結婚式の余興で歌うとウケる曲7つ。幸せな気持ちを歌おう

最終更新日:2016年2月21日

結婚式での余興は、お二人を祝福する大切な時間。

そんな時間だから、かならず会場にいる全員に喜んでほしいですよね。

1.ハッピーサマーウェディング(モーニング娘。)

少し昔の曲ですが、大ヒットしたので多くの方が口ずさめる曲です。

今時の曲は知らないというご年配の方でも、明るいメロディーに思わず楽しい気分になるはずです。

歌詞の中には、お父さん、お母さん、というフレーズが入っているので、お二人のご両親も喜んで聴いていただけるのではないでしょうか。

そして、この曲を歌う時には是非振り付けつきで歌ってみましょう。

楽しそうに歌うことで、お二人を祝う友達からの気持ちが必ず届くはず。

みんなでたのしい雰囲気をつくりあげる、そんな一曲です。


2.愛を込めて花束を(superfly)

相当な歌唱力が必要な曲ではありますが、歌い上げた時、会場は大いに盛り上がるに違いありません。

キーをさげたりして、上手く歌えるように練習をしていきましょう。

今日の日までに練習をしてくれたんだということが伝われば、より一層嬉しさが増します。

メロディがとてもキレイなので、胸にグッときて花嫁さんは思わず泣いてしまうかもしれませんね。

余興といえば、賑やかな出し物が多いですが、すこし大人の二人の結婚式の場合、こんなしっとりとした曲で、お祝いの気持ちを伝えるのも素敵です。

余興の最後に花束を渡す、そんなサプライズと合わせて歌っても喜ばれそうですね。


3.糸(bankband)

名曲なので、老若男女問わず会場の雰囲気がひとつになるでしょう。

一人で行う余興でも、ギターを弾いて唄われたら誰でも感動してしまいます。

運命によって今日という特別な日を迎え、結婚をする二人の、これからの幸せを願う気持ちが伝わる一曲です。

結婚して数年後、ふと、この曲を聴いた時に、余興のシーンが思い出される、そんな素敵な思い出になるはずです。

ご両親からしたら、自分の子供が赤ちゃんだった頃からを思い出してジーンと胸に響くでしょうね。

曲の最後「逢うべき糸に出逢えることを人は仕合わせと呼びます」と締めくくられるのもいいですね。


4.キラキラ(小田和正)

深津絵里さんと堤真一さんが出演していた高視聴率ドラマの主題歌にもなった、小田和正さんの曲です。

小田和正さんの数ある素敵な曲のなかでも特に結婚式にぴったりの一曲です。

イントロのキラキラとしたメロディーは女子たちの胸をかならず高鳴らせるはず。

結婚をすることがゴールなのではなく、結婚することで、これからはちはだかる色々な壁にも二人で立ち向かっていける、歌詞の中からそんな強いメッセージを受け取れる曲です。

これからはじまる人生を想像するとワクワクしてしまってしかたがない、そんな二人のために贈る余興にぴったりですね。


5.いい女(ウルフルズ)

この曲は是非男性の方に、余興で歌ってほしいです。

ようやく手に入れたいい女(お嫁さん)をこれから沢山幸せにしてあげてほしいという気持ちを込めて歌って下さい。

この曲のラストには「だけど一つだけ言いたいことは…○○○」と、好きな言葉を歌える箇所があるのですが、そこは旦那様にマイクを向け、隣にいるいい女に対して一言もらって下さい。

旦那様への突然のサプライズにしても良いでしょう。

驚きつつも「大好きだよ」なんて一言があったら盛り上がるでしょうね。


6.butterfly(木村カエラ)

すっかり結婚式ソングとして定番となったbutterfly。

木村カエラさん自身が、大親友が結婚する時に結婚式の会場で歌ったというエピソードも有名ですよね。

今までのあなたをずっと知っているけれど、今日のあなたは今までのどんな時よりも本当に美しいよ、という気持ちで、お嫁さんに向かって歌ってあげてください。

いつもはふざけあってばかりいる友達からこんな風に歌われたら、こんなに幸せなことはないし、これからも一生の友達でいられるに違いありません。

女同士の友情に、会場も盛り上がるでしょう。


7.365日(Mr.Children)

誰もが胸にグッとくる曲で、実際に、最近の結婚式でもよく使用されています。

これからの人生、その365日を大切な人と過ごせる喜び。

それを結婚する二人には忘れないでいてほしい曲です。

ラストに向けて盛り上がる曲なので、余興をする人は心を込めて歌い上げてください。

この曲の中には「ひとりきりのほうが、気楽でいいや」という歌詞があります。

確かに今まではそうだったかもしれませんが、それよりも大切なお互いのパートナーを選んだということを、二人が再確認できる曲でもあります。

結婚式の余興でウケる曲を歌おう

どの曲も、素敵な歌詞に、素敵なメロディーですよね。

幸せに包まれた華やかな結婚式にぴったりです。

友人数名で歌っても、一人で歌っても、どんな形であれ、祝福する気持ちが伝われば会場は必ず盛り上がるでしょう。