恋人と共通の友達がいないメリットとデメリットとは。共通の友達がいない良さもある

恋愛最終更新日:2018年4月28日

恋人とお見合いや職場、ナンパなどで知り合った場合、共通の友達がいることはないでしょう。

恋人と共通の友達がいないと、メリットも多くありますが、実はデメリットもあるものです。

そんなメリットとデメリットを見ていきましょう。

1.過去の恋愛について暴露されないが、秘密もキープできてしまう

恋人と共通の友達がいないことのメリットデメリットは、過去の恋愛について共通の友達に暴露されることはないが、逆に秘密もキープできてしまうということです。

過去に女癖男癖が悪かったり、恋人と酷い別れ方したり、過去の恋愛には暴露されたくないものもあるでしょう。

恋人と共通の友達がいなければ、そんな過去を暴露されてしまうことはあり、安心感が得られるものです。

けれど共通の友達がいないために、恋人の過去の恋愛について真実を知るのは難しくなってしまうデメリットもあります。

過去の秘密や現在の浮気なども隠そうとすれば隠しておけるということです。

恋人の秘密を知らずに、付き合いが長くなってから何らかの形で秘密を知ってしまうなんて嫌ですよね。

2.別れた時にも気まずくならないが、恋愛相談ができない

恋人と共通の友達がいないことのメリットは、恋人と別れた時にも友人とは気まずくならないことで、デメリットは友達が恋人のことを知らないため恋愛相談ができないことです。

共通の友達がいて、付き合ったことを報告していると、グループ交際ができたり、大人数で集まれたり、恋人と友達の両方と過ごすことができます。

けれど恋人と別れた時に、友達に気まずい思いをさせることにもなってしまいます。

共通の友達がいなければ、そのようなことは最初から起こりません。

デメリットは、自分の友達が恋人について良く知らない、会ったことがないために、恋愛相談をしても一方の意見しか分からず、適切なアドバイスができないことです。

共通の友達がいれば、恋愛相談にも乗ってもらいやすく、しかも親身になって話を聞いてくれるでしょう。

3.二人で会う回数が多くなるが、大人数で集まることができない

恋人と共通の友達がいないことのメリットデメリットは、二人で会う回数が多くなるが大人数で集まることができない。

恋人と共通の友人がいないことで、恋人とはつねに二人きりで会うことができるでしょう。

他の人に邪魔されずに二人で過ごせることは嬉しいですよね。

お互いのペースも保て、ラブラブな時間を過ごせるはずです。

けれど共通の友達がいないと、なかなか大人数で集まることはできないものです。

鍋パーティー、誕生日会、クリスマス会など大人数で盛り上がったら楽しいイベントもなかなか二人だと盛り上がらないものです。

また自分は知らない恋人の友人の集まりに連れて行かれても、気を遣ってしまいあまり楽しめない可能性もあります。

4.友人の話をする必要がなくなるが、相手の友人話に興味が持てない

恋人と共通の友達がいないことのメリットデメリットは、友人の話をする必要がなくなるが、相手の友人話に興味が持てないことです。

恋人があなたの友達の名前ぐらいは知っていて「今日は○○と会ってくる」と言うとします。

その後、恋人が友達について「○○元気だった?」など聞いてくることはないでしょう。

共通の友達がいなければ、あなたは自分の友人について話す必要はなくなります。

あまり友達が多くない人や、友達とあまり上手く行っていない人にとってはありがたいですよね。

けれどその一方で、恋人が自分の知らない友達について話し始めた時に、まったく興味を持てないこともあります。

それはその友達を知らないためです。

恋人がせっかく友達の話をしてくれているのに、適当な相槌しか打てないなんて少し悲しいですよね。

5.異性の友人に会うことができるが、バレた時に浮気を疑われる可能性がある

恋人と共通の友達がいないことのメリットデメリットは、異性の友人に会うことができるか、それがバレた時に浮気を疑われる可能性があることです。

恋人があなたの友達をしらなければ「今日は大学の友達と食事に行ってくる」と言えば、それ以上深く聞かれない、即OKしてもらえるなどのメリットがあるでしょう。

そしてその友人がたとえ異性であっても、恋人にはバレないものです。

異性の友達に会いたい場合にはありがたいですよね。

けれど異性の友達と会っていたことが恋人にバレた場合、浮気していると疑われるというデメリットもあり、恋人との関係が悪くなってしまうこともあります。

一から説明して、誤解を解くのはなかなか大変だし、面倒ですよね。

恋人と共通の友達がいないことのメリットとデメリットを知っておこう

恋人と共通の友達がいないことのメリットは、過去の恋愛がバレない、別れた時に友人に気まずい思いをさせないことです。

けれどデメリットして、秘密もキープされてしまったり、恋愛相談ができなかったりすることもあります。

メリットとデメリットを踏まえ、恋人と共通の友達を持つ方が良いのか、いない方が良いのかを考えてみたいですね。

 

    「恋人と共通の友達がいないメリットとデメリットとは。共通の友達がいない良さもある」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く