彼と距離を置きたい時の方法3つ

最終更新日:2016年4月12日

交際しているカップルの間で、何かしら問題がなくても「距離を置きたい」と感じたことはないでしょうか?

仕事が忙しい時、プライベートが充実している時、彼氏への気持ちが分からなくなった時、理由は様々あることでしょう。

彼と距離を置きたいと思った時、どういった行動に出ることが良い方法なのでしょうか。

彼氏のタイプによっても異なる問題なので、場面や彼氏の性格に合わせた方法を選ぶことが良いかもしれません。

1.話し合いの機会を設けてじっくり話す

彼女であるあなた自身が距離を置きたいと思っても、彼氏が彼女に対してゾッコンである場合には、距離を置くことが難しいことがあります。

こうした彼氏の場合には、彼氏が納得するまで、自分の気持ちを正直に話し、距離を置きたい旨をきちんと話すことが大切です。

どうして距離を置きたいと思っているのか、なぜそういった考えに至ったのか、場合によってはどれくらいの期間距離を置くのか等、詳しく話し合いをすることが必要になるかもしれません。

きちんとした報告や情報を与えられることによって納得する男性もいれば、一度の話し合いでは解決にならない男性もいます。

自分自身の中で決めたことを、結果的に事後報告的に話す場合には、ある程度彼氏の意向も尊重してあげなくてはなりません。

そのため、もし彼氏が一度で納得しないようであれば、出来る限り時間をかけて説得する必要があるでしょう。

会って話をして、相手がどういった思いで決断したのか、その先が必ずしも別れという結果ではないことを知れば、彼氏も納得してくれるかもしれません。

明確な理由をきちんと自分の中で用意し、彼氏が少しでも理解してくれるように、事前に話す内容を決めておくとスムーズにいくことでしょう。

中には泣きついてくる場合がありますが、この場合は距離を置くことが目的のため、そこで同情をかってはいけません。


2.必要最低限の連絡しかしない

カップルの間では、ほぼ毎日のように連絡を取ることが多いでしょう。

朝起きたら「おはよう」寝る前には「おやすみ」など、特に用事がなくても連絡をとっている人たちも多いはずです。

しかし、距離を置きたいと考えたのなら、自分からの連絡をなるべく避けて、用事がない限り連絡を絶つといった方法も手段の一つです。

初めのうちは彼氏の中で不安を感じるかもしれませんが、勘のするどいタイプの彼氏であれば、自分と少し距離を持ちたいんだなということを察知してくれることもあります。

また、お互いに多少なりとも気を遣う存在であれば、相手から連絡が来なければしつこく連絡してくる男性は少ないもの。

急に連絡が減ったこと、本当に用事がある時でないと連絡が来ないことが分かると、男性の中でも連絡することをためらうようになります。

このように少し時間をかけて、彼氏自身に自分の意思をくみ取ってもらうという方法もあるでしょう。

しかし、中には鈍感なタイプもいるため、連絡が減ったからと心配に思い、何度もしつこく連絡をよこすことも考えられます。

時間をかけても彼氏に変化が見られないようであれば、少し距離を置きたいと直接連絡することも必要になることでしょう。

相手の動き方によっても、作戦を考え直さないといけないケースがあるでしょう。


3.忙しい事を理由に期間を設けて距離を置く

交際期間が長くなってくると、距離を置きたいといったような発言はなかなか出来なくなってしまうものでしょう。

相手がどんな反応をするのか、どういう気持ちになるのかが想像できるために、相手のことを思って言えないといった女性もいます。

そういう場合には、忙しいという理由を使って、彼氏との間に自然と距離を設けることが出来ます。

仕事でしばらく会えない、忙しいからちょっとの期間連絡出来ないといったことを伝えることによって、自然な形で距離を置くことが出来ます。

女性の中で、最終的に別れを考えているのではなく、ただ単に自分の時間が欲しい時や、自分の気持ちを整理したいと思っている場合にも有効的な方法です。

相手には、距離を置いているという認識を持たれないために、お互いにギクシャクすることもなく、時間だけを設けることが出来る方法です。

プライベートな時間を優先したい場合や、自分の中で色々考えたいと思った時には、この方法だと戻りやすくなります。

また距離を置いているというのを自分の中だけに留めておくことによって、相手にも嫌な思いや心配をかけることがないでしょう。

円満な形で距離を置きたいという考えならば、こうしたちょっとした嘘も必要です。

彼と距離を置きたくなった時は相手の状況に合わせよう

交際期間が長くなったり、相手のことを知り尽くしてしまった時に、距離を置きたいと思う女性は結構多いものです。

また、プライベートがあまりにも充実していると、彼氏という存在が少し重くなってしまうことも。

だからといって彼氏のことを嫌いになった訳ではなく、単に自分の中で時間が欲しいと思った時、距離を置くことによって解決することが多いでしょう。

もし距離を置きたいと思った時は、場面や彼氏の性格によって、距離の置き方を変えてみると良いでしょう。