眉毛と目が離れていてもかわいくなる方法

最終更新日:2016年2月23日

日本人女性は、骨格的な問題で眉毛と目の間が離れている人が多いですよね。

でも、世間で美人と言われる女優さんやモデルさんは、欧米人のような、彫りが深くて眉と目の間が近めの人ばかり。

ここで、眉毛と目が離れていてもかわいく見えるコツをご紹介します。

1.お人形さんメイクをする

まずは、その顔立ちを生かしたメイクからです。

眉毛と目の間が広い、ということは、ベビーフェイスであることが多いです。

そのベビーフェイスをうまくメイクで引き立てて、お人形さんのような無垢な印象に作り上げましょう。

ベースメイクはツヤツヤよりもマットな質感で、明るめの色で仕上げて下さい。

そしてポイントメイクですが、まず、アイラインをつり目にならないように濃いめにはっきりと入れましょう。

切れ長にならないよう、くりくりした目元を意識して下さい。

次にアイシャドウは、ブラウン系でグラデーションになるように入れます。

まつ毛は太くするよりも長くする方が、目と眉の間の空間を埋めてくれます。

そして、マスカラの前、後共にビューラーを使って、しっかりカールさせた方が良いです。

つけまつ毛なんかも効果的です。

そして、眉はふんわり、目と並行くらいの角度で描けば人形のような目元になります。

チークは明るい色をふんわりと、唇はぷっくりするようにメイクしましょう。

このお人形メイクは、彫りの深い大人びた顔立ちよりも、あどけない顔立ちの方が映えますので、眉毛と目が離れている人には打ってつけのメイクです。


2.眉毛メイクとまつ毛メイクを工夫する

毎回お人形さんメイクは大変だという人や、普段のファッションに合わないという人は、アイメイクを操作することで眉毛と目の間の空間を目立たなくしましょう。

眉毛を描くときに、眉毛の下側を描き足すような感じで描いていきます。

濃く太く描くのではなく、ブラウン系などの色でふんわりと自然に入れるようにして下さい。

ここで眉毛が太くなり過ぎるようなら、おでこ側の眉毛を少し切るか、剃るか、抜くかする必要がありますが、地眉が極端に細くならないように気を付けて下さい。

最近は太眉ブームですから、眉毛の下に描き足したせいで太くなってしまっても、そう違和感はないはずです。

そしてまつ毛ですが、これはやはりマスカラで長く伸ばして、ビューラーでしっかり上げるようにします。

元のまつ毛が少なかったり短かったりする場合は、つけまつ毛やまつ毛エクステを利用すると良いでしょう。

このメイクで、眉毛は下に寄ったようになり、目はまつ毛の効果で上側に大きくなったように見えます。

これなら、毎日のメイクでも活用しやすいのではないでしょうか。


3.重めの前髪で隠す

眉毛と目の空間が広いだけでなく、おでこが狭い場合は、前髪で隠してバランスを取りましょう。

おでこの狭さは、メイクではどうにもなりませんから、隠すのが一番手っ取り早いです。

ここで、前髪を重めにして眉毛を覆うような髪形をオススメします。

大人っぽいメイクをすればシシド・カフカさんのようなミステリアスな印象に、ガーリーなメイクならきゃりーぱみゅぱみゅさんのようなキュートな感じに。

これらの髪形は、眉から上がどうでも、その下をしっかりメイクで作り込んでいれば、周囲の人に違和感を感じさせずに済みます。

このように、いっそ隠してしまえば、鏡を見るたびに自分の顔の気になる部分を意識しなくて済むので、気持ちも楽になるのではないでしょうか。

また、普段前髪で眉毛を隠している人が不意におでこを出すことがあった時、周囲の人は意外性を感じて、逆に好印象を抱くという効果もあります。


4.ストレッチなどをする

時間はかかりますが、眉毛と目の間を縮める骨格矯正法やストレッチするという手もあります。

まず、骨格矯正ですが、眉の上3mmあたりをトントンと軽く叩くという動作を5分ほど続けてみましょう。

これを週に一回ほどのペースで行うと、眉毛のあたりの骨格が矯正されて、眉毛に目が近づくと言われています。

そしてストレッチは、眉毛を力いっぱい上下させることによっておでこの筋肉を発達させるというもの。

眉毛が上の方にある人は、おでこの皮膚や肉が少なくて、その分眉毛まで上に引っ張られてしまっていることが考えられます。

それを軽減するために、おでこに筋肉を付けて眉毛を下げる、という結果を狙うストレッチです。

これらの動作を繰り返していれば、即効性はありませんが、眉と目が近づいていくそうです。

眉毛と目が離れていてもかわいい魅力的な女性になれる

眉毛と目の間が離れている人のための、かわいく見せる工夫あれこれでした。

日本人はどうしても彫りが浅い人が多く、そして欧米系の彫りが深い顔に憧れてしまいがちです。

ですが、彫りが浅くて眉毛と目が離れている顔立ちも、日本人形のようで、見せ方によっては大変かわいらしいものです。

ですから、自分の顔立ちを嘆くよりも、その見せ方を工夫して、魅力を増やすようにした方が前向きな気持ちになれますよ。