恋人と温度差が感じる時の解決方法5つ

最終更新日:2017年1月29日

恋人同士の間に生まれてしまった温度差は、やがて大きく幅広くなってしまい、二人の別れに発展してしまうケースもあります。

お互いに温度差を感じた場合、恋人たちはどのように対処すれば良いのでしょうか?

代表的な方法をご紹介します。

1.一歩引いた視点を持つようにしてみる

恋愛観や価値観の違いは、恋人同士に温度差を生みやすいです。

常に一緒にいたいと感じている人もいれば、一週間に一度のデートで十分だと感じる人もいます。

メールや電話などの連絡も、日々の何気ないことを常に報告し合いたい人もいれば、そうではないこともあります。

重要なのは、どちらかが自分の価値観を押し付けすぎないことです。

相手が寂しい気持ちも、相手が自由にしたい気持ちも、どちらも尊重されると、温度差によるトラブルは無くなりやすいです。

そのためには、ふとした瞬間に、一歩引いた視線を持てるようにしてみましょう。

「自分はこう思っているけれど、相手はどうなんだろう?」という冷静な視点を忘れないようにしたいですね。

これは思いやりにも繋がってくる、とても重要なポイントです。

誰かから見たときの、カップルとしてのバランスも取りやすくなりますよ。

2.相手の気持ちを常に考えるようにする

カップルの温度差は、独りよがりになってしまったときほど加速しやすいです。

自分の気持ちを伝え、時にワガママになることも恋愛においては重要なことですが、それが過度になってしまうほど、相手は疲れ、受け入れられないことに自分も疲れてしまいます。

「今相手は何を考えているのか?」「自分がこのように求めることで、どんな風に感じるのか?」を考え、相手の気持ちを意識した言動を取れるように意識してみてください。

もちろん、常に相手に遠慮しているだけでは、カップルとしてのバランスもおかくなってしまいます。

自分の気持ちを伝える上で、相手の気持ちを考え、どうすれば二人で長く一緒にいられるのか、仲よく過ごしているのかを考えてみましょう。

二人で話をする前に、まずはあなた自身がよく考え、相手の心を想像することが欠かせません。

3.二人で話し合う時間を大切にする

言わなくても分かってほしいというのは、誰しも共通して抱く感情のひとつです。

何も言わずに悟ってくれて、歩み寄っていけるようなカップルは、ある意味理想のスタイルなのかもしれません。

しかし、常にそううまくもいかないもの。

自分自身の本音にも迷子になってしまうことがあるくらいですから、相手との歩み寄りが、そんなにスムーズにいくばかりではありません。

「あの人はきっとこう思っているに違いない」と考えていても、実は相手の気持ちは全然違うところにあり、傷つけ合ったり、すれ違ったりしてしまうことも少なくありません。

「言わなくても分かってくれる」という信頼を重要視するばかりではなく、相手に心を伝え、相手の気持ちを聞き届ける話し合いの場を大切にするようにしましょう。

二人の温度差を埋め、歩み寄っていくための大切な手段です。

4.しばらく距離を置いてみる

恋人同士で温度差が激しくなってしまったとき、しばらく会わないようすることも方法のひとつです。

冷却期間を必要とする関係は、どんなに近しくても存在するものです。

大切に思い合っているからこそ、気持ちに隔たりが生まれ、温度差によってケンカをたくさんしてしまったり、傷つけ合ってしまったりすることがあるでしょう。

デートの回数を増やしたり、長時間話し合ったりすることで、却って溝が深まってしまうことは、残念ながら存在しています。

しばらく会わないようにしたり、連絡を少なくしたりすると、相手の重要性を冷静に考えられるようになるというパターンはとても多いです。

お互いの大切さに改めて気づいたり、自分自身にきちんと向き合ったりするためにも、一時的な冷却期間は大切にすると良いでしょう。

ただし、それがそのまま自然消滅になってしまわないよう、期間を決めたり、歩み寄りのタイミングを伺ったりすることは重要です。

5.いつもとは違うスタイルを取ってみる

いつも同じようなデートをしていたり、同じような会話をしていたりすると、マンネリ化から温度差が生まれやすくなってしまうことがあります。

二人の気持ちをいつまでも盛り上げるために、たまにはいつもと違うことをしてみると良いでしょう。

あまり出向かない方面に足を伸ばしてみたり、いつもとは違ったタイプのデートをしてみたりするのはオススメです。

インドア派の恋人同士であれば、たまにはスポーツをしてみたり、アウトドアに切り替えてみたりするのも良いですね。

外食が多いカップルは、二人で料理を作ってみたりするのも良いでしょう。

恋人との温度差を埋めていこう

恋人同士とは言えど、元々はまったく違う人間同士です。

似ている部分もあれば、全然違う部分もあって当たり前です。

気分が違うように、恋愛における色々な温度差が生まれてしまうことも、付き合い続けていればある意味当たり前でもあります。

自分たちがいけないのだと深刻に考えすぎず、ちょっとしたコツを実践しながら、解決に向けて自分たちのペースで歩んでいきましょう。