなしかも…。

景品に関してはお金がある程度かかってしまうので新郎新婦と値段や出費の相談をしましょう。


2.絵心ゲーム

よくバラエティ番組などでも見ますが「絵心」を競ってみるのも楽しいでしょう。

まずはスケッチブックとマジックを用意して大きな会場であれば画面に映し出せるようにしておくとみんなが見られるので便利です。

小規模な場合は大き目のスケッチブックであればOKです。

新郎新婦か幹事が絵を描く「お題」を用意します。

そしてクジか指名で二~五人ほど選出します。

お題を1分程度で書いてもらい一番うまかった人に景品を渡すなどしてゲームにしましょう。

さらに、すべての絵心ゲームが終わった後に「新婦賞」「新郎賞」「幹事賞」「下手ウマ賞」などの優秀賞を用意しておくとさらに大会が盛り上がるでしょう。

会場が大きいとスクリーンを借りる必要がありますが、基本的にはスケッチブックとマジックペン(5色程度あるといい)、景品で済むので参加者だよりのゲームと言ってもいいかもしれません。

二次会なので多少お酒が入っていて手元がおぼつかなくなっていたり、テンションが高くなっているのもこの絵心ゲームが面白くなる要因なのかもしれません。


3.メイク対決

新郎・新婦チームに分かれて代表の男性(幹事でもよし)にそれぞれメイクをして、そのメイクがうまかった方・面白かった方が賞品を手にするゲームです。

女性も積極的に参加できるので男女一体となって盛り上げれるゲームの一つです。

化粧品は100円均一などでメイク道具からつけまつげ、ヘアゴムなどメイクアップ用品が一式そろいますので経費が掛からないところも長所。

さらに、ふき取るタイプのメイク落としを持っていけば元通りになるのでものがかさばったりゴミが出ないのもいいですね。

男性が女装するのは鉄板で受けますし、お酒が入っているのでみんな笑いのハードルが低くなっています。

面白い系のメイクでも本気の可愛いメイクでも男性がメイクをすれば面白いですし、男性と女性の距離も縮まるので二次会に出会い目的で来ている方たちにとってもうれしいイベントになるかもしれません。


4.新郎・新婦クイズ

新郎・新婦クイズと言うのは、何人かのチームに分かれて、新郎と新婦の身の上に関するクイズを当てるゲームのことをいうそうです。

親交を図るためにできるだけ新郎側と新婦側の友人が半分ずつのチームにするとよいでしょう。

新郎の出身校や新婦との出会い・二人の好きな映画など二人に関する簡単なクイズからコアな問題までそれぞれのチームがお互いに考えを出し合って協力することで親交が深まるのです。

そして、最後まで正解したチームには景品などを用意しておくとさらに盛り上がるので用意しておきましょう。

パワーポイントなどでクエスチョンやアンサーなどをスライド形式にして作っていくとわかりやすいですし、幹事も仕切りやすいのでオススメです。

事前に出す問題については新郎新婦との打ち合わせて確認をしておき、答えになる証拠の写真のデータなどをもらっておくとクオリティの高いクイズを作ることができるのでオススメです。

チーム分けなどは事前に座席表などで作っておくと楽なので「こちらでチーム分けはさせていただきました」と説明をするだけで盛り上がること間違いなしかもしれません。

二次会をゲームで盛り上げよう

これ以外にも二次会を盛り上げるゲームはたくさんあるようなので二次会の参加者の年齢層や会場の規模などに合わせて柔軟にゲームのやり方や景品などを考えると参加者にとっても新郎新婦にとっても楽しいゲームになるかもしれません。

また、幹事が忙しくなるようなゲームなど幹事に負担がかかるのは避けるようにしましょう。