LINEのグループに参加できない!確認した方が良いこととは

最終更新日:2017年6月11日

LINEのグループ機能を利用しようとして「あれ、入れない」といった経験をしたことがある方はいませんか?

今回はそんなときの対処法についてご紹介します。

LINEのグループに参加できない時の解決方法になります。

1.既に招待がきていて見逃している

実はこれが一番多い原因となります。

相手が一度自分を招待してくれていたものの、通知の問題などで気が付いていないことから起こります。

相手は一度招待してしまうと一度相手からアクションがあるまでは招待ができないから「送ったはずなのに」ということになってしまいます。

たくさんの友人と連絡をとっているだけでなく、企業の公式LINEも登録していると毎日宣伝などたくさんの通知が来ることでしょう。

そんな中にグループの招待が一緒に来ると、ついつい見失ってしまいます。

他にも通知をミュートにしていて気が付いていなかったりと、招待が画面の下の方へ消えているのかもしれません。

もしあなたが通知を既読せずに貯めているのなら、通知の中にグループの招待が来ていないかどうか、もう一度チェックしてみましょう。

2.招待を拒否してしまっている

こちらは操作ミスから起きてしまう現象です。

指でタップする場所がずれていて「承認するつもりがうっかり拒否してしまった」ということが起きているかもしれません。

解決法としてはシンプルにもう一度招待を送ってもらいましょう。

ささいなトラブルにならないよう注意したいですね。

3.LINEの動作が不安定になっている

スマホで同時に複数のアプリを開いていると、スマホの動作が重くなり、だんだんと動作が不安定になり、LINEも安定しなくなっていきます。

こんな時は、バッググラウンドのアプリを一度すべて終了させるか、再起動させましょう。

iPhoneのやり方としては、ホームボタンを二度押しすると、起動しているアプリが画面に並びますので、そこから上へスライドすることでアプリを終了させることができます。

androidのやり方としては機種ごとに異なるのですが、アプリから直接消すタスクボタンから左右にスライドして終了させる「設定」から開く「アプリケーション」から、一つ一つ消していくという手順が挙げられます。

こうすることで動作が軽くなり、LINEも安定して動作するようになるでしょう。

4.アプリのバージョンが最新でない

招待を送ってくれた人と自分のアプリのバージョンが古いと、不具合が起きて招待を受けられなくなることがあります。

バージョンの調べ方はLINEを起動する「その他」を開く「設定」を開く「LINEについて」を開くこの「LINEについて」のページで自分のバージョンが最新化どうかチェックすることができます。

もしどちらかが古いバージョンのLINEを利用しているようなら、更新してみるといいかもしれませんね。

5.相手自分のどちらかがブロックしてしまっている

LINEではブロックした相手からの通知は一切受け取れないようになっています。

しかし、ブロックをされた側は招待自体は送ることが可能です。

このように、招待を送ってくれている人を、もしも自分がブロックしていると「グループに招待されているのに入れない」ということがおきてしまいます。

こんな時は、一度相手をブロックしていないかチェックしてみましょう。

もしブロックしていたら一度解除することで、招待を受け取ることができるようになります。

6.相手が自分を見つけられない場合

招待を送りたいのに、相手が自分のアカウントを見つけられずに招待ができないパターンです。

原因として友達登録ができていないまたは非表示リストに入れてしまっているというパターンが考えられます。

友達登録がお互いにできていないようでしたら、QRコードかIDで互いに登録をすることで招待が送受信できるようになります。

非表示リストに入れてしまっている場合は「設定」を開く「友だち」を開く「非表示リスト」を開くここのリストに自分の名前がないか相手に表示してもらうことでグループの招待が送信可能となります。

LINEのグループに入れない時に確認してみよう

とても便利なLINEですが「ブロック」や「非表示」は通知が「いく」「いかない」の違いがあったり少し複雑ですね。

このような機能は便利なのですが、理解できないとトラブルの原因にもなることがあります。

もし、グループに入れない場合は上記のどれかを試してみることをオススメします。