告白を保留した後に上手に断る方法とは?返事待ちからきちんと返事して断ろう

告白された最終更新日:2018年9月5日

誰かに告白された時、すぐに返事ができないことがあります「どうしよう」と悩んでしまい、時間ばかりが過ぎてしまうこともあります。

それでもやっぱり駄目だと思ったら、どうしたらよいのでしょう。

告白の返事を保留した後、上手に断る方法を知って、むやみに人を傷つけないようにしましょう。

まずは返事が遅くなったことをちゃんとお詫びする

告白の返事を保留した後、上手に断る方法を知っていれば、無用なトラブルを避けることができます。

ではその方法とはいったいどういうものなのでしょうか。

告白されたのに、返事をするのにずいぶんと時間がかかってしまったら、まずは「返事が遅くなったこと」をきちんとお詫びしましょう。

そしてその上で「やっぱりお付き合いできない」ということを伝えるのです。

相手は告白した後、いつ返事がくるのかをずっと気にしていたはずです。

そしてじりじりとした気持ちでいて、精神的にも疲れていることでしょう。

そういう時、突然「ごめんなさい、やっぱりお付き合いできません」という風に、いきなり本題を切り出してしまうと、相手の反発心を招いてしまって、トラブルになりかねません。

「さんざん返事を待たせておいて、結局は断るのか」と、がっかりする気持ちを通り越して怒りを覚えることもあるはずです。

告白の返事を保留していたのなら、お付き合いしないことを相手に告げる前に、きちんと返事が遅くなったことをお詫びしましょう。

そうすることで、相手の感情を逆なでしないですみ、上手に断ることができるでしょう。

相手が理解しやすいように「どうして遅くなったか」を説明する

告白の返事を保留した後、上手に断るには、相手に「どうして遅くなったか」ということを説明しましょう。

理解しやすいように丁寧に話せば、相手も納得してくれるはずです。

どうして返事を保留にしたのかそこを相手はきっと気にしているはずです。

「どうせ交際を断るなら、さっさと伝えてくれればよかったのに」と、憤りを感じているかもしれません。

そういう気持ちを相手が抱えたまま、交際を断ってしまうと、場合によっては逆恨みされてしまう可能性があります。

「実は仕事が非常に忙しくて、とてもプライベートのことを考えている余裕がなかった」とか「あなたはいい人だけれど、今自分に誰かと付き合う余裕があるかどうかを考えていた」という風に、詳しく相手に説明をするようにすれば、仮に交際を断られたとしても、相手は分かってくれるはずです。

返事を保留にしていたのは、自分のことをおろそかにしていたわけではなく、真剣に考えていてくれたからなのだと、そう受け止めてくれるでしょう。

保留にしていたのは、それだけ時間をかけて交際のことを考えていたのだということが相手に伝わるようにするのがポイントです。

それが分かってもらえれば、きっと交際を断ってもそう気まずくなることはないでしょう。

相手に誠意が通じるように時間をかけて断る

告白の返事を保留した後、上手に断るためには、相手に誠意が通じるようにすることが大切です。

そのためにはきちんと相手に向き合って、ある程度時間をかけることも必要です。

告白の返事を保留にしていたのに、断る時だけは時間をかけずにさっさと断ってきたとしたら、相手も返事を待たされていた分、がっくりときてしまいます。

返事を待っている間、きっと相手は「もしかしたらつきあえるかもしれない」と、心のどこかで期待をしていたことでしょう。

そういう気持ちを裏切られたのですから、きっとむっとしてしまいます。

そういう相手には、丁寧に時間をかけて、何ステップかを踏んで、それで断ることが大切なのです最初に「返事を保留にしてしまって申し訳ない」と伝えた後に「いついつ、お時間が取れますか」と、相手と会うようにしましょう。

交際を断るのですから、本当は顔を合わせないでそのまま断ってしまいたいはずです。

しかし、ちゃんと時間をとって顔を合わせて断ることで、相手に誠意が通じるようになるでしょう。

告白の返事を心ならずも保留にしてしまったら、相手に誠意が通じるように、時間をかけてお断りの返事をするようにしましょう。

それが上手に断るために、とても大切なことです。

状況や場合によってはLINEやメールで伝える

告白の返事を保留にした後、上手に断る方法場合によってはLINEやメールを使って伝えるというのも良い方法です。

文章にしてきちんと理由を説明すれば、きっと相手の心の中にすっとこちらの言いたいことが入っていくでしょう。

告白の返事を保留にされることは、正直に言ってしんどいことです。

いつ返事がもらえるのか、気になってイライラしてしまう人もいるでしょう。

ずっと待たされて、それで結局交際を断られてしまうと、どのような理由があるかよりも、ただ断られてしまったことにショックを受けてしまいます。

そういう時には、相手が冷静になることができるように「文章」にして説明することも、上手な断り方となります。

LINEやメールで告白の返事を伝えるなんてと思うかもしれませんが、相手の様子によってはそれも有効な手段となります。

一番相手の心に分かりやすいように、それを考えて見ることが、告白の返事を保留した後に上手に断る方法となります。

告白を保留した後に上手に断ろう

誰かから告白されたら嬉しいですが、必ずしも「OK」の返事を出せないこともあります。

しかも、しばらく返事を保留にしてしまったりすると、何だか気まずさが先立ってしまって、ますますお断りしにくくなるでしょう。

しかし、自分の気持ちを無理やり変えることはできません。

仮に返事を奈gびかせてしまっても、うまく相手の気持ちを立てつつ断ることで、お互い気持ちをスッキリさせることができるでしょう。

 

    「告白を保留した後に上手に断る方法とは?返事待ちからきちんと返事して断ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. nakkiy2018/05/22(火) 08:11

    時間が経てば経つほど気まずくなってしまうんですよね。
    YESで答える時は良いんですけど、断るときにいつも困っていました。
    具体的な内容でとても参考になりました。
    ありがとうございます。

この記事への感想を書く