性嫌悪の特徴と原因。パートナーが性嫌悪な時の対処法とは

性の悩み最終更新日:2018年2月17日

現在カップルでセックスレスになっているというケースが多くみられるのですが、その原因としてはさまざまなものが挙げられます。

しかしながらその原因の1つとして性嫌悪というものがあり、これは意外と知られていません。

性嫌悪の特徴について

性嫌悪は性行為をはじめとして性的な接触について嫌だとかしたくないと思って、意図的に避ける状態のことを指します。

よって性嫌悪があると自ずとセックスレスになっていきます。

しかしながら通常セックスレスになる原因としては、パートナーに対して愛情がなくなってしまった、あるいは嫌いになってしまったというパートナー間の問題、あるいは多忙で疲労感を感じてしまって性的なことに関心を示さなくなるといったことが挙げられます。

しかし性嫌悪の場合はパートナーに対しては特に嫌いになったというわけでもなく、また極度の疲労感を感じているというわけでもないケースがほとんどです。

性嫌悪の原因について

性嫌悪になってしまうのは、性行為をはじめとする性的な接触に対する認識から来ていることが多いです。

例えば初めて性的な接触があった時に乱暴にされてしまったり、あるいは妊娠をしたものの事情により中絶することになったなどという過去に性的な接触をしてトラウマになるようなことがあった場合が挙げられます。

また両親をはじめとする周囲の大人から性的なことについて一切否定されるような教育を受けていたり、過去に異性と付き合うことを厳しく禁じられていたという場合でも性嫌悪の状態になってしまうことがあります。

ただしいずれの場合もパートナーがいる場合、パートナー自体は嫌いだということはほとんどない状態です。

それだけに自分が性嫌悪の状態に陥っていることに関してネガティブに考えていたり、パートナーに申し訳なく感じているという人も多いです。

性嫌悪への対応について

性嫌悪に関しては今パートナーがいなくて性的な接触をする機会がないという場合、もしくはパートナーの理解があって性的な行為がなくても普段の関係が良好であるという場合には対処は必要でないことも多いです。

性嫌悪に陥っている人が性的な接触をしようとしてあれこれ頑張ってしまうと、余計に性嫌悪の状態はひどくなったりかえって負担になることも少なからずあるからです。

しかしながら今後子どもが欲しいとか、あるいはパートナーと性行為がないということでトラブルが生じているとか、自分で性嫌悪を克服したいという考えを持っている場合には何かしらの対処を取って性嫌悪をできる限り解消することが重要になってきます。

医療機関を受診して性嫌悪を解消する

性嫌悪が過去のトラウマによって引き起こされている場合は、精神科あるいは心療内科で診察を受けて解消できるような治療を行うことが重要になってきます。

精神科や心療内科ではトラウマを解消するために投薬治療や心理療法などの治療方法を用います。

これで性嫌悪になっている人全員が解消できるわけではありませんが、完全に性嫌悪が解消できなかったとしても頑なに性的な接触を拒否するということはほとんどなくなるという人も多いです。

さらに医療機関によっては同じような性嫌悪の人を集めて話し合いをする場を設けることもあります。

そのような場では同じ悩みを持った人の体験談を聞くことで他にも苦しんでいる人がいるのだと安心できるうえに、克服できた人がどのようにしていたのかというノウハウも聞くことができることからより自分が性嫌悪の状態を解消することに関して参考にすることができます。

パートナーと性嫌悪のことについて話し合いをする

性嫌悪に陥っている人の中には、パートナーにそのような状態に陥っていることをきちんと伝えていないという人もいます。

性嫌悪という状態を知らない人も多いので、パートナーがなぜ頑なに性的な接触を避けようとするのか理解できないという人も多いのです。

なので自分に性嫌悪だと思っている人は、パートナーに今の状態を伝えて今後どのように性的な接触を行うのか、あるいは全く性的な接触がなくても大丈夫なのかということを伝えるのが重要になってくるのです。

しかし自分の力では説明するのは大変であることから、インターネットで調べてその結果をパートナーに見せて説明するとより理解が深まる可能性があります。

中には性嫌悪についての説明をパートナーにきちんとするだけで安心でき、次第に性嫌悪の状態から脱する場合もあることからパートナーの理解は欠かせないものです。

性嫌悪はパートナーの理解が重要

性嫌悪はパートナーがいる場合、どれくらい理解してもらえるかが重要になってきます。

もしパートナーが性的な接触がなくても問題ないと思っている場合には、無理矢理性嫌悪を克服する必要はありません。

逆にパートナーが性的な接触を望むのであれは、パートナー協力の元克服するのが適切な対処となります。

 

    「性嫌悪の特徴と原因。パートナーが性嫌悪な時の対処法とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く