告白するために必要な準備と告白方法

告白をする・告白した最終更新日:2015年3月16日

ある男性のことが大好きなのに、どうやって告白したら良いのか分からない、そんな女性は多いかもしれません。
けれど、想いをずっと胸にしまっているだけでは、何も変わりません。
成功する告白方法で、自分の想いを伝え、幸せを手に入れましょう。

1.相手の恋愛状況をチェック

せっかく告白したのに、「好きな人がいる、彼女がいる」などの理由で相手に断られてしまうのは、事前のリサーチ不足です。
現在、その男性に彼女はいないのか、デートしている女性がいるか、好きな人がいるか、など知っておく必要があります。

何気ないメールや電話のやり取り、男性と合っているときに、何気なく聞いてみましょう。
例えば、「友達が10年間付き合っていた人と結婚したんだ。すごいよね。そういう恋愛、憧れる?」など自然な流れで恋愛の話に持っていくと聞きやすくなります。

「彼氏がいなくて寂しい、そろそろ結婚したい」など自分の願望の話から入りがちな女性がいますが、話を聞くのが上手な男性だと、結局自分の話を聞いてもらっただけで終わってしまう場合もあるので避けましょう。

また、友達に探ってもらう女性も多いですが、信憑性が問われる情報を受け取ってしまう場合もあるので、トラブルは避けるために、自分で知りたいことは聞くのがベストです。

2.ギャップをアピール

彼に彼女がいないことや好きな人がいないということが分かったら、思い切ってデートに誘ってみましょう。
「付き合うまでにデートはしない」なんてルールを持っている男性はほとんどいませんので、あなたの告白にOKしてくれるような男性であれば、事前のデートもしてくれるはずです。

このデートはあなたの魅力を最大限にアピールするチャンスです。
特に、「今までのイメージよりもいいな」と思ってもらうことが大切です。

例えば、会社でしか合わない間柄であれば、会社での真面目な印象とは別に、明るく元気な部分を見せることができます。

趣味の話や、旅行の話など、普段とは違う自分の面を見せましょう。
いろいろな面がある女性を男性は好むからです。

3.一緒にいて居心地が良い女性を目指す

デートや会社や学校の中でも、彼と一緒にいるときに、「一緒にいて居心地が良いな」とおもってもらえる女性でいましょう。
毎日気持ちに浮き沈みがなく、情緒が安定している、常に笑顔、その男性以外にも親切で、みんなに好かれている女性は、特に男性にとって居心地が良い、と思えるようです。

一緒にいて居心地が良い女性とは、告白されるまで、女性の気持ちにまったく気づいてなかったとしても、「これから好きになれそう、一緒に居たら楽しそう」と思え、告白にOKされる確率がぐっと上がります。

告白前に、意識し自分の良さを伝えることは絶対に必要です。

4.面と向き合って告白

なかなか勇気がなく、メールや電話で告白してしまう女性がいます。
けれどこれから恋人同士になるのに、面と向かって大事なことを伝えられない女性とは、これからやっていけるのか、と疑問に思ってしまう男性もいるようです。

告白にそんなに時間はかかりませんので、男性をどこかに誘い出し、告白しましょう。
もちろん相手が仕事で参っているとき、気持ちに余裕がないと思われるときは、告白は待ちましょう。
「今は自分のことでいっぱいいっぱいで、君のことは考えられない。
恋愛する気分じゃない」など、いくら女性に興味を持っていても、断ってしまう男性はいます。

例えば、金曜日の夜など週末の前や、二人でゆっくり食事ができるときなど余裕のある時に告白しましょう。

5.告白の言葉はシンプルで十分

好きな相手に告白するのですから、当然すごく緊張してしまうと思います。
最低限告白に必要なことは「好きだという事、好きな理由、相手とどうなりたいか」ということだけです。

「優しくて真面目な所がすごく好き、ずっと一緒に居たいから付き合ってほしい」と言うだけでも相手には十分気持ちが伝わります。
長々と話したり、紙に書いて読んだりすると、告白の内容よりも他の部分が気になってしまい、肝心なことが言えてなかったなど告白に失敗する可能性があります。

また男性が「考えさせてほしい」と言ってきたら、待つ姿勢を見せることが大切です。
長く待てるぐらい、好きだということが伝わります。
「どうして考える必要があるのか」を問いただしたり、「待てない」と言ったりすると、男性に嫌な思いをさせ、その場で断られることにもなりかねません。

告白前の事前のアピールが大切

女性が男性に告白し、OKしてもらうためには、事前に自分の魅力をある程度相手に伝えておく必要があります。
相手の恋愛状況や現在気持ちに余裕があるかないかは、自分の魅力に関係なく、知っておく必要があるので、チェックしましょう。

また告白の時はしっかり直接相手に想いを伝えることが大切です。
大好きな男性に思い切って告白し、恋人になりましょう。

 

    「告白するために必要な準備と告白方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く