婚活パーティーで連絡がこない時何が悪いのか

最終更新日:2015年6月16日

婚活パーティーで良い雰囲気になり、せっかく連絡先を交換したのに、全く相手から連絡が来ないと、女性はどうしても寂しい気持ちになってしまいます。

しかし、1人で悩んでいるだけでは前には進めません。

そこで、「婚活パーティーで連絡先を交換したのに連絡をもらえない」という時、どのような態度でどう行動したら良いのかご紹介します。

1.とりあえず2~3週間、こちらからは何もアクションを起こさずに待ってみる

せっかく連絡先を交換したのに相手から連絡がないという場合は、とりあえず2~3週間くらいは待ってみることが賢明です。

その間、こちらからは何もアクションを起こすべきではありません。

女性は「連絡先を交換したら、翌日にでもすぐに連絡を取り合う」という傾向がありますが、男性はそうではありません。

しかも男性は、メールや電話などの連絡ツールでコミュニケーションを取ることを面倒に思う傾向もあるため、「男性側から連絡がない」ということは決して珍しいことではありません。

「忙しくて、ただ単に忘れていた」ということもあります。

ですので、男性が連絡に対してマメではないということを理解し、しばらく様子を見ましょう。


2.1ヶ月近く経って相手のことが気になるのであれば、当たり障りのない内容のメールを1通だけ送ってみる

連絡先を交換した相手からの連絡がない間、「どうしても相手のことを忘れられない」と思うようであれば、こちらから控えめなアクションを起こし、反応を見てみると良いでしょう。

このアクションを起こすのは1ヶ月近く経ってからが良いでしょう。

そのくらいの期間が経てば、婚活パーティーで楽しんだ日から日にちが経っているため、お互いに冷静になってるためです。

「相手は本当に自分にふさわしい相手か」をきちんと見極められるのが、そのくらいの時期です。

この時期に1通だけ「お久し振りです。先日は楽しかったですね。お元気ですか?よかったらまたお会いしませんか?」とメールしてみましょう。

そして相手の反応を見るのです。

この時、なかなか相手から返事が来ないからと言って、何通もメールを送ったり、返事を催促するようなメールを送ったりしてはいけません。

おくまで「相手の反応を見るため」のメールだと思って送りましょう。

3.相手にメールを送る際は、長い文章は絶対に控える

気になっている相手に、思い切ってメールを送ってみる時に気をつけたいことは、「長過ぎる文章は絶対に控える」ということです。

できればメールは3~4行以内にまとめ、言いたいことだけを簡潔に送りましょう。

この時点ではまだ相手とは親しい関係ではありません。

そのことをきちんとわきまえ、相手が負担に思う内容のメールは絶対に送るべきではありません。

相手を試すような、駆け引きめいたメールも控えましょう。

「また会えたら嬉しい」という気持ちを、簡潔に素直に伝えることが大切です。

間違っても、「今日は○○をして、△△をして」などといった日記のようなメールを一方的に送るのはやめましょう。

相手が反応に困るメールは失礼です。


4.相手にメールを送る際は、送る時間を考える

気になっている相手にメールを送って、どうにかしてもう1度会いたいと思っているのであれば、相手がそのメールに反応してくれそうな条件を整える必要があります。

そのために考えるべきことは、「メールを送る時間帯」です。

これが意外に、その後の展開を左右します。

メールを送るのは、「相手がメールを開いて、読んでくれそうな時間帯」を狙って送りましょう。

一般的な社会人は、仕事が終わってしばらくしてからプライベートメールを見るため、夜8時以降くらいがオススメです。

しかし、夜遅すぎる時間にメールを送ると、非常識だと思われることがあるため、遅くとも夜11時くらいまでに送るようにしたいものです。

朝早い時間は、メールには不向きです。

「これから仕事に出掛ける」という時にメールが来たら、相手はイラついてしまい、印象が一気に悪くなってしまう危険性があります。

5.相手が全く反応を示さなければ潔く諦め、次の出会いを探す

こちらからメールをしても、相手の反応が今一つである場合は、これ以上しつこくアプローチすることは避けましょう。

男性は、しつこい女性を嫌う人が多いため、女性側が「どうしても会いたい」と意地になってしまうと、相手は益々拒否するという結果になります。

しつこく押しても好感度が下がるだけで、親しくなることはできません。

このような時はつらいですが、「御縁がなかったのだ」と思い、潔く諦めましょう。

そして前向きに、次の出会いを探してください。

この前向きな切り替えこそが、あなたを女性として輝かせてくれるのです。

余裕を持ったアプローチで連絡をしていこう

女性は男性と連絡先を交換すると、「すぐにでも連絡を取り合って、1日でも早く親しくなりたい」と思ってしまいますが、男性の思考回路は全く違います。

まずはその違いを受け止め、余裕を持ったアプローチをゆっくりとしてみましょう。

思うようにいかないからといって、必要以上に前のめらずに、「今回がダメなら次がある」くらいの気持ちでアプローチした方が成功します。