媚びていると思われる女性の特徴。好かれるための行動が裏目に出ないよう気をつけよう

最終更新日:2016年2月21日

女性らしさを持つ女性はいつの時代も男女ともに人気があると言えます。

しかし女性らしさから外れてしまうと、男性に好かれようと必死に見えたり、男性に好かれようと必死な「媚びている女性」に見られる恐れがあります。

ここではそんな媚びているとみられる女性の特徴をご紹介します。

1.スキンシップが多い

第一に言えることはスキンシップの多い女性です。

メディアでも、男性は女性からのさりげないスキンシップに弱いという様な記事が多く取り上げられ、それによりモテる女性=スキンシップという世間のイメージが出来上がっているとは言うことができるでしょう。

しかしそれがあくまでもさりげないスキンシップであり、あからさまではないことが重要なのです。

さりげないスキンシップとは例えば、男性を呼びかける時に片手をそっと背中や肩に触れる様なしぐさ。

又は大勢で居酒屋等で飲み会を開いていると隣の席の人の声もきこえにくい場合がありますが、空いたお皿を自分がまとめて下げるから大丈夫ですよ、と伝えるために自分のお皿を下げようとしている男性の手にそっと手を重ねる様な女性のしぐさに、男性がドキッとしてしまうのです。

これがさりげないスキンシップです。

しかし男性がスキンシップが好きだからと言ってむやみに相手に触れたり、ひざに手を置くなどの行為はまるでお店の接客の様に感じてしまいます。

日本では欧米の様に抱き合う文化がなく、人にはそれぞれパーソナル・スペースと言って、自分と相手の間にこれ以上は入ってほしくないという距離を保っています。

特別な人や親しい人のみそのスペースに入ってきても問題ないと感じますが、そうでない場合はパーソナル・スペースに人が入ったり、むやみに触れられることで居心地がいいとは感じません。

逆にわざとやっている様に感じることで、こびている女性ととらえられがちです。

人それぞれにパーソナル・スペースは異なりますが、大切なことは相手が心を開いてくれるまでこちらからは立ち入らないという気配りであると言えます。


2.上目遣いが多い

次に媚びている様に捉えられる女性の特徴といえば、上目遣いを頻繁に使用する女性です。

上目遣いもスキンシップと同じく、男性はドキッとするしぐさとしてメディアで良く取り上げられている為、女性にすれば男性が好きな仕草として認識している人が多いでしょう。

しかしあまりに頻繁に使用しては男性も計算と感じてしまいます。

男性と女性では備わっている本能が異なると言われています。

男性はもともと狩猟に出かけ獲物を捕りそれで家族を養う存在でしたし、女性が社会に進出したのはここ数十年のことで、それまでは家庭を守る存在でした。

今でも男女平等な社会とは言えませんが、それは男性が外で働き女性はこどもをうみ育てるという分担が長い間されてきたからであると言えます。

それが男性の女性や子供を守りたいという「守護本能」として、女性はこどもを守る「母性本能」として今でも残っていると言えます。

つまり男性は自分より弱い存在である子供や女性を守ることが本能的に備わっているのです。

上目遣いは自分より小柄な女性が自分を見上げることで、自分よりもか弱い存在であるため守りたいと思わされることに由来しています。

こどもを相手にしているのであれば、男性も守ることが当たり前と感じますが、女性はか弱い存在であっても一人の大人であるのです。

なのにわざとらしく上目遣いを多用してくる女性に対しては、自分から守ってもらう女性をアピールしている=媚びている女性ととらえられがちです。

上目遣いも大切なのはさりげなさであると言えるでしょう。

3.相手が好きなことをすぐに取り入れる女性

最後に媚びているととらえられる女性の大きな特徴は、相手が好きだというものをすぐに取り入れる女性です。

例えば髪が長い女性が「髪の短い女性が好み」と聞けば、すぐに髪形を変える。

好きな男性が「甘いものが好き」と聞けば甘いものを作って差し入れする等、何でも相手の好みを優先する女性です。

もちろん自分の好みを考え優先してくれる女性はけなげですし、かわいいと思う男性も多いでしょう。

しかし何でも彼が言ったことを取り入れていては、まるで自分の意見がない女性に見え、魅力的には感じられません。

そして好きな人が変わる度に好みが変わる女性は特に、好かれるために好みを変えている様に捉えられ、結果として媚びている女性とみられてしまうのです。
 
その様な女性は相手に好かれたい、嫌われたくないと必死になっている可能性もありますが、大人になるにつれてそれぞれの経験から多少の自分のこだわりや自分の意見を持っているのが自然です。

男性はそうしてあまりに自分にすべて合わせてくれると感じる女性には、「気が合う」とか「合わせてくれて嬉しい」というよりも、不自然でどちらかというと媚びていると感じてしまいます。

好きな人と好き・嫌いなことが多少異なることがあっても、自分の意見をしっかり持ち流されない女性に魅力を感じるのではないでしょうか。

好かれるための行動が媚びていると思われないようにしよう

女性らしさや、男性に好かれることはもちろん大切なことです。

しかし好かれるためにやっていることが裏目に出ては、元も子もありません。

自分の意見をしっかり持ちつつ、女性らしさも忘れない女性こそ、こびない美しさがあるのではないでしょうか。