首やノドを触る人の心理とは。なぜ首やノドに手をあてるのか

最終更新日:2016年5月12日

首やノドを触る人は、たいていが無意識で触っています。

周りの人もその人が首やノドを触っているのかなんて気づかないくらいのさり気なさで触っています。

一度その癖に気が付いてしまうと、かなり気になってしまいます。

今回は、首やノドを触る人の心理はどういったものなのかをご紹介していきます。

1.気持ちを落ち着けようとしている

首やノドを触る人は、焦る気持ちを落ち着けようとしています。

何かどきどきする状況に直面しているのでしょうか。

それとも何か怖い思いでもしているのでしょうか。

首は大きな血管が通っている場所です。

首やノドを触る人は、本能的に血管の乱れを確認し、なんとか気持ちを落ち着けようとしています。

また、緊張や恐怖で体が火照っているのを感じ、首やノドを触ることで少しでも冷やそうとします。

手をあてることで身体は自然とほっとする気持ちに変わっていきます。

首やノドは大きな血管が通る場所の中でも最も表面積が大きく触りやすい場所なので、焦る気持ちを落ち着けたい人にとっては便利な場所です。

周りに無意識のうちに首やノドを触っている人がいたら、ひょっとすると何かに焦っていて気持ちを落ち着けようとしているのかもしれません。


2.目の前の相手に好意を持っている

特に女性に多いのですが、男性と二人で会話しながら時々首やノドを触ることがあれば、それは目の前の男性に好意をもっているということのサインです。

女性にとっての首やノドは、男性と違って喉仏がなく女性らしい華奢な印象とすらっとした美しさがあって、さらに色気を感じさせる鎖骨へと続く場所です。

男性にはない魅力を首やノドのゾーンは持っています。

男性と会話をしながら首やノドを触るということは、男性に対して隙を見せつけているということです。

「私は今日空いていますよ」という誘いのポーズでもあります。

さり気なく顔周りに手をちらつかせることで、動くものを目で追ってしまう男性は翻弄され、その手のいき着く先が女性のキレイな首やノドだったりすると、男性は知らず知らずのうちに女性の魅力に引き寄せられていきます。

言葉でアピールしなくても、手を動かして首やノドを触るだけで、こっそりとでも確実に男性へ自分の魅力と誘いの気持ちをアピールできます。

もし気になる男性と二人きりで会話することがあれば、会話の合間に試してみてください。

特に夏場にかけては「暑い」というキーワードとともに首やノドを触れば、色気も大きく増すでしょう。


3.声の調子が慢性的に悪い

首やノドを触る人の中には、実際に声の調子が悪い人もいます。

風邪を引いて単発的に声の調子が悪い人もいますが、なかには風邪ではないけれども慢性的に声の調子が悪い人がいます。

男性は成長期に声変わりの時期を迎えてはっきり声が変化しますが、女性は男性の場合でいう声変わりがありません。

でも、実際は大人になるにつれて声の調子は成長していきますし、大人になってからもある一定時期で声の調子は変化していきます。

男性ほどはっきりした声変わりではありませんが、徐々に変化する慢性的な声変わりとも言えるでしょうか。

昔はもう少し澄んでいた声質が、この頃少しかすれるようになってきたと感じたり、カラオケで昔は歌えていた高音が最近は歌えなくなってしまったというのも、成長に連れて変化する声です。

少しずつ変化していくので分かりにくいものではあります。

こういった状況にある人は、常に声の調子が慢性的に悪いような気がして、違和感を感じて首やノドを触ります。

成長の過程とともに起こることなので、なかなか対処しにくいと言えるでしょう。


4.だるくてしょうがない

首やノドを触る人の心理として、だるくてしょうがないという気持ちがあります。

どうしてもやる気が起きず、そのストレスから肩や首元が重いような気がして、それを解消するために首やノドを触っています。

ある種、首やノドを触ることでストレッチをしたりリフレッシュを図っています。

また、だるい気持ちが無意識のうちに手を首元に回し、やりたくないという反対の精神を表に表しています。

だるくてしょうがないという意思表示は、手の動きだけでなく表情にも一緒に表れることが多いですから、その仕事をしている人の心理は一瞬で見抜けるでしょう。

あまりそういった姿勢を露骨に表すのは良いことではないように思いますが、首やノドを触らなくてはならないくらいだるくてしょうがない人には、少し休憩が必要なのかもしれません。

首やノドを触る人の心理を知ろう

首やノドを触る人は、基本的に相手に自分の気持ちをわかってもらいたいという意思表示をしています。

顔のすぐ下にある首やノドを触ることで、より多くの人の目に触れることになり、その意思を汲み取ってもらいたいと深層心理で願っているのです。

何を表しているのかはその人の表情や他の態度にも細かく表れているでしょう。

もし周りに頻繁に首やノドを触っている人がいたら、この人は一体何を訴えようとしているのかを気にしてみるといいでしょう。