恋バナを振られない男性の理由や特徴

最終更新日:2017年5月10日

皆が恋バナで盛り上がっている時でも、なぜか恋バナを振られない男性がいますよね。

周りからどう思われていることで、恋バナを振られないのでしょうか。

恋バナを振られない男性の特徴に迫ってみましょう。

1.話し下手で大人しい男性

自分から話すことが苦手、話を振られても深く話すことが苦手といった、話し下手の男性にはあまり恋バナを振られません。

話し下手である時点で草食系男子と見られ、それによって恋愛経験が少ないと見られている場合もあります。

「この人に振っても恋をしていなそう」「恋愛の話は分からなそう」といったイメージによって、恋バナをしないように周りが気を遣っていることも考えられます。

見るからに大人しい男性で、積極的な姿勢が見られないタイプの男性は、周りから恋バナを振られる機会が少なく、話し下手であることから自ら恋バナを振ることもないでしょう。

2.恋愛対象として見られない男性

見た目がイケメン、あるいはミステリアスに見える雰囲気、といったように、女性の興味を引くことができない男性は、恋愛対象として見られないことが多いです。

そのため「これ以上別に知らなくて良い」「この人の恋愛話は不要」と思われてしまうことで、恋バナを振られないケースもあるでしょう。

女性から恋バナを振られる男性は、その女性から多少なりとも「異性」として見られている証拠で、関心があるからこそ恋バナを振られていると捉えることができます。

しかし「この人との恋愛はないな」と思った時点で、その男性の恋バナには興味を示さなくなります。

女性から恋バナを振られないという男性は、恋愛対象として見られておらず、異性として意識すらされていないことが考えられるでしょう。

3.下品な男性

下ネタばかり話す、女性が嫌がることばかり言うといった、下品な男性には恋バナを振ろうとは思わないですよね。

恋愛対象として見ていないどころか、人間性を疑っているパターンも考えられます。

こうしたパターンの男性は、恋バナどころか世間話すら振られることもなく、女性から避けられたり無視されたりと、あからさまに嫌がる態度が目につきます。

その場を盛り上げようとしている男性なのかもしれませんが、深い仲であったり、昔からの付き合いといった絆が無ければ、引かれてしまうのは当然です。

距離をとった方が良さそう、あまり関わりたくないと思われていることで、恋バナも振られないのでしょう。

4.遊んでいそうな男性

見るからにチャラい男性、遊んでいるという噂が尽きない男性などは、恋バナをその男性から聞いても何のメリットもないと思われることがあります。

「どうせ彼女いながら浮気しているんでしょ」「話を聞いたところで逆に不安になりそう」といったマイナスのイメージから恋バナを振られないのです。

仮に女性がその男性に気があったとしても、恋バナを聞いてしまうことによって、ショックを受けたり悲しくなったりと、傷ついてしまう可能性があります。

自身が傷つかないために、あえてその男性から恋バナを聞かないといったケースも考えられます。

遊んでいそうな男性の恋バナは、どこか人を馬鹿にしたような感覚があったり、恋愛に真剣ではない姿を見てしまいます。

そのためあまり聞きたくないと思うことで恋バナを振られません。

5.長い付き合いの彼女がいる男性

幼馴染と付き合っている、数年以上付き合っている彼女がいるといった男性も、恋バナを振られない傾向にあります。

長い付き合いの彼女がいると、恋愛に対して落ち着きがあり、人の恋バナに興味を示さなかったり、他の話をしたいという思いがあるため、なかなか恋バナをしても盛り上がりません。

また、周りが求めている恋バナが、ドキドキするような刺激的なもの、あるいは片思いで頑張っている話といった、燃えるような恋バナの場合は、冷めているかのように感じるこの男性には振りにくいと感じるでしょう。

このような男性は、恋バナを振られることは少ないものの、結婚についての相談や同棲についての話といった話題では振られることが多く、落ち着いた大人の関係であれば、こうした話もするかもしれません。

あまりにも周りと温度差がある男性の場合に、恋バナを振ることによって「初々しいな」「まだ子供だな」と見下されてしまうこともあり、距離をとっていることも考えられるでしょう。

恋バナを振られない男性の特徴を知ろう

恋バナで盛り上がっている中、一人ポツンと話を振られないという状況の時は、周りが感じている男性に対してのイメージが影響しているでしょう。

その男性の恋バナに興味がないと思っているケースもあれば、聞くことで温度差を感じそうといったイメージもある為、一概に「聞きたくない」と思っている訳ではありません。

ただそこには何かしらの理由があり、見た目や特徴から判断されていることが考えられるため、恋愛対象として女性から見られていないケースが多い傾向にあると言えるでしょう。