職場のLINEグループから上手に抜ける方法

最終更新日:2017年5月26日

仕事関係のLINEグループは、楽しいこともありますが、何だかずっと仕事をしているような気がして、しんどくなります。

「もうやめたい」と思った時、職場のLINEグループから上手に抜ける方法を知っていれば、人間関係をこじらすこともありません。

社会人としてうまく対応するためには、波風を立てないようにしましょう。

1.仕事が一区切りしたタイミング見計らって「今までありがとうございました」と伝えて抜ける

職場のLINEグループから上手に抜ける方法として、仕事が一区切りついたタイミングで切り出すというのがオススメです。

「今までありがとうございました」というメッセージを添えて、そのまま退出するようにしましょう。

職場でLINEをしている場合、何かの仕事が絡んでいることがあります。

数人単位でプロジェクトを行っていたりすると、LINEを連絡のツールとして使うこともあります。

しかし、その仕事が終わっても、そのまま職場のLINEグループを残していたりします。

そうすると、時間を問わずにLINEのメッセージがきたりするので、仕事が終った後も落ち着かない気分となります。

LINEしてきた相手が上司や先輩だとすると、そのままにしておくこともできずに、返信してしまいます。

「もう自宅に帰ってゆっくりしているのに」とフラストレーションを感じてしまうので、仕事が一段落ついたタイミングを逃さずに、さっさと退出するようにしましょう。

もしまたLINEを職場の連絡で使う時には、新たにまたLINEグループを作ればいいだけのことです。

仕事が終ったら退出する、それを徹底すれば、職場のLINEグループを上手に抜けることができるでしょう。

2.「会社支給の携帯電話をもっと使おう」と説明する

職場のLINEグループから上手に抜ける方法の一つに「会社支給の電話をもっと使おう」と説明しましょう。

会社によっては仕事用の携帯電話を持たされていることもあります。

もし何か連絡があるなら、そちらに電話やメッセージを送ってもらうよう、お願いします。

LINEは便利ですが、プライベートの携帯電話に入れてしまうと、友人をはじめとした個人的な知り合いからの連絡なのか、職場のLINEグループからなのか、一瞬分からないことがあります。

また、せっかく会社から携帯電話を支給されているのに、そちらを活用していないことににんってしまい、せっかくの携帯電話が無駄になってしまいます。

「会社用の携帯電話をもっと使わないと、何だか持たされている意味がないですよね」なんて明るい感じで伝えて、そしてLINEグループを抜けることを伝えましょう。

そうすれば、非常に理屈は通っていますし、他にも「確かにそうだよね」と同調してくれる人がいるかもしれません。

会社支給の携帯電話があるなら、仕事関係の人との連絡は全てそちらに統一しましょう。

そうすれば、いざ緊急の連絡が入っても、うっかりスルーしてしまうことがなくなります。

それを理由にすれば、職場のLINEグループを抜けても、誰も嫌な気がしないはずです。

3.携帯電話の買い替えを理由にする

職場のLINEグループを上手に抜ける方法にあるのが「携帯電話の買い替え」を理由にすることです。

スタンダードですが、相手も「分かった」と言いやすくて、LINEグループを抜ける時の王道な言い方です。

LINEというのは、携帯電話を買い替えても、そのまま続けることができます。

しかし、買い替える前の携帯電話でのトークは、残念ながら消えてしまいます。

それならば、一回退出してしまっても、それほど問題はありません。

職場のLINEグループのメンバーに「いったん退出します」と伝えておけば、また何かの仕事で必要になったら、また再びそのLINEグループに入ることができるでしょう。

逆に必要性がなければ、そのままにしておけばいいのです。

携帯電話を買い替えたり修理すると言えば、きっと誰もが「まあ、仕方がないよね」と言ってくれるので、無難でトラブルになりにくい「LINEグループの抜け方」となるでしょう。

4.「プライベートでLINEはあまり使わない」ということにする

職場のLINEグループを上手に抜けたいと思った時には、普段からLINEはあまり使わないということにしてみましょう。

「プライベートでLINEはあまり使わないんだよね」と言っておけば、LINEを退出すると伝えても、きっと相手もそれほど気にしないでしょう。

LINEは、メッセージを読んだか同課がすぐに分かってしまいます。

既読マークがつくので、うっかり目を通してしまった後に、なかなか返信しないと、相手をイライラさせてしまうこともあります。

特に職場関係の人とのLINEは、何だか気が抜けず、しんどい気分になってしまい、LINEにますます目を通したくなくなるでしょう。

普段からLINEをしないということを伝えて、そして何か用事があるなら「携帯電話に連絡をくださいね」と伝えてみるのです。

そうすれば、職場のLINEグループを抜けても問題になりませんし、もしどうしても抜けれなかったとしても、すぐに既読しなくても「そういう人だから」と思ってもらえて、少しは楽になるでしょう。

職場のLINEグループを上手に抜けよう

職場のLINEグループは、仲が良い人達同士であっても、どうしても気を使います。

友人達とは違って、色々と細かい配慮が必要ですし、うっかり仕事関係のことをLINEしてしまい、企業秘密を漏らすことになりかねません。

トラブルを避けて、上手に職場のLINEグループを抜けてしまうには、あくまでも「仕方がない」という理由を見つけることがポイントです。