眉毛の色を薄くする方法。濃く黒い眉を薄く見せよう

最終更新日:2016年2月23日

季節に合わせて髪色を明るく心機一転!
と思っていたのに、なんだかアンバランスでしっくりこない…と感じている人はいませんか?

眉毛の色、元のままということはありませんか?
眉毛の色を髪色に合わせるだけで、かなり印象が変わってきます。

ゆるふわ女子を目指すなら、眉を薄くすることは必須です。
また、眉毛の色を薄くすることで、目元メイクを引き立て、大きく見せることができますので、目力メイクを頑張りすぎる前に、眉をアレンジしてみてください。

1.眉ハサミで眉の毛を短くする

眉ハサミで眉をカットしていたらたくさんカットしてしまった…という経験はありませんか。

そんな人には、ハサミにコームが付いている眉ハサミがオススメです。
それさえあれば、眉が濃くなってきたな…と感じたら朝の時間がない時でもささっとお手入れできます。

長さをどうすればいいのか、どこを切ればいいのか…そんな心配は全くありません。
コームを眉に当て、ハサミを動かすだけでいいのです。

コームを左手で持ち、ハサミを慎重に動かす…そんな手間を一気に解消してくれるアイテムです。
眉の色を薄くしなくても、かなり色が薄くなったような印象を受けます。


2.髪と一緒に眉も染める

眉の量を変えずに薄く感じさせる方法です。
美容院で髪を染めた際、一緒に眉も染めてもらいましょう。

もちろん自分で染める時も同様です。同じ染める液で眉も染めます。
ただ、眉は目の上にありますので、くれぐれも目に入らないように注意してくださいね。

また、炎症を起こしてしまうといけないので、他の場所で試してから使用しましょう。
液をつけたまま長時間放置しないようにくれぐれもお気をつけください。

オシャレのためにカラーリングして、肌がボロボロになってしまっては元もこうもありません。


3.眉マスカラを使う

これも眉の量ではなく、色素を薄くすることで薄く見せるテクニックです。
ベタベタしちゃって逆に濃く感じてしまう…うまく使いこなせない…という人は、自分の髪色よりかなり薄い色を選ぶといいです。

薄い色を眉の毛の表面にさっとのせるほうが、髪色に似た色をべったりのせるよりナチュラルです。

マスカラのようなコームですが、マスカラのようにべったり塗るのではなく、ほうきでささっと眉をはくようなイメージで塗りましょう。


4.明るい色のアイブロウを使う

アイブロウは髪色と同じ色を使わなきゃ変だと思っていませんか。

そんなことはありません。

むしろ、眉の元の色がありますので、少し明るめの色を使ったほうがいいのです。
濃いアイブロウはキリッとした印象を与えます。薄い色のほうが描いてるそうろうでなくナチュラルに、仕上がります。


5.下地とファンデーションを使う

ファンデーションだけでは粉浮きしてしまいますが、下地をなじませてファンデーションをのせましょう。
元の眉の色にファンデーションの色がのって、薄くなります。

そのままでは不自然、と思う方は、その上から薄いアイブロウで書きましょう。
歌舞伎役者のように眉をなくすように塗る必要はありません。あくまでも、色を抑えるように使用してください。

口紅の色をはっきり発色させたい時、唇に下地とファンデーションを塗って、元の色を抑えますよね。
それと同じことを眉にも使えます。

口紅の下地の時についでにやれば手間ではありませんよね。


6.コンシーラーをポンポンとのせる

ファンデーションと同様の方法です。
ただコンシーラーは少し弾力がありますので、下地をしっかり塗らなくても簡単にのります。

塗り方は、指にとって、ポンポンと眉の上をたたくようにのせてください。
スティックたいぷであっても、そのまま塗ってはかなり不自然になってしまいます。

毛が多いな、濃いな…と思うところにポンポンとのせてください。
こちらも、目の下のクマをカバーした時についでにポンポンするだけです。


7.眉コームでとく

髪はくしでときますよね。眉も眉コームでときましょう。
眉がボサボサ密集していると濃く見えてしまいます。眉の毛並みを整え、均等にすることで、薄く見えますよ。

コームでといてもまだ毛が多いなと感じたら切りましょう。

眉の毛の量が多いところと少ないところがあまりまばらにならないように手入れしましょう。