前髪が薄くても似合う髪型まとめ。ボリュームが出るヘアスタイルでいこう

最終更新日:2015年5月8日

前髪が薄くて髪型が決まらないということで悩んでいる女性は年代問わずに多いです。

そんな女性のために前髪が薄めな女性ができるヘアアレンジや髪型をいくつかご紹介します。

アレンジ次第で素敵に前髪が薄いのをカバーすることができます。

1.どんな髪型でもまず乾かし方が重要です

どんな髪型にするにしても、髪の毛の乾かし方一つで髪の毛のボリュームが変わります。

中途半端に乾かすとペタンとボリューム無くなってしまうので、まずはしっかりと乾かすことを心がけましょう。

さらに、前髪が下を向いているのに対して左右横に風を当てるようにするとふわっとボリュームがでます。

完全に乾いた状態でこの方法で髪の毛を乾かした後ヘアワックスをつけて固めると一日中ふわふわの前髪になるので髪の毛が薄くなっているのを隠すことができます。


2.マッシュ

きのこのように可愛いマッシュボブはどなたでも簡単に前髪が薄いのを隠すことができる代表的な髪型です。
木村カエラさんや田中美保さんがマッシュヘアで有名です。

ショートヘアの方はマッシュショートは無造作な感じで全体的にヘアワックスをつけて前髪も含めて全体的にくしゅくしゅっとなるようにまとめるのがコツです。
全体的にバランスがいいので、前髪が薄いのを上手く隠すことができます。

ショートからベリーショートまでマッシュヘアにできるのでショートヘアで前髪が薄いことで悩んでいる方は是非おすすめです。

また、エアリーマッシュショートも可愛いのでおすすめです。

ヘアワックスをたくさん使ってしっかりと髪型を作るのがコツですが、これはちょっと自分でアレンジするのは難しいので、美容院に行って一度美容師の方に切ってもらってコツを聞くことをおすすめします。


3.横に流すようにする

これはどんな髪型でも前髪が薄いのを隠すことができるので便利です。
ポイントは少しだけバランスよく横に流すことです。

全部を思い切り横に流してしまうと見た目がダサくなってしまいます。

ヘアワックスをつけて自分が流しやすい方向に少しだけ横に流しましょう。

ヘアワックスをつけることで髪型が崩れにくくなるので、ちょっとの手間を惜しまずにしっかりとつけることをおすすめします。


4.バランスよく一直線にする

今までは前髪はちょっとギザギザにするのが主流でしたが、今はパッツン前髪がオシャレということでパッツン前髪にしている人が増えています。
ですので一直線にするのはちょっとと抵抗がある方でも大丈夫です。

ポイントはこれも髪の毛をバランスよく横に並べる事です。

こうすることでパッツン前髪の印象が強くなりますので、前髪が薄いのを隠すことができます。


5.前髪の横に三つ編みをつくる

ショートヘアよりちょっと長い方やセミロング、ロングの方は前髪の横に少しだけ三つ編みを作ると三つ編みの印象が強くなるので他の人が自分を見た時に前髪が薄いことよりも三つ編みの印象が強くなりますので髪の毛が薄いのを隠すことができます。

また、前髪が長い方は全部の髪の毛を使って一本の長い三つ編みを作るときに前髪を一緒に巻き込んでしまうのをおすすめします。

ただ長い三つ編みを作るのでは今どきの流行からハズレてしまいますので、できればブラウンに髪の毛を染め、三つ編みを作る時は一回しっかり作ったあとにくしゅくしゅと空気を入れてあえてバランスを崩すと今どきの三つ編みが簡単に完成します。

前髪ごと巻き込んでいますので前髪が薄いのはわかりません。


5.ベリーショート

ベリーショートというとちょっと自分に似合うのかどうかと抵抗のある方が多いと思いますが、今は色々なヘアウィッグが出ていますので、一回ショートヘアのヘアウィッグをつけてもし似合っているのならベリーショートにすることをおすすめします。

全体的に短くすることで前髪が薄い印象をベリーショートでクールな印象に変えることができます。

また、ベリーショートというとボーイッシュなイメージがありますが、今はベリーショートの人のために様々なヘアアレンジがありますのでパーティや結婚式等でも対応できます。


6.どうしても前髪にボリュームがでなくて気になるなら

どうしても前髪にボリュームが出ないという方はヘアウィッグに頼るのも一つの手です。
ヘアウィッグを使うことで今までよりもできる髪型の数がグッと増えます。

また、ヘアウィッグを使いながら育毛剤等を使って髪の毛の量を少しずつ増やしているという方もいます。

これなら自然に前髪の量を増やしながら隠すことができます。

前髪が薄くても似合う髪型は沢山ある

前髪が薄めな女性ができるヘアアレンジや髪型、いかがでしたでしょうか。
意外と様々な髪型があったとおもいます。

様々な髪型や方法がありますので自分にあった髪型を是非見つけて下さいね。
なかなか自分ではわからないという方は美容院で美容師さんに見てもらうと確実に自分に似合う髪型にしてくれますし、前髪を隠すコツを教えてくれるのでおすすめです。

色んな方法を試してみて是非自分に合う髪型を探して下さい。