色気があるチークの選び方やつけ方。デートや職場と状況で使いわけよう

メイク最終更新日:2016年2月23日

毎日メイクをする女性は多いと思います。
ファンデーションやアイメイク、リップには力を入れていても、チークには特に力を入れていないという人も多いのではないでしょうか?また、チークを使うと、ただ派手な印象になり、職場では使い辛いと言う人も居るでしょう。
また、チークの入れ方や色の選び方が分からないと言う方も居るでしょう。

しかし、いつものメイクにチークを少しプラスするだけで、グッと大人っぽく、女性らしい自然な色気が出るのです。

ここでは、色気のあるチークの塗り方と選び方をご紹介します。

1.チークは骨格に添って塗る

チークを塗る時、ただ頬に丸く色を乗せる使い方をする人が居ます。

しかし、これは幼さばかりを演出してしまい、大の大人がするには不自然な印象になってしまいます。
これを見た男性も、「おてもやん」の雰囲気に引いてしまう人が多いでしょう。

チークは入れる場所を間違えてしまうと、色気どころか、不自然になってしまいます。

そこで、大人っぽく自然にチークを塗る為には、「頬骨に添って塗る」事を覚えましょう。
まず、頬骨の下側から上に向かってブラシで色を置きます。
内側から外側に向かい線を引くつもりで塗ってみましょう。

そして、色をボカします。
こうする事で、大人の色気を演出出来るのです。

顔の形により、多少位置の調整は必要ですが、この位置が基本となるのです。

また、色を乗せる時は濃くなりすぎないようにしましょう。
色が薄いからと、ついつい濃い目に入れてしまう人も居ますが、薄い位で丁度良いのです。

2.顎先や耳にもチークを入れる

チークの効果は頬だけでは有りません。
顎先に少し色を乗せ、頬との三角ラインを作る事で、フェイスラインをスッキリ見せ、小顔効果も期待出来るのです。
また、耳たぶにも少しだけチークを入れると、自然な血色が生まれ、頬のチークとの一体感が出ます。

おでこや顔まわりに少しブラウンやベージュ系のチークを塗っても良いでしょう。
生え際との違和感を無くしたり、小顔に見せる効果があります。

オレンジ系のチークなら、眉毛に付けると、ふんわりとした雰囲気を作る事が出来ます。

物によっては、リップやアイシャドーにも使えるでしょう。

しかし、この時、大量に塗ってはいけません。
あくまでも、さり気なく塗ってください。
ブラシで頬を塗った後の残り位が丁度良いでしょう。

この様に、チークは意外と万能な化粧品なのです。

3.選ぶ色で変わる印象

チークを付ける上で、色選びは重要です。

オレンジ色は外国人の様にキュッとした頬骨を印象付けますし、赤色は自然な血色を生みます。
ピンク色は可愛らしい雰囲気を作ります。
ブラウン系は知的な印象になります。

自然な色気を出したいなら、赤やピンクを選ぶと良いでしょう。

日本人の黄味肌には、特に青みのかかったピンクチークが良く似合います。

チークを使う事で、血色の良い健康的な色気を作れます。

また、ベージュ系は万能で、似合う人が多いでしょう。
使う年齢によっても似合う色が変わって来たりもします。

パウダーやリキッドタイプ、練りタイプ等、色々なチークが販売されています。
乾燥肌の人はリキッドタイプや練りタイプを使うと色持ちが良いでしょう。

パウダーよりも色が強めの傾向なので、塗り過ぎない様に塗る前に手に取り、色味を調整しながら塗りましょう。
発色等も物により異なるので、試してみると良いと思います。

4.その他、チークの悩み

元々頬の赤みが強く、チークの発色が上手く行かないというお悩みを、抱えている人も居るかも知れません。
そんな人は、グリーン系の化粧下地を使ってみてください。
グリーンが頬の赤みを消し、チークの発色を助けてくれます。

また、大人っぽい顔立ちの方がはっきりとしたピンクを選ぶと、時としてチークだけが、ミスマッチになってしまう場合があります。
若々しく見せたい為に、可愛らしいピンクを選びがちですが、それでは逆効果です。
大人っぽい雰囲気に似合う赤やベージュ系の色を選んでみましょう。

デートの際、日光の下だとチークが浮いた印象になってしまう事も有ります。
そんな時は、夜に掛けての時間だけチークを足すのも効果的でしょう。
男性は火照り顔に色気を感じます。

近頃は目の下に赤色のチークを入れ、潤んだ瞳を強調したり、酔った時の様な肌を演出する方法もあります。

こういったメイクも昼間より、夜の方が馴染みが良いでしょう。

状況に応じてチークを使い分けよう

チークを入れないと、顔に立体感が出ず、全体的にのっぺりとした印象になってしまい、色気も感じられなくなってしまいます。

チークは、それ一つで女らしさと色気を演出してくれます。
チークを使う事で、色気のあるメイクが完成されるのです。

職場やデートなど、場面により色を上手に使い分けても良いのではないでしょうか?
是非、チークを積極的に取り入れて、大人の色気を手に入れてみましょう。

,  

    「色気があるチークの選び方やつけ方。デートや職場と状況で使いわけよう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/02(水) 17:47

    チークって何気にメイクの仲でも難しいポイントですよね。顔から浮いて見えたり、似合っていなかったりすると厚化粧にも見えてしまいます。自分に似合う色や入れ方を勉強したいですね。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/14(月) 09:33

    顎先や耳にチークを入れるというのはやった事がありませんでした。塗る加減が難しそうですが試してみたいと思います。