器用貧乏な女性の特徴。NOが言えずこだわりがない

最終更新日:2016年2月21日

人を表す言葉には様々な表現があります。

本来褒める意味の表現でも、悪い意味として使用される事があります。

その代表的なものが「器用貧乏」です。

器用貧乏とは、何でも器用にこなす割に大成しない、様々なものに手を出しながら最後まで達成できない人を指します。

ここではそんな器用貧乏と思われる女性の特徴についてご紹介します。

1.NOが言えない

器用貧乏である人の特徴として、NOと言えない女性であるということが挙げられます。

「器用な人」というと何事もうまくこなせる人という意味ですが、貧乏という言葉がその後に続くと器用なのにそれで大成せずに結果翻弄する結果となるという意味合いに変化します。

器用な人が本来ならそれを極めれば大成するはずなのに、そこで器用貧乏となってしまうにはその人の性格が大きく影響を与えていると言えるでしょう。

例えば仕事上で、経理の仕事を専門にしながらも器用に新人教育やファイリング・整理等をこなす女性がいるとします。

専門の分野以外でも言われれば何でも人並み以上にこなすことができる人は「器用」な人です。

しかし一方で器用だからこそ、今度は経理の仕事ではなく新人教育を専門にしてくれないか、総務の仕事で皆のサポートをしてくれないか、とその器用さを買われ自分がやりたい分野以外を任された時に、「NO」と言えない人は会社に上手く利用されてしまう人です。

もちろん仕事では簡単に「NO」と言う事は難しいですが「今は一旦そちらの仕事に移っても、経理の仕事からは離れたくありません」「期間を区切って頂くことはできますか」等とこちらから意見を言ったり、お願いをする形で伝える事はできます。

しかし相手に何かを依頼されたらNOと言えない女性は結果として自分がやりたかった事や最も得意な分野から外れ、手が足りない分野を転々とする結果となります。


2.こだわりや向上心がない

次に言える事はこだわりや向上心がない女性であると言う事です。

例えば仕事やプライベートで行っている趣味でも、自分が上達してきたり理解できなかった事が理解でき始めると楽しくなるという事は、多くの人が経験しているのではないかと思います。

そうするとこのままこの道を極めてもっと上のポジションを目指そう、転職をして給料アップを目指したい等と考える様になっても自然です。

しかし器用貧乏と呼ばれる人はその様な向上心がない人である可能性が高いと言えます。

あるいは何でも器用にこなせるからこそ、この道でなくてもいいというこだわりの無さの表れである可能性があります。

逆に不器用な人や好きなもの、打ち込めるものが限られている人にとっては長年打ち込んでやっと自信が持てる様になったもの、例えばゴルフの様な趣味や仕事でのITの分野や英語等があれば、これならこの先も今までの様に苦労せずに続けていける、楽しく極める事ができるともっとその分野に費やす時間を増やす事が考えられます。

または将来は絶対に人にありがとうとダイレクトで言われる様な仕事がしたい、というこだわりを持つ人ならば、同じ様に自分が得意な分野の中から最もその理想に近い道を選ぶ事でしょう。

しかし物事にこだわりがなく向上心もない人であれば、どれがうまくできようとその1つの分野に集中せずに次、また次と機会があればすぐに他の分野に移ってしまうという特徴があると言えます。

器用貧乏な女性はそんなこだわりがない女性であると言えるでしょう。


3.人が良い

次に言えることは、人が良いと言われる様な女性であるとも言えます。

人が良い人とは優しい人や周囲に気を使う事ができる人はもちろんですが、人を立てる為に自分を多少犠牲にしてまでもあれこれと世話を焼く人こそ器用貧乏の特徴である人の良さを持つ女性であると言えます。

例えば職場で人が急にやめて困っている部署やグループがあるとします。

本来ならばその穴埋めをするのはそのグループの管轄であり上長が人事部と掛け合ってすぐにでも人を探してもらう、その間にはそのグループの人がそれぞれ仕事量を増やしてでも仕事を繋いでいくのが一般的な考え方であると言えます。

しかし器用貧乏で人の良い女性はそんな困っている人を放っておけず、自分の仕事+そのグループの仕事を手伝おうとする、上司に掛け合って自分ならできるかも知れないと仕事を掛け持ちする等の性格の持ち主である可能性が高いと言えます。

人が良いと言う事は素晴らしい事ですが、あれもこれもと周囲を手伝っている内に自分の仕事プラス他の仕事、と自分ばかりの負担が大きくなりがちという懸念点があります。

そうなると給料は全く他の人と変わらないのに、自分の拘束時間や一日の仕事量がかなり多くなる=器用貧乏と呼ばれる女性になりがちです。

困っている人を放っておけない、解決策としてウィン・ウィンと呼ばれる様な、お互いが得をする方法ではなく自分が犠牲になって他人を助ける解決策を打ち出す女性は、この器用貧乏の特徴であると言えるでしょう。

器用貧乏な女性は考えなおしてみよう

器用貧乏と呼ばれる女性の特徴をご紹介しました。

器用貧乏の女性は本来ならそれで大成するはずが、結果として自分が損をしてしまうという残念な一面があります。

当てはまる人はぜひ考え直す機会としてはいかがでしょうか。