結婚式二次会の幹事をすることになった時にすべきこと

最終更新日:2016年2月21日

仲のいい友人や会社の同僚、親類などから「結婚式の二次会の幹事」を頼まれることがあるでしょう。

初めて頼まれると、結婚式の二次会とは何をすればいいかわからなくなってしまいますよね。

結婚式という節目を台無しにするわけにはいかないのでプレッシャーも大きくなりますよね。

そこで今回は結婚式二次会の幹事をすることになった時にすべきことをご紹介します。

1.最低2人は協力を仰ぐ

幹事を頼まれた時に自分一人だけ頼まれるということがありますが、結婚式の二次会と言うのは人が多くとても一人では管理しきれませんし出し物などのイベントを考えるのも一人では難しいでしょう。

結婚式と言うことでほとんどの方が社会人になると思いますので仕事をしていればそれらの準備にかかわる時間は必然的に少なくなってしまうでしょう。

そのため結婚式の幹事の二次会の幹事を頼まれたのであればまずは協力者を探しましょう。

最低でも2人以上は幹事を一緒にやってくれる人を探し、もしも自分だけでは見つからない場合は新郎新婦にお願いをしてもう一人誰かにお願いをしてもらうとスムーズに幹事を探すことができます。

幹事が2人以上いればお店探しの幅も広がりますし、連絡や欠席の有無なども取りやすくなります。

また、新郎側と新婦側で2人ずつ幹事がいると尚いいでしょう。

というと、新郎側の友人や会社の人を新婦側の友人は知らないことが多く連絡先などを聞くことができないのでスムーズに連絡を取りにくいからです。

そのため幹事を任せられたらまずは、協力者を新郎側・新婦側ともに探しましょう。


2.顔合わせをする

幹事を何人か集めたら、二次会の打ち合わせをします。

もちろん主役は新郎新婦なので新郎新婦主催で打ち合わせ会をしましょう。

決めることは様々です。

まずはお店のコンセプトや料理、値段や時間などを打ち合わせます。

それに合わせて幹事はお店探しや情報集めなどをするので必ず行いましょう。

この際にどんなイベントを行うかも決めてしまい、ビンゴなどがある場合景品等の細かいことも行うと楽になるかもしれません。

また、新郎側の幹事との初顔合わせになる場合はそこで親交を深めておくとスムーズに進みやすいのでオススメです。


3.LINEグループを作る

幹事全員と新郎新婦がスマホなどを持っている場合はLINEグループを作ってしまうと楽に連絡が取れるでしょう。

細かい修正やお店の情報もLINEでお店のHPなどを添付するだけなので簡単にどこでも全員が情報を確認できますし、お店の予約などをとったなどの確認もLINEに書き込みと言う形で報告ができるのでどこにいても打ち合わせや報告会ができることになります。

幹事グループの中に知らない男性がいて連絡先を教えるのに抵抗がある場合などにこのLINEグループは効果を出してくれるので便利という利点もありそうです。


4.打ち合わせで決まったことを書き出す

結婚式の二次会で懸念しなければならないのが「ぐだぐだになってしまうこと」です。

幹事が持ち回りで司会をすることが多いので幹事は行うイベントなどを細かく記載したレジュメを用意しておきましょう。

それに従って司会進行をするようにすると時間が伸びてしまったりグダグダになるのを防ぐことができそうです。

また、規模が大きく会場などを貸し切って行う際は会場の担当者などにこのレジュメをあらかじめ渡しておくと万が一の時に協力を得られるかもしれません。

なによりも、幹事全員が何時に何をどのように行うのかを可視化して理解しておくことが大事なので幹事の中の誰かが文字に書き起こしておきましょう。


5.知り合いの店でやる場合は前もって挨拶を

二次会の規模が小さく、知り合いのお店などを貸し切って行う場合は事前にあいさつを済ませておくといいそうです。

新郎新婦だけでなく実際に二次会の計画や仕切りを行う幹事があらかじめ挨拶をしておくことで、万が一迷惑をかけてしまったときも新郎新婦の印象が最悪になってしまうことを防ぐかもしれません。


6.当日に無線などを借りる

大きな会場などを使い際は二次会でお酒などが入ると収拾がつかなくなってしまうことも…。

そんな時に役に立つのが無線です。

居酒屋などで店員さんが付けているインカムなどもその一種ですが大変高価なので会場が貸出をしている際は借りて幹事は使用するようにしましょう。

そうすると、広い会場ですぐに連絡が取れるのでオススメです。

借りれない場合や小さい会場の場合は必要ありませんが、会場が大きくなってしまう場合は打ち合わせの時点で新郎新婦と費用について相談して起きましょう。

結婚式に二次会感じをきっちりやろう

結婚式の二次会の幹事はやることがかなり多いようですね。

何よりも時間と労力が計画から当日までかかるので何人にも協力を頼んでおくようにしましょう。

また、三次会の幹事などは別の人に頼んでもらうなどして自分の負担は軽減するなどしたほうがいいかもしれません。