マスカラのカーブをキープするための方法3つ

最終更新日:2016年2月23日

マスカラは使い方によっては、とても華やかにパッチリとした目を印象づける事が出来る一方で、使い方を間違えてしまえばただのケバい化粧になってしまいます。
せっかくマスカラをたくさん塗ったにも関わらずまつ毛が下がってしまっては何の意味もなくなってしまい、目元が重く眠そうな印象を持たれてしまいます。

そうならずに、パッチリとした目元になりたいのならば、マスカラのカーブを維持することが大切です。

どのようにすればカーブを維持できるのかご紹介します。

1.マスカラ下地を使う

まつ毛のカーブを維持するには、マスカラ下地を使うとよいでしょう。
下地を使うことで長くしっかりとしたまつ毛に見えるからです。
マスカラ下地の選ぶポイントとしては、コームタイプの物を選んでください。

コームタイプの物は厚塗りを防いでくれますし、まつ毛一本一本にしっかりと根元から付くのでオススメです。

使い方としては、まず何もしない状態でビューラーをしましょう。
ビューラーは、使っていくうちにゴムの部分が弱くなっていき、力を入れているにも関わらずだんだんと上がらなくなってきますので、ビューラーを使っていて全然上がらないなと感じたら、ゴム部分を替えるか、新しいビューラーにすると良いでしょう。

そして、上がったまつ毛にマスカラ下地を塗っていきます。
厚塗りするのではなくサッサッとまつ毛全体に行き渡るように塗って下さい。

次に、乾いたら再びビューラーをします。
そして、黒目の所だけに再び下地を塗ってください。
乾きましたら、マスカラを塗りますが、ボリュームタイプのマスカラではなく、ロングタイプの物を使うとキレイなまつ毛に見える為、とてもオススメです。
まつ毛にあまりマスカラがべったりと付かないように、マスカラのブラシの部分がほそくて細かく塗ることが出来る物を選ぶか、コームタイプが良いでしょう。

目頭、真ん中、目尻と小分けしてマスカラを塗ります。
まず、目頭を軽く下地が隠れる程度に塗ります。
次にマスカラのカーブで大切な真ん中の黒目の部分は一番長く見せると良いので、しっかりと根元から伸ばす気持ちで塗ります。
下地も真ん中部分が多く塗られている為、毛先までしっかりと塗って下さい。
最後に目尻ですが、目頭同様最初は軽く塗り、その後に目尻のまつ毛が長く見えるようにしっかりと伸ばす気持ちで、毛先だけ多くマスカラを塗ってください。

塗り終わりましたら最後に再び、ビューラーを使ってまつ毛を上げます。
下地を塗ることでまつ毛が若干固くなる為、カーブがしっかりとキープされるでしょう。

2.ホットビューラーを使う

マスカラや下地を使って時間を掛けて化粧をする時間が無いという女性も多いでしょう。
そんなときはホットビューラーがオススメです。

日本人のまつ毛はビューラーを使ってもなかなかカーブが維持できないというのが特徴の為、どんなにその時はよくカーブをしていたとしても、時間が経つと下がってしまうということが有ります。
そうならずに1日キレイなカーブをキープしたいのであればホットビューラーで、パッチリな目を作りましょう。

まず注意しなければならないことは、火傷です。
無理に根元からあげようとすると火傷をする危険も有りますし、長くまつ毛に当てすぎてしまいますとまつ毛に負担がかかり弱くなってしまったり、抜けてしまう原因になりますので、ほどほどに使うのが良いです。

やり方としては、根元付近から当てていき、上がっているのを確認したら徐々に毛先へと移動させます。
するととてもキレイなカーブまつ毛が出来上がります。

ここで大切なのは、欲を出してマスカラを厚塗りしないことです。
マスカラを塗りすぎることでまつ毛が重くなってしまえばまつ毛も下がってしまうからです。

ホットビューラーを使えば、1日キレイなカーブを維持出来ますし軽くマスカラを付けるだけでも十分パッチリに見えます。

3.トップコートを使う

カーブをキープしたいのならば、トップコートがオススメです。
トップコートマスカラは、マスカラがにじみにくかったり、キープ力も上がるため一日キレイなままを維持することが出来ます。
しっかりとまつ毛を上げていつも通りマスカラをして、その上から重ね塗りをします。

目頭、真ん中、目尻とキチンと場所によって分けて塗ることで、キープ力も上がります。

注意点として、マスカラを落とす時トップコートを塗っていると落ちにくい事があります。
しっかりと落とさないとまつ毛に負担が掛かってしまいますから、まつ毛に負担を掛けないようにクレンジングをしてください。

自分なりのカーブのキープ方法を見つけよう

最後に、マスカラのカーブを維持するのは人それぞれまつ毛の長さや、まつ毛の固さによってバラバラです。
同じように化粧をしたからといっても、なかなか思うような効果が出ないということも有るかもしれません。
そのような時は、つけまつ毛を利用したり、まつ毛美容液で自まつ毛を伸ばすなどして自分なりにカーブをキープする方法を試してみると良いでしょう。