LINEで未読スルーする彼氏への対処法。彼が未読スルーする理由と彼女としてできること

LINE 彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2019年6月9日
LINEをする人

彼氏にいくらLINEを送っても既読すらしていなくて未読スルーをしてくる時、イライラしてしまいますよね。

一体なぜ未読スルーを続けるのでしょうか。

今回はそんな彼氏がLINEを未読スルーしてくる時の対処方法をご紹介します。

本当に用事があってLINEをしても未読スルーしてくる時には電話をする

本当に大切な用事があって彼氏にLINEしているのに未読スルーしてくるのであれば、電話をかけるのが一番手っ取り早く解決します。

もしも電話などかける時間がないのであれば、そのまま彼氏が既読して返信をくれるまで待ちましょう。

LINEを使っていつでも好きな時間に連絡できるように相手に配慮しても、メッセージを見てくれないのならその場でちゃんと伝えたことを確認しないといけません。

それには電話が最適です。

直接用件を伝えにいくために出かけるのはあまり効率的とはいえません。

またLINE以外のチャットやメールも未読という同じ結果になる確率が捨てきれません。

既読するだけで読んだことを伝えられる簡単に連絡を取り合うことができるLINEを使っていても、うまく使いこなせていないのなら別の連絡手段を確保するほうがいいでしょう。

彼はもしかして電話などで言葉で用事を伝えてもらいたいタイプなのかもしれません。

若者だからといっても無条件に誰もがLINEを使いこなしたり、LINEの良さを理解しているわけではありません。

電話を使って連絡がスムーズにいくようであれば、LINEに不向きなタイプだと認識していいでしょう。

LINEの通知設定をしているのか、彼氏に確認してみる

LINEは通知設定をしていなかったのならば、いくら送っても相手はLINEが来ていることに気がつきません。

ですのでそもそもLINEが来たときにお知らせの通知設定がちゃんとできているのか、彼氏に確認してみることが大切です。

もし通知設定がちゃんとできていなかったのであれば、通知設定をONにしてあげましょう。

男性はスマートフォンをはじめとしたメカに強いという印象もあって、まさか通知がオフになっていたのを気づかないなんてことがないと想像するかもしれません。

しかし最近の男性はPCの利用層が減ったくらい機械に対して耐性がありません。

スマホくらいは設定できるのではと感じるでしょうが、やはり機械音痴であれば複雑に一見みえるアプリの設定を直すなんて至難の業です。

特にLINEはデフォルトの設定のまま使うことができるため、初期設定でわざわざ変更しない人もいます。

なので設定があることすら気づいてないケースもあります。

端末の音量や通知設定がオンでもLINEのアプリでオフになっていたら通知がこないことを分かっていません。

少ししたタップや誤操作で設定が変わってしまったことに気づいてないのです。

なので一度彼氏のLINEを許可を得て設定し直してあげると、通知がこなくて困ってる彼氏を助けることができます。

そもそもLINEを本当に見ていないと考える

LINEの通知設定もちゃんとしていても仕事などで忙しかったりすると、携帯を見る時間さえもなくなるのでLINEがきている事態気づかず、見ないままでいることもあると思うので既読されるまで待ってみることが大切です。

それでも待っても待っても既読されないのならばもう一度LINEを送ってみたり、電話をしてみたりしましょう。

LINEでメッセージしたらすぐに確認ができるのは、休日の時や家にいることが多い人など割と限られています。

また常にLINEチェックできる環境だとしても、忙しかったり風を引いてたり操作できないこともあります。

送った方としてはすぐに既読がついて当たり前と考えている人ほど、相手の生活サイクルを推察しないといけません。

LINEは電話と違ってあとで用件を確認できかるからこそ、チェックや優先順位が低くなりがちです。

少し手が離せないでLINEを読むことができない経験は、誰しもあるはずです。

そのためLINEを見てないのでは疑心暗鬼になったからといっても相手につっかかったり、どうしてすぐに見ないのとか強い口調で攻めないようにしましょう。

むしろ一日くらい待ってあげる根気が必要です。

これがLINEではなくビジネスメールだとしても、一日は待つ必要が出てきますから、手軽なコミュニケーション手段といわれるLINEでも、返信作業に時間がかかったりすぐ読めない事情があるのだ理解しないといけません。

仕事が終わってから、寝る前など、もう一度LINEを送ってみる

待っても待ってもLINEが来ないのならば、彼氏の仕事が忙しいかもしれないことや、疲れていて携帯を見る余裕などないのだろうと理解をして自分が仕事が終わった後に「仕事お疲れ様」や「今日も1日仕事大変だったみたいだね。

ゆっくり休んで、また明日も頑張ってね。

おやすみ」など、彼氏を支えるメッセージを送りましょう。

そうすることで少し寂しい思いをさせてしまっているのかなっと気づくこともできるし、彼氏は彼女に仕事のことなど理解してもらえていると思い、また明日から彼女のためにも仕事を頑張ろうと思えます。

そして、時間が作れた時には、LINEを送ろうとも思えます。

一度の通知ではたまたま気づかないなんてこともあります。

またLINEの画面を開いたとしても、ほかのメッセージを優先して見ないといけない事情があったかもしれません。

なので別の用件などを利用して、スマホの通知を再びならしてあげる機会をつくりましょう。

時間帯によってはお休みモードやバイブレーションなど、通知音が鳴らないタイミングに当たることもあります。

時間帯を変えて送ることで、彼氏がスマホチェックする時間帯にあたるかもしれません。

また直接的な催促やいらいらをぶつけてしまうと、未読スルーしていたことがそんなにいけないのかと逆上してしまうケースも出てきます。

未読なのが当たり前と認識する余裕も大切になってきます。

元々マメな人ではないのだと理解をする

いくら未読スルーをしないでほしいといってLINEを送っても、それでも未読スルーをされるのならば連絡をマメにとる人ではないと考えましょう。

この人は元々面倒くさがりでマメな人ではないし重要な連絡じゃない限り未読スルーをするのだと理解をすることが大切です。

理解をすることにより、未読スルーされることに対して期待して返事を待っていたことも、なかなか既読せずに返事が来なくてイライラしていたこともバカらしくなります。

LINEの返事は待たないようになり返ってきたら返ってきた時に喜ぼうと思えるようにもなり、落ち込んでいた気持ちも、楽になってきます。

LINEなどアプリをあまり使わないガラケー派やPCからチェックする人にとって、LINEを閲覧するのは通知の都度でないこともあります。

またマメでないと、一日チェックをしないこともあるでしょう。

特に日頃あまりLINEが届かない人にとっては、チェック習慣がないものです。

メインの連絡手段にしてないことも理由です。

マメでないから既読をつけるのもついつい忘れてしまってるのだと考えれば、無視されていたりなど悪い方向な考えなくてすむでしょう。

彼がLINEを未読スルーしてきてもイライラしないようになろう

未読スルーは内容を読んでいないことで伝えたいことを伝えられないもどかしさを感じやすいものですが、人によっては既読スルーよりもダメージは少ないと考えることもできます。

読んでいない理由を考えてコミュニケーションや対処することで、返信がなくイライラする原因を改善できます。

 

    「LINEで未読スルーする彼氏への対処法。彼が未読スルーする理由と彼女としてできること」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。