LINEの未読スルーは何日まで待つ?いつ見切りをつけるべき?未読スルーは待っててもストレスを溜めるだけ!状況別の待つべき日数を解説

LINE 友達との付き合い方最終更新日:2020年4月27日

LINEで未読スルーは何日待てば良いものでしょうか。

さっさと見切りをつけるべきか、追加でメッセージを送るべきか迷いますよね。

LINEで相手からの既読がないと、とても気になってしまうものです。

しかし読んでもいないメッセージをいつまでも気にし続けるのも不毛ですし、ある時点で見切りをつける必要があります。

では、未読スルーは何日で見切りをつけるべきなのでしょうか。

1日間のLINE未読スルー

相手や状況にもよりますが、未読スルーは1日で見切りをつけるべき場合もあります。

とても短い期間ですが、相手を良く知っていて返信出来ない状況ではないと確信できるなら、それは故意に未読にしている可能性が高いですよね。

もちろん何かのトラブルに見舞われたり体調によって返信出来ないという可能性もあります。

しかし、そうでない場合は1日の中でメッセージを読んで返信する時間くらいは持てるはずです。

それをしないのは、何らかの意志で故意に未読のままにしてあると考えられます。

気にしすぎても仕方がないため、メッセージを立て続けに送るなどはやめて、見切りをつけましょう。

2日間のLINE未読スルー

2日間の未読で見切りをつけるパターンは、相手の状況が分からない場合です。

相手が今どういった状況なのか判別がつかない場合には2日間待ってみましょう。

例えば相手に何かトラブルに見舞われた可能性もあります。

そういった場合は1日くらいは未読でも待つべきで、トラブル対処に時間がかかることも考えてさらにもう1日猶予を設けましょう。

また、LINEに限らず生存確認や音沙汰がない場合は、深刻なトラブルに巻き込まれている可能性があります。

大切な人の場合はどうにか安全を確認しましょう。

もし無事なことを知っていて2日間未読スルーだった場合は、見切りをつけてしまいましょう。

3日間のLINE未読スルー

未読スルーする側の心理として、3日間くらいは返信をしなくても良いと思っていることもあります。

これは、あまりマメな返信が得意でない人に多いです。

未読スルーされる側からするとちょっと頭に来ますが、大切な人であれば3日間ぐらいは待っても良いでしょう。

しかし特に忙しいこととなく、時間があるにも関わらず未読のままにしておくとすれば、さすがに相手に失礼というものです。

3日間未読スルーだった場合は、こちらから連絡するなど下手に出たり気を使ったりするのはやめて、見切りをつけてしまっても良いでしょう。

何も思い当たることがない場合には、3日までが未読スルーを許容できる期間です。

5日間のLINE未読スルー

とても忙しい仕事やストレスの多い仕事の場合、オンの時にはLINEを開かない人もいます。

また、疲労しているとメッセージが来たことに気付いていても返信する気力が保てない場合もあります。

そのため気づかなくて未読スルーをしてしまう人も中にはいます。

ですから、相手に仕事がある時はメッセージが来ても無理に返信させなくても構わないと思えられる人は、土日以外の5日間は未読でも待ってみましょう。

特に普段から忙しそうにしている人に対しては、相手の休日までは待ってみましょう。

1週間のLINE未読スルー

相手と頻繁にやり取りできない事情がはっきりしている場合は、1週間くらいは未読でも待ってみましょう。

明らかに仕事が忙しい時期だったり、やることが多すぎて睡眠時間も取れないような状況の相手であれば1週間は非常に早く過ぎ去ります。

さらに相手から忙しいのでマメに連絡出来ないと伝えられている場合は、やはり1週間くらいは未読でも多目に見てあげましょう。

どうしても耐えられない人は、忙しい時にも挨拶や大切なことについては連絡をしてほしいと御願いしてみましょう。

もしくは「忙しいかな?」といった追いメッセージをしても良いでしょう。

それをきっかけに相手がLINEに気がつくケースもあります。

2週間のLINE未読スルー

仕事やスケジュールが半月単位で変わる人も多いので、忙しい時期には2週間くらい未読でも返信出来ない可能性もあります。

相手の事情がはっきりしていれば良いのですが、もし事情が分からなくても本当に忙しい人なら未読でも許してあげましょう。

あまりにも苦痛だという人は、もう少し早く連絡をしてほしいと伝えましょう。

もしお互いに融通がきく間柄であれば、相手も未読でもあまりこだわっていないかもしれません。

また、他愛のない雑談ばかりしていると、忙しい時は後回しにしようという考えにもなります。

大切な連絡を未読のままにされるのは困りますから、大切なメッセージはきちんと返信を求めても良いでしょう。

そのためには、まず相手が忙しい時期に無駄にメッセージを送るのは控えましょう。

1ヶ月のLINE未読スルー

1ヶ月未読スルーされている場合には、返信が来る可能性は残念ながら高くありません。

しかし環境が大きく変わったり凄く忙しい時期は、慣れてきたり暇が出来るまで1ヶ月くらいはLINEをしないという人もいます。

ですので、相手の事情によっては30日間くらい未読でも待ってみても良いでしょう。

ただしそこまで多くの希望は抱かないようにしましょう。

また、忙しい訳でなくても何かあって大きく落ち込んでいる場合は何もする気力がわかないということもあります。

ですから、1ヶ月くらいは未読でも許せる理由があれば許すという選択肢があっても良いでしょう。

LINE未読スルーを見切る期間は相手と事情による

今回は、LINEの未読スルーは何日で見切りをつけるべきかについてご紹介しました。

一言に未読スルーといっても、相手の状況によって意味合いが変わりますよね。

また、同じことをされても相手次第で見切りの期間は変わります。

未読スルーは心配になったり不安を感じたりしますが、あまり気にしすぎてもお互いに窮屈に感じる場合もあります。

自分で見切りをつける条件をきめて、その間は神経質にならずに待ちましょう。

 

    「LINEの未読スルーは何日まで待つ?いつ見切りをつけるべき?未読スルーは待っててもストレスを溜めるだけ!状況別の待つべき日数を解説」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く